> How to Use > Macファイル復元 > macOS 13 VenturaにアップグレードしてMacBookの電源が入らない対処法5つ!

macOS 13 VenturaにアップグレードしてMacBookの電源が入らない対処法5つ!

Shawty
更新者:Shawty 2023/12/22
   
モンディー
執筆者:モンディー
   

概要:

macOS 13 Venturaにアップグレードした後、MacBookの電源が入らない場合があります。この記事は起動しないに対する対処法5つを紹介します。MacBookの起動不能の原因をチェックした後、対策法及びMacBookを強制的に起動させる方法など、この文章で紹介します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 
MacBookの電源が入らない理由には様々な原因が存在しますが、再び起動させるようになることができます。MacBookを再び起動できるようにするための検証・調整方法をご紹介します。この文章での修正プログラムは、主にmacOSの最新バージョンであるmacOS 13(通称Ventura)をサポートしています。ただし、お使いのmacOSによっては、メニューやインターフェースが若干異なる場合がありますが、主な目的は同じです。

macOS 13 Venturaアップデート後にMacBookの電源が入らない可能な原因

MacBookがmacOS Venturaをダウンロードしたら、すぐにこの第13世代のMacオペレーティングシステムをスタートさせたいと思うかもしれません。とはいえ、アップデートした後、MacBookの電源が入らないと、落ち込むかもしれません。したがって、その原因を確認することは、最初で最も重要なステップです。

電源をチェックする

電力不足や停電により、アップグレード後にMacBookの電源が入らなくなることがあります。MacBookの電源を入れた後、ドライブの音、ファンの音、オープニング時のベル音が聞こえるかどうかを確認します。音が聞こえない場合は、Macの電源接続に問題があります。

アップグレードの中断

macOS 13 Venturaへのアップグレードは、いくつかの手順を含み、時間がかかります。アップグレード作業の間、お使いのMacは再起動を繰り返します。MacBookのアップグレード作業が終わらなかったり、作業が続いている間にエラーが発生したりすると、後にMacBookの電源が入らなくなります。

ソフトの非互換性やバグ

macOSが最新のmacOS 13 Venturaにアプグレードすると、お使いのMacBookに現存の旧版のソフトの一部が、macOS 13 Venturaとの互換性が良くないことがあります。場合によっては、パッチを適用してバグを修正しますが、互換性を高くするために、ドライバ全体を更新することもあります。そのため、アップグレード後にMacBookの電源が入らなくなることがあります。

ソフトウェアアップデート

macOS 13 Venturaアップデート後に削除されたファイルを復旧する

アップグレード後にMacBookの電源が入らなくなった原因が何であれ、MacBookの改善策を試みる前に、データのセキュリティに注意する必要があります! MacBookがエラーに遭遇し、通常電源を入れることができない場合、データの紛失や破損の恐れがあります。強制的に起動すると、誤ってファイルやデータを削除する恐れがあります。MacBookをスタートしようとする時、削除されたMacファイルを復元することを考えましょう。
ここでは、アップグレード後に失われたデータの復旧するために、EaseUS Data Recovery Wizard for Macをお勧めします。Mac上の外付けまたは内蔵ハードドライブからファイルを復旧したい場合でも、EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、システムアップデート、工場出荷時設定へのリセット、削除、フォーマット、ウイルス攻撃などによって失われたほぼすべての種類のデータを復旧できるように開発されています。macOS 13 Venturaにアップグレードして起動不能のMacBookでも、proエディションはブータブルドライブを構築し、それを使って外付けハードディスクの復元を完了させることができます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

次の手順に従って、ファイルを復旧しましょう

USBブータブルメディアの作成方法

ステップ1.別のMacコンピュータにEaseUS Data Recovery Wizard for Macをインストールして実行し、「File(ファイル)」>「Create Bootable USB(ブートUSBを作成)」を選択します。そして、起動可能なディスクを作成するためにUSBドライブを選択します。

ブータブルメディアからのMacデータ復元 - ステップ1

警告.必要なプログラムを書き込むために、このUSBは完全にリセットされます。処理を行う前に、すべての USB ファイルをバックアップしてください。

ステップ2. プログラムは2GBのスペースを利用しブートファイルを保存するために占めます。USBの残りのスペースは、まだストレージとして使用することができます。

ブータブルメディアからのMacデータ復元 - ステップ2

ステップ3.完了したら、ガイドに従って起動USBを使って故障したMacを起動し、復元してください。 外付けハードディスクまでデータを復元することをお勧めします。

ブータブルメディアからのMacデータ復元 - ステップ3

Macのハードディスクからデータを復元する方法

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

macOS 13 Venturaにアップデート後に起動しない5つの対処法

"MacBookは電源が入らない"という場合は、macOS Ventura やmacOS Monterey などのエディションにアップデートした後でよく発生します。しかし、ユーザーは頻繁にこれらの問題に遭遇し、複雑な方法で解決しようとします。では、簡単で価値のある5つの修正方法を紹介します。

1.電源の接続を確認する

MacBookのバッテリーが切れているかどうかを確認し、充電が必要な場合は、起動しないと判断する前に、しばらく充電してください。役に立たない場合は、以下のヒントを試してみてください。

