> How to Use > Macファイル復元 > 削除されたQuicktimeビデオを復旧する方法

削除されたQuicktimeビデオを復旧する方法

2016-11-16 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
Quicktimeを使ってMacのスクリーンリコードを撮る方は多くいます。特にMacでのアプリの操作ガイドビデオを撮る必要がある時に、Quicktimeを利用すれば簡単に撮れます。しかし、撮ったビデオを間違って削除したり、または撮ったビデオの保存し忘れたりするなどにより、大事なQuicktimeビデオを紛失してしまう可能性があります。もしQuicktimeビデオを間違って削除してしまったら、どうすれば復旧できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Quicktimeでのビデオ紛失

「先日MacパソコンでQuicktimeを使ってスクリーンリコードを撮りました。その時は、うまく撮ってチェックしましたが、うっかり、撮ったビデオファイルの保存を忘れてしまいました。撮り直すのは大変時間かかりますので、直接そのビデオファイルを復旧する方法はあるでしょうか?教えてください。」

Quicktimeというのは、Macでよく使われるスクリーンリコードアプリです。ある時間帯のモニターに映されたものを記録し、ビデオファイルに作成することができます。色んな場合で活躍している便利アプリです。しかし前のように、撮ったビデオを間違って削除したり、または撮ったビデオの保存を忘れたりするなどにより、大事なQuicktimeビデオを紛失してしまう可能性があります。削除されたQuicktimeビデオを復旧をするにはどうすればいいのでしょうか?ここで、mac向けのデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard for Macを皆さんにお薦めします。Macパソコンの内蔵HDD、外付けHDD、USBメモリ、デジカメのSDカードなどの記憶装置から削除、紛失した写真、ビデオ、ドキュメントなど様々なファイルを簡単に復旧できます。もちろん、上書きされない限り、削除されたQuicktimeビデオでも復旧することが可能です。是非体験版で試してみてください。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

削除されたQuicktimeビデオを復旧する操作手順

1.紛失されたQuicktimeビデオが保存されていたディスクを選択します。外付けHDDやSDカードなどの外部記憶装置のデータを復元する場合、復元を始める前に記憶装置をパソコンに接続してください。そして、「スキャン」をクリックします。

ファイルが紛失されたディスクを選択する

.選択した場所でクイックスキャンとディープスキャンが自動的に行われます。

選択した場所をスキャン

3.最後に、復元したいQuicktimeビデオをチェックを入れて、「今すぐ復元」をクリックして復旧します。

削除されたQuicktimeビデオを復旧する

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能