> How to Use > PC引越し > 方法5選|Windows Server 2016でCドライブの容量を解放

方法5選|Windows Server 2016でCドライブの容量を解放

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2022年07月28日に更新

概要:

Windows Server 2016/2019/2022でCドライブの空き容量を解放する場合、どうしたらいいですか?本文では、合計5つの対策を皆さんに紹介します。これらの対策のいずれかを参照して実行しても、Windows ServerのCドライブの容量を簡単に解放することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 
  • 適用対象:  WindowsServer2016/2019/2022およびそれ以前のサーバーのCドライブの空き容量を増やしたい方
  • 所要時間:  5〜10分。
  • 具体的なトピック:  Cドライブ、Cドライブフルなどのクリーンアップ

ServerのCドライブがいっぱいになった場合はどうすればよいですか?Windows Server 2016でCドライブスペースをクリアして解放するにはどうすればよいですか?ドライブに十分なスペースがない場合、Cドライブがいっぱいになるか、容量が不足しているなどの警告メッセージが表示されることがあります。この問題を解決するには、次の2つのオプションがあります。

  1. 1.WindowsServerコンピューターでシステムCドライブを拡張する
  2. 2.WindowsServerでクリーンアップして、Cドライブのスペースを解放する

ここでは、2番目のオプション(Windows Server 2016/2019/2022でCドライブのスペースを解放する方法)について説明していきたいと思います。

方法5選|Windows ServerのCドライブの容量を解放する

ここでは、WindowsServerコンピューターのCドライブのスペースを効果的にクリーンアップして解放するのに役立つ5つの方法を収集しました。

ご案内:Cドライブに保存されている重要なファイルをクリーンアップによって削除されたことを防ぐため、事前にCドライブをバックアップしてください。  信頼性の高いファイルバックアップソフト を利用して、効率的なデータバックアップソリューションを利用できます。 

#1.Cドライブのジャンクファイルと大容量ファイルをクリーンアップ

Cドライブのクリーンアップに関しては、役に立たない大きなファイルを削除するのは比較的に効率的な対策になると思います。ただし、手動でそれらのファイルを見つけて削除するのは複雑すぎます。システムドライブのジャンクファイルや役に立たない大きなファイルを自動検出して削除するのは、プロのクリーンアップツールを使うことがおすすめです。 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransは、システムクリーンアップ機能を備えており、全バージョンのWindows Serverにも互換しているので、このツールを使って、ServerのCドライブのクリーンアップを簡単に行うことができます。

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して左側のメニューで「大容量ファイルクリックアップ」を選択して、「スタート」ボタンをクリックして大容量ファイルのクリーンアップを開始します。

大容量ファイルを移行するステップ1

ステップ2.スキャンしたいドライブを選択して、「スキャン」をクリックすることで、当該ドライブに存在している20MB以上のファイルが全て検出されます。

大容量ファイルを移行するステップ2

ステップ3.ここで削除したい大容量ファイルを選択して「移動」をクリックします。(参照ボタンをクリックすることで、大容量ファイルの移動先を指定することができます。)

大容量ファイルを移行するステップ3

 

#2.プログラムをCドライブから別のドライブに移動する

システムのジャンクファイルの他に、インストールされたプログラムやゲームをCドライブから別のドライブに移動することで、容量をかなり解放することができます。 

Cドライブのストレージスペースを最大限に活用するために、インストールされているプログラムとソフトウェアをCドライブからWindows Serverの別のドライブに移動できます。アプリ移行機能を備えたEaseUS Todo PCTransは、それを簡単に実現することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して「アプリの移行」を選択して「スタート」をクリックします

アプリの移行するステップ1

ステップ2.移行したい/インストール場所を変更したいアプリをチェックします。

アプリを移行するステップ2

ステップ3.ステップ2と同じ画面で移行先を設定してから、「転送」をクリックします。

アプリを移行するステップ3

#3.プログラムのアンインストール

また、しばらく不要なプログラムをアンインストールすることで、Windows ServerのCドライブの容量解放にもつながります。

ステップ1.Windowsのスタートメニューを呼び出し、「設定」アイコンをクリックします。

ステップ2.アプリ」→「アプリと機能」の順にクリックします。

ステップ3.ここですべてのアプリのリストが表示されます。アンインストールしたいアプリの右側のメニューアイコンをクリックして、「アンインストール」ボタンをクリックします。

プログラムのアンインストール

#4.ディスククリーンアップを利用

ジャンクファイル、大きなファイルのクリーニング、プログラムのアンインストールの他に、ディスククリーンアップ機能を実行して、一時ファイルのクリーニングと削除、ごみ箱などを一度に実行することもできます。

ディスククリーンアップを実行する方法は次のとおりです。

ステップ1.ファイルエクスプローラーを開き、Cドライブを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックして、新しいウィンドウでクリーンアップしたい項目をチェックします。

ステップ3.OK」ボタンをクリックして、クリーンアップを開始します。

ディスクのクリーンアップ

#5.休止状態をオフにする

Windows Serverで休止状態を無効にすると、システムCドライブに作成されたhiberfil.sysファイルが削除されます。これにより、Cドライブのスペースも大幅に節約されます。

手順1.Windows+ Sキーを押し、検索ボックスにcmdと入力します。

手順2.  [コマンドプロンプト]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

手順3.powercfg.exe/ hibernate offと入力し、 Enterキー を押し ます。 

システムcドライブの休止状態をオフにします

手順4. プロセスが完了したら、exitと入力して、コマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

結論

このページでは、WindowsServerシステムCドライブのスペースを解放するのに役立つ5つの最良かつ最も効率的な方法を収集しました。 

これらの方法を使用すると、不要なファイルを効率的にクリーンアップしたり、不要なプログラムをアンインストールしたり、Cドライブ内の大きな隠しファイルをアンインストールしたりできます。これらのプログラムは、WindowsServerコンピューターの一部の非システムドライブをクリーンアップするためにも機能します。適切な解決策に助けを求めると、システムドライブのクリーンアップが効率的かつ簡単になります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>