> How to Use > ファイル復旧 > 間違って消してしまったファイルの復元方法

間違って消してしまったファイルの復元方法

2015-01-08 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
最近、間違って消してしまったファイルの復元についての質問が多くなりました。間違ってデータを消してしまったら、すぐにデバイスや記憶媒体の利用を停止し、データ復旧ソフトでファイルを復元することが重要です。ここでは使いやすくて復旧率の高いEaseUS Data Recovery Wizardで、消してしまったファイルを復活させる方法を紹介します。

ファイルの紛失原因

情報時代と言われている現時点は、個人データはますます重要になります。しかし、ファイル紛失のケースは年々増加している傾向にあります。下記の画像のように、たくさんの原因によってデータがなくなる可能性があります。

データ紛失原因

以上のデータによりますと、ファイルが紛失した原因といえば、最も見られるのは「誤操作」や「意図的な行動」です。引いてはこの2つ項目の中で、不意に削除したと意図的に削除したの割合が最も高い。だから、データ紛失を防ぐため、削除したデータを復元するのは身につけないといけない能力だと思われています。

間違って消してしまったファイルの復元について

最近も、間違って消してしまったファイルの復元についての質問が多くなりました。多くのユーザが、重要な写真、動画、Excel、Word、また、その他のファイルを、パソコンHDD、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどの記憶装置から消してしまった際の、信頼できて、且つリーズナブルなデータの復旧方法を探し求めています。そこで、今日は記憶装置やスマホから消したファイルを復元する方法について話します。

記憶メディアからデータを消してしまったとき、そのデータはすぐに完全抹消されるわけではありません。この時、システムは削除されたデータが保存されていた領域を「書き込み可能」とマークし、記憶領域で新しいデータが書き込めるようになります。そのため、データを間違えて削除してしまった時は、そのデータを上書きしてしまわないよう、その記憶装置上での操作をやめるようにしてください。その後、データ復旧ソフトでファイルの復元を行いましょう。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

間違って消したデータを復元する時の注意点

①パソコンの使用をすぐにやめる

データ復旧の可能性を上げる・保つためには、データ損失に気が付いた時点で即座にパソコンの使用をやめてください。これは、その後のパソコンの使用によって従来のデータに新しい情報が上書きされるのを防ぐためです。

②外付けHDDにデータ復旧ソフトをダウンロードする

これも上記と同じ理由で、復旧したいデータに新しいデータが上書きされるのを防ぎ、データ復旧率を少しでも上げるために行います。

簡単なデータ復旧ソフトでファイルを早速復活

ここでは使いやすくて復旧率の高いEaseUS Data Recovery Wizardで、消してしまったファイルを復活させる方法を紹介します。

Step1.インストールできたプログラムを実行して、初期画面ではデータが削除されたディスクを選択してください。(外付けデバイスの場合、PCに接続しておいてください。)

削除したファイルを復元1
Step2.スキャンボタンをクリックすると、ソフトがすぐ検出を行います。スキャン完了後、「削除されたファイル」フォルダから探してみてください。また、フィルターでファイル種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小できます。

削除したファイルを復元2
Step3.復元したいデータをご確認の上、チェックしてリカバリーすれば済むことです。

削除したファイルを復元3

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

誤削除の防ぎ方

確認メッセージの表示をオンにする

データを誤って削除するようなトラブルを事前に防ぐために、ファイル削除の際に確認メッセージが表示されるよう設定しておくとよいです。

1.デスクトップでゴミ箱のアイコンを右クリック
2.「プロパティー
3.「削除の確認メッセージを表示する」にチェック>「OK

以上の設定によって、何かファイルを削除する時に、警告メッセージが表示されるので、不意に大切なファイルを削除したケースを大幅に減少することができると思います。

 

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。