> How to Use > パーティション管理 > Windows 10 April 2018 Updateの新機能とトラブルシューティング

Windows 10 April 2018 Updateの新機能とトラブルシューティング

2018-05-08 11:08:23 Posted by Tioka to パーティション管理

概要:
アメリカ時間4月30日、Windows 10 April 2018 Updateがリリースされました。5月になると、日本でも多くの端末までApril 2018 Updateが配信され、Windows Updateで直接に更新できるようになりました。しかし、April 2018 Updateへ更新する前に、何か迷うことがある方を対象に、この記事では、April 2018 Updateの新機能などの情報を紹介した上、更新失敗時の対処法をも皆さんに紹介していこうと思います。この記事を読んでApril 2018 Updateを完全にマスターしてみましょう。

アメリカ時間4月30日、Windows 10 April 2018 Updateがリリースされました。5月になると、日本でも多くの端末までApril 2018 Updateが配信され、Windows Updateで直接に更新できるようになりました。しかし、April 2018 Updateへ更新する前に、きっとそれに対して何か迷うことがあるでしょう。この記事では、April 2018 Updateの新機能などの情報を紹介した上、更新失敗時の対処法をも皆さんに紹介していこうと思います。この記事を読んでApril 2018 Updateを完全にマスターしてみましょう。

Windows 10 April 2018 Updateで追加された新機能

  • 最大30日内で行ったアクティビティを再開できるタイムライン(Timeline)

この「タイムライン」機能は、複数Windows 10 April 2018 Updateの新機能の中で最も注目される機能でしょう。タイムラインは、タスク切り替え機能“タスク ビュー”を拡張して、過去の“アクティビティ”や他のデバイスで行っていた“アクティビティ”への切り替えを実現したものです。アクティビティの同期を有効にすると、最大30日まで遡れるようになる他、他のデバイスでアクティビティを再開できるようになります。

  • Bluetooth経由で近距離共有(Near Share)

この近距離共有機能で指定のファイル、URLからOSまで、Bluetooth経由で簡単に近くの端末まで共有することが可能です。どちらかというと、Macに備えている「Airdrop」に近い機能だと考えられています。

  • 非通知モードから集中モードへ

従来、全ての通知を無効にする非通知モードはもっとスマートになります。今回の集中モードは、アプリの優先順位を設定することにより、通知を受け取ると設定しているアプリを限定したり、特定な条件下(時間帯、ゲーム実行中でないなど)で通知を受け取る規則を設定したりすることが可能になりました。

その他、AI能力がAppleのSiriを上回っているコルタナ(Cortana)も当然、今回の更新によりもっと進化していました。それに、新しいゲームバーもWindows 10 April 2018 Updateにプリインストールされているようです。

これらの新機能をもっと知りたいなら、Windows 10 April 2018 Updateへ更新して新機能をもっと探索してみましょう。

Windows 10 April 2018 Updateアップデートの事前準備

システムディスク容量不足、大量のジャンクファイルの残留などは、パソコンの性能に悪い影響を与えつつあり、アップデートの成功率を下げさせる可能性もあります。ここで、強力的なPC最適化ツール―EaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。システムディスク拡張、ジャンクファイルの検出&削除、ディスクのエラー修復など多彩な機能を備えています。しかも無料で利用することもできます。パソコンを健康な状態に維持するままでWindows 10 April 2018 Updateを実行したい方は、このソフトでパソコンの最適化をしたほうがいいでしょう。また、システムディスクの容量不足のせいでの更新失敗を防ぐためには、このソフトでシパーティションを変更することもできます。

今すぐダウンロード

 6,000万利用者がご信頼

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや大容量ファイルを削除することができます。

最適化を行う

システムディスクを右クリックして、「ファイルシステムを確認する」を選択して、ディスクでのエラーを検出し、修復することが可能です。

ディスクエラーを検出し、修復する

一つのクリックだけで簡単にディスクの最適化とエラー排除ができるEaseUS Partition Master Freeで更新前の準備を十分に!

今すぐダウンロード

 6,000万利用者がご信頼

また、更新が失敗し、パソコンが正常に起動できないことでデータ紛失などを防ぐために、EaseUSの高機能バックアップソフトで事前にディスクバックアップを実行する必要があります。

クローンをクリックする

Windows 10 April 2018 Updateを実行する

Windows 10 April 2018 Updateをコンピューターにインストールすることは、下記の2つの方法により実現されます。

方法1.Windows Updateで更新

設定 → 更新とセキュリティ → Windows Update → 更新プログラムのチェック の順にクリックしていれば、Windows 10 April 2018 Update更新プログラムを検出し、インストールすることは可能です。

方法2.手動にWindows 10 April 2018 Updateをインストール

Windows Updateでの更新に失敗した場合、ここでUpdate Assistantがお手伝いになることが可能です。下記のマイクロソフト日本公式サイトでWindowsインストールツール出Windows 10 April 2018 Updateへ更新することは可能です。詳しくは、リンクページでご確認ください。

アップデート中発生したエラーを解決する方法

アップデート中に下記の問題が発生するかもしれませんが、それぞれのリンクページで問題の解決方法を参照することが可能です。

また、アップデート中に発生した問題に対して、下記2つの共通な解決方法を紹介していこうと思います。発生問題が上記3問題に含まれない場合、下記の対処法が役に立つかもしれません。

Windows 10トラブルシューターでエラーを修復

1. 「Windows + X 」を同時に押してから、「コントロールパネル」を選択します。
2. サーチボックスで、「troubleshooter」と検索します。そして「Troubleshooting」をクリックします。
3. 「システムとセキュリティ」で、「Fix problems with Windows Updates」プロセスを運行させます。

セーフモードでパソコンを起動

セーフモードではエラーの発生率が下がりますので、セーフモードでパソコンを起動してアップデートを試すのもいい選択肢です。

1. パソコンを再起動し、ロゴが出る前にF8を押します。
2. 「Advanced Boot Options」メニューで、「Safe Mode with Networking」を選択します。
3. セーフモードでパソコンを起動できたら、再度システムアップデートを試します。