> How to Use > データ復旧 > 対処法:ドライブにアクセスできません、アクセスが拒否されました

対処法:ドライブにアクセスできません、アクセスが拒否されました

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年06月30日に更新

概要:

Windows10でドライブにアクセスしようとする場合、「ドライブにアクセスできません、アクセスが拒否されました。」エラーメッセージが出てくると、どうすればいいのでしょう。この記事では、そのエラーの対処法を皆さんに紹介します。それに、データ復旧ソフトでデータを救出する方法をも一緒にご紹介。

 

「訳も分からなくて外付けhddが先週正常に動作できなくなった。最近、このhddをパソコンに挿入してアクセスしようとする場合、いつも「G:\ にアクセスできません、アクセスが拒否されました。」というエラーメッセージが出てきた。このエラーを解決できる対策がありますか。ちなみにWindows10を使っています。」

今、多くの人がhddを使って写真、動画、ドキュメントなどの個人データを保存しています。が、以上のように、hddにアクセスできなくなる場合、どうすればいいのでしょうか。では、次の部分をお読み続ください。

「アクセスが拒否されました」エラーの発生原因

通常の場合、外付けhddには「ドライブにアクセスできません、アクセスが拒否されました。」エラーが発生する場合、そのドライブにアクセスが許可されていないことを意味します。なので、このエラーを修正しなければいけません。HDDがアクセスできないの原因は、以下の通りで述べています。原因を把握して、エラーを修正しましょう。

  • 外付けHDDには物理損傷がある
  • ファイルシステムが破損している
  • HDDとPCの接続状態に問題がある
  • 作業中、突然電源切れ
  • ウイルス感染
  • 誤操作

「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法

ソリューション1.Windowsエクスプローラーで「アクセスが拒否されました」エラーを修正

そのエラーがあるドライブを右クリックし、プロパティセキュリティ詳細設定所有者変更の順にクリックし、所有者の情報を指定なアカウントに修正しなければなりません。

所有者変更の画面

ソリューション2.データを救出してからフォーマットすることで修正

上記のソリューションがこのエラーを修正できない場合、このソリューション2をご参照し、アクセスできないhddからデータを復元してフォーマットすることで「アクセスが拒否されました。」エラーを修正することができます。まず、大事なデータを復元しましょう。

1.紛失データのドライブを選択 → 2.ドライブをスキャン → 3.データを復元

データ復旧ソフトでデータを復元

ステップ4.PCに入り、修正したいハードドライブを右クリックし、フォーマットをクリックしてください。ここでファイルシステムを選択した上で、OKをクリックすればプロセスを完了させます。

ソリューション3:ドライブをアンインストールする

ステップ1:Winアイコンを右クリックして、「デバイスマネージャ」を選択します。

ステップ2:リストで「ディスクドライブ」を展開して、対象HDDを見つけて右クリックし、「削除」を選択します。

ステップ3:「ハードウェア変更のスキャン」をクリックしてください。

ソリューション4: CHKDSKを実行する

ステップ1:検索ボックスに「cmd」と入力し、エンターキーを押します。

ステップ2:「chkdsk /r g:」と入力し、エンターキーを押します(gは対象のドライブ文字です)。プロセスが完了すると、セーフモードで起動し、WindowsのHDDにアクセスしてみてください。

まとめ

本記事で「アクセスが拒否されました」エラーの発生原因や解決案を紹介しています。その中で、ドライブにアクセスできないデータを救出してから、ドライブをフォーマットすることが一番簡単かつ安全な方法だと思います。記事内で紹介しいるデータ復元ツールを使って、何かご不明な点があれば、日本語対応サポートセンター([email protected])までご連絡ください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。