  • 充電器、ケーブル、その他の周辺機器が正常に動作しているかどうかを確認する。
  • 電源ボタンをもう1回押して、Macを再起動します。

2.SMC/PRAM/NVRAMのリセット

SMC( システム管理コントローラ)は、温度やバッテリーなどの機能を管理する。そのため、アップグレード後にMacが起動しない場合、SMCをリセットすることが有効かもしれません。

  • ステップ1.Shift+Control+Optionキーと電源ボタンを同時に押し続ける
  • ステップ2.10秒後にすべてのキーを離します。
  • ステップ3.MacBookの電源を入れます。

Shift+Control+Optionキーを押してください

PRAM/NVRAM。Macには、PRAMとNVRAMと呼ばれる2つの小さなメモリキャッシュがあります。これらは、システムボリュームやスタートアップディスクオプションなどの設定を保存します。MacBookを起動時にCommand + Option + P + Rキーを押してPRAM/NVRAMをリセットし、MacBookは起動できるかもしれません。

Command + Option + P + Rキーを押してください

3.リカバリーモードで修正する

MacBook(macOS Mountain Lionより上位のMacBook)では、起動する時、CommandとRキーを押しながらリカバリーモードに入れます。Appleのロゴが表示されたら、リカバリーモードで起動します。

4.セーフモードで修正する

新しいOSにアップデートした後、Macの電源が入らない場合、またはクラッシュが続く場合、Macのセーフモードがいい解決策となります。

  • ステップ1.まずMacの電源を切り、もう一度電源を入れます。その後、Shiftキーを速くクリックして、そして数秒押し続けてください。
  • ステップ2.Appleのロゴが現れるまでShiftキーを押し続けます。

セーフモードは、お使いのMacに最新のアップグレードが適用されているかどうかを確認することができます。そして、シャットダウンしてセーフモードを終了します。

5.macOSの再インストール

MacBookの電源が入らないという問題が頻繁に発生する場合、リカバリーモードでmacOSを再インストールすることを考えなければなりません。上記の他のオプションをすべて使い果たしても役立たない場合、オペレーティングシステムの再インストールは、MacBookの電源が入らない問題を効果的に解決する可能性があります。

  • ステップ1.上記と同じように、MacBookでリカバリーモードを開きます。
  • ステップ2.リカバリーモードになったら、最新のmacOS 13 Venturaを選択し、画面の指示に従います。

リカバリーモード画面

macOS 13 Venturaアップデート後にMac起動しないことを回避する方法

Ventura、Monterey、Big Sur、その他のバージョンにアップグレードする前にコンピュータをしっかり準備すれば、新しいmacOSが正常に起動する可能性がはるかに高くなります。MacBookの起動時の問題を回避するために、次の推奨事項があります。

  • 設定を変更する可能性のある追加の拡張機能を削除します。
  • 不要なアプリケーション、特にウイルス対策ソフトの自動更新は無効にしましょう。
  • 定期的にMacを整理し、特にゴミ箱に気を配る。
  • Macの動作が遅い場合や機能が正常でない場合は、ハードディスクをスキャンして修復しましょう。

まとめ

macOS Ventura、Monterey、Big Sur、またはその他のバージョンにアップデートした後、Macの電源が入らない場合は、まずMacを再起動してください。問題が解決しない場合は、上記に示した修正方法を試してみてください。修正する前に、忘れてはいけないことがあります。強力なデータ復旧ソフトでファイルを復元できる可能性があります。データのセキュリティを無視することはいけません。潜在的な問題を避けるために、ハードディスクを修正することを忘れないでください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

よくある質問

アップデート後にMacBookの電源が入らないことについて、他にもいくつかの質問があります。

1.macOSのリカバリを起動するにはどうすればよいですか?

Macの起動時にオOption - Command - R または Shift - Option - Command - Rを押し続けます。Appleのロゴが表示された後、リカバリーモードでMacを起動します。

2.Venturaをアップデートしたら、MacBook Proの電源が入らなくなったのはなぜ?

アップグレード失敗、ソフトの非互換性や欠陥で電源が入らない。ファイルシステム、os、ユーザーインターフェースなどに変更を加えると、起動に問題が生じることもあります。

3.アップデート後、電源は入らないが充電はできるMacBook Airの直し方とは?

Macbook Airの電源が入らない原因として、過熱は原因の1つです。ここでは、この問題を解決するためのヒントを紹介します。

  • Macbook Airの電源サイクルとハードウェアをチェックします。
  • SMC(システム管理コントローラ)をリセットする。

上記のアドバイスを試しても無効な場合は、Appleサポート、Apple Store、または最寄りのAppleサービスセンターまでお問い合わせください。

4.MacBook Proが黒い画面のまま電源が入らない。どうしたら直せますか?

黒い画面は、macOSがこれ以上ダメージを受けないように、MacBookが自動的に電源を切っていることを示しています。ここではいくつかのヒントを紹介します。

  • MacBook Proを再起動して、まだ黒い画面になっていないかチェックします。
  • その後、MacBook Proのハードディスク再起動を実行し、黒い画面がまだ存在するかどうかを確認します。
  • MacBook Proをセーフモードまたはリカバリーモードで起動します。それらに起動する方法は、上記の修正プログラムで確認できます。
  • これらのヒントがうまくいかない場合は、MacBook ProのmacOSを再インストールしてみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。