> How to Use > Macファイル復元 > Mac El CapitanでクラッシュしたOffice 2016ファイルを復元する方法

Mac El CapitanでクラッシュしたOffice 2016ファイルを復元する方法

WuYanG
更新者:WuYanG 2023/12/22
   

概要:

Mac El CapitanでOffice 2016がクラッシュし、重要なファイルが失われた場合、どのように復元すればいいのでしょうか?この記事では、Mac El CapitanでクラッシュしたOffice 2016ファイルを効果的に復元する手順を詳しく説明します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

保存されていないWord/Excelの復元の概要

MacでOffice 2016アプリケーションが突然クラッシュし、保存していないExcelファイルを紛失した場合、落ち着いてください。提供された方法に従えば、未保存のExcelファイルを取り戻すことができます:

Microsoft Office for Mac 2016のアップデートがmacOSまたはMac OS X上で時々クラッシュし、未保存のWord文書が突然失われます。あなたは、長い夜と日のためにWordファイルに懸命に働いていたかもしれません、そして、突然の損失は受け入れられません。では、偶発的なアプリケーションのクラッシュによって保存されていないOfficeファイルを復元する方法は?ここで3つの解決策をご覧ください。さらに、永久に削除/紛失したWord文書を最も簡単な方法で復元するには、専門的なMacデータ復元ツールをお勧めします。

MacでMicrosoft Office 2016の保存されていないWordを復元する方法

Mac上のソフトウェアのクラッシュによって引き起こされる保存されていないWordファイルを回復するための2つの可能な方法を以下に示します。我々はまた、Mac上で保存されていないか、または失われたExcelファイルを回復する方法についてのオンラインチュートリアルを提供しています。必要であればチェックしてください。

方法1.自動回復Word 2016から回復する

AutoRecoverは、いくつかのOfficeアプリケーションで利用可能な機能で、アプリケーションやシステムがクラッシュした場合に自動的にファイルを回復しようとするものです。

ステップ1.Macで「ファインダー」を開き、「移動」>「フォルダに移動」に移動します。

ステップ2.タイプ: ~/Library/Containers/com.microsoft.Word/Data/Library/Preferences/AutoRecovery をクリックし、「Go」 をクリックします。

ステップ3.自動バックアップフォルダを開き、「自動バックアップの保存」という単語で始まるすべてのファイルを見つけます。復元したいものを選択し、ファイルの名前を変更してから、「.doc」ファイル名拡張子を追加します。

ステップ4.ファイルをダブルクリックします。これで、文書をWord for Macで開きます。

ステップ5.「ファイル」メニューをクリックし、「名前を付けて保存」を選択します。「名前」フィールドにファイルの新しい名前を入力し、ファイルのフォルダを選択して、「保存」ボタンをクリックします。

自動バックアップフォルダから保存されていないWord文書を回復する

方法2.一時フォルダから復元する

以下の手順に従って、Mac上のソフトウェアのクラッシュが原因で保存されていないOfficeファイルを一時/ Tempフォルダから復元します。

ステップ1.「アプリケーション」>「ユーティリティ」に移動し、「ターミナル」をダブルクリックします。

ステップ2.ターミナルで、open $TMPDIRを入力すると、ファイルを一時的に保持するために使用されるTMPフォルダーに移動します。

ステップ3.TMP フォルダーで、「一時アイテム」という名前のフォルダーを見つけて開きます。その中で、目的の未保存のWordファイルを右クリックし、「プログラムから開く...」マイクロソフトワード。

ステップ4.「ファイル」>「名前を付けて保存」をクリックしてWordファイルを保存し、別の場所に保存します。

一時アイテムフォルダから未保存のWord文書を復元する

それでもWindowsで保存されていないWord文書を回復する方法に関するガイドが必要な場合は、ここにアクセスがあります。

方法3.データ復元ソフトを使って保存されていないWord 2016を復元する

ここでEaseUS Data Recoveryツールがお役に立ちます。以下のステップをチェックして、3ステップで保存されていないWord文書を復元する方法を学びましょう。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

ステップ1.ディスクを選択します

Mac用のEaseUSデータ復旧ウィザードを起動し、保存されていないファイルを失ったデバイスの上にマウスを置き、「失われたファイルの検索」をクリックします。

場所を選択し、保存されていないドキュメントをスキャンします

ステップ2.未保存のドキュメントを選択する

スキャン後、[種類]をクリックし、[保存されていない文書]を展開します。保存せずに紛失したWord、Excel、Powerpoint、PPT、Keynote、またはnumbersなど、正確なファイルタイプをクリックします。

未保存のドキュメントを選択する

ステップ3.保存されていないファイルのプレビューと回復

保存されていないファイルをダブルクリックしてプレビューし、適切なバージョンを選択して「復元」をクリックして、ファイルをMac上の別の安全な場所に保存します。

Macで未保存のドキュメントを復元する

Mac上で永久に削除/紛失したWord 2016を復元する方法

保存したWord、Excel、またはPPTが誤削除、ディスクフォーマット、ウイルス攻撃、パーティション損失などの結果、Macから永久に失われた場合、ファイルを復元するためにサードパーティ製のソフトウェアを適用する必要があります。EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、試す価値のあるトップクラスのMacデータ復元ソフトウェアです。

このツールを使用すると、ゴミ箱、メモリカード、USBドライブ、内蔵/外付けハードドライブ、および多くからMacの削除されたファイルを回復するためにかなり大きなチャンスがあります。

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。