> How to Use > PC引越し > 5つの方法|Windows ServerでCドライブの容量不足を解消する

5つの方法|Windows ServerでCドライブの容量不足を解消する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月27日に更新

概要:

Windows Server Cドライブがいっぱいになると、深刻な問題が引き起こされるかもしれません。この記事では、Windows Server Cドライブの空き容量を増やし、コンピューターのパフォーマンスを最適化する5つの簡単な方法を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows Server Cドライブがいっぱいになると、どうなる?

Windows Server Cドライブに空き領域を確保することが重要です。しかし、Cドライブの容量が不足したら、どうなりますか?

  • Windows Serverの動作が重い
  • コンピュータの起動が遅い
  • プログラムがフリーズする

5つの方法でWindows Server Cドライブをクリーンアップ

方法1.ディスククリーンアップを実行

Windows ServerのCドライブには、アプリケーションログやキャッシュファイルなどの不要なファイルがたくさんあり、多くのスペースを占めています。

ディスククリーンアップを実行するには:

ステップ1.Windows Serverでエクスプローラーに移動し、Cドライブを右クリックし、[プロパティ]を選択します。

ディスククリーンアップを実行する1

ステップ2.[ディスクのクリーンアップ]を選択します。

ディスククリーンアップを実行する2

ステップ3.ディスククリーンアップは、Cドライブにどれくらいの空き容量を作成できるかを計算します。

ステップ4.不要なファイルを選択し、チェックを入れます。完了したら、[OK]ボタンを押します。

ディスククリーンアップを実行する3

方法2.インストール済みのアプリをCドライブ以外に移行

Windows Server Cドライブに、インストールされているアプリケーションが多すぎる場合、プログラムをCドライブからWindows Server上の別のドライブに移行すればいいです。

だが、アプリケーションの移行は、単にある場所から別の場所にアプリケーションをコピーして貼り付けることではありません。EaseUS Todo PCTrans Technicianソフトウェアをダウンロードして、インストール済みのアプリを移行することをお勧めします。

プロのデータ移行ツールとして、EaseUS Todo PCTrans Technicianは、Windows Server Cドライブからアプリケーションを簡単に移行できます。アプリケーションを再インストールしたりする必要はありません。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

インストール済みのプログラムをCドライブから別のドライブに移行するには:

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して「アプリの移行」を選択して「スタート」をクリックします

アプリの移行するステップ1

ステップ2.移行したい/インストール場所を変更したいアプリをチェックします。

アプリを移行するステップ2

ステップ3.ステップ2と同じ画面で移行先を設定してから、「転送」をクリックします。

アプリを移行するステップ3

方法3.システムクリーンアップと大容量ファイルクリーンアップを実行

上記で紹介されたEaseUS Todo PCTrans Technicianは、アプリケーションの移行だけでなく、もっと多くの機能を備えています。例えば、システムのクリーンアップを実行したり、Windows Server Cドライブ上の大容量ファイルをクリーンアップしたりすることができます。これにより、Cドライブのスペースがすばやく解放され、Windows Serverコンピューターのパフォーマンスが向上します。

ソフトウェアをダウンロードしてインストールしたら、次の手順に従って、システムクリーンアップを実行します。

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で[システムクリーンアップ]を選択し、[スキャン]をクリックします。

システムクリーンアップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、ジャンクファイルが全て表示されます。ここで削除したいファイルを確認します。

システムクリーンアップ2

ステップ3.[クリーンアップ]ボタンをクリックすることで操作を実行します。

システムクリーンアップ3

方法4.Cドライブにスペースを追加

Cドライブにスペースを追加することで、Windows Server Cドライブの容量不足を解消できます。だが、システムパーティションを変更する時、かなりのリスクも伴います。気を付けないと、データが失われるかもしれません。

したがって、Cドライブのスペースを増やすには、信頼性の高いパーティション管理ソフトウェアが必要です。ここでお薦めしたいのはEaseUS Partition Master Serverです。

Windows ServerでCドライブのスペースを追加するには:

オプション1.未割り当て領域でCドライブを拡張します。

1.EaseUS Partition Masterを実行して、ソフトのメイン画面で容量をCドライブ/システムドライブを右クリックして、「サイズ調整/移動」を選択します。

ご案内:EaseUS Partition Masterは「スマートリサイズ技術」を採用しています。この技術によりますと、ディスクにある未割当容量を自動的に検出され、パーティションの末の黒点をトラックして、直接に選定のパーティションに容量を調整できるので、隣接領域で未割当容量を作る必要がありません。

Cドライブの拡張1

2.パーティションの末にある黒い点を右にトラックしてパーティションの容量を拡大し、左にトラックして容量を縮小して「OK」ボタンをクリックします。

Cドライブの拡張ー2

3.自動プログラムが動作するので、終わるまでしばらくお待ちください。そして、「完了」ボタンをクリックします。
Cドライブの拡張ー3

オプション2.未割り当て領域なしでCドライブを拡張します。

1.Cドライブ/システムドライブ以外の十分な空き領域があるドライブを右クリックし、「領域の割り当て」を選択します。

allocation-windowdrive-1

2.ターゲットパーティションとしてCドライブを選択します。パーティションパネルを右にドラッグして、DドライブからCドライブに空き領域を追加します。次に、「OK」をクリックして確認します。

allocation-windowdrive-2

3. 「1つの操作を実行する」ボタンをクリックし、「適用」をクリックして、空き領域の移動プロセスを開始します。

allocation-windowdrive-3

allocation-windowdrive-4

方法5.ストレージセンサーをオンにする

Windows Server Cドライブのスペースを自分で管理できない場合は、ストレージセンスー機能がお役に立ちます。Windows Serverでストレージセンスをオンにすると、Cドライブ上の不要なファイルが自動的に削除されます。

Windows Serverでストレージセンサーを有効にするには:

手順1.Windows設定を開きます。

手順2.[システム]>[記憶域]セクションに移動します。

手順3.ストレージセンサーをオンにします。

Windows Serverでストレージセンサーを有効にする1

手順4.ストレージセンサーを構成します。

Windows Serverでストレージセンサーを有効にする2

まとめ

Windows ServerのCドライブが容量不足になると、プログラムの速度が低下したり、コンピューターの起動が遅くなったりします。

ディスクのクリーンアップ、アプリケーションの移行とシステムのクリーンアップを実行するか、ストレージセンサーを有効にすることで、Windows Server Cドライブに空き領域を解放できます。また、Cドライブのスペースを拡張することもできます。

ストレージスペースを追加したいユーザーの場合、EaseUS Partition Master Serverをご利用ください。また、アプリケーションを移行し、システムのクリーンアップを実行したい場合は、EaseUS Todo PCTrans Technicianの使用をお勧めします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>