> How to Use > データ復旧 > 「修復済み」SQL エラー945|データベースファイルを開けません

「修復済み」SQL エラー945|データベースファイルを開けません

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年02月25日に更新

概要:

エラー945は、SQLで最も見られるエラーの1つです。SQL エラー945の詳細エラーメッセージは、「ファイルにアクセスできないか、メモリまたはディスク領域が不足しているので、データベース'%.*ls' を開けません」です。もし、このエラーが発生する場合、どうやって修復すればいいですか。本文では、SQL エラー945に対する役に立つ対処法を皆さんに紹介します。

 

SQL エラー 945について

SQL エラー 945が発生すると、次のメッセージテキストが表示されます。

  • ファイルにアクセスできないか、メモリまたはディスク領域が不足しているので、データベース '%.*ls' を開けません。 詳細については、SQL Server エラー ログを確認してください。

つまり、ファイル等のリソースが存在しないため、データベースにアクセスできないのはSQL エラー 945の主な原因だと思われます。その他に、データベースの異常終了、ウィルスの攻撃などもこのSQL エラー 945を引き起こしています。

SQL エラー 945を修復する方法

ファイルにアクセスできないか、メモリまたはディスク領域が不足しているので、データベース '%.*ls' を開けません。」いわゆるSQL エラー 945を修復する方法は何ですか。この部分では、ユーザーの経験談をまとめて、最も役に立つ修復方法を紹介します。

方法1.ハードドライブの領域を拡大する

エラーメッセージテキストが提示するように、SQLデータベースが開かない原因は、不十分のディスク領域かもしれないので、ハードドライブの領域を拡大するのは、時々SQL エラー 945を修復することができます。もし、ハードドライブの領域を拡大する時に、データの紛失を恐れるなら、事前に専門なバックアップツールでバックアップしてください。

方法2.SQLの自動拡張機能をオンにする

SQLデータベースの自動拡張機能を有効にする必要があります。データベースの自動拡張機能を有効にする方法:

  • ステップ1.SQL Server Management Studio(SSMS)を開き、問題があるデータベースを接続します。
  • ステップ2.「表示」「オブジェクトエクスプローラ」の順にクリックします。
  • ステップ3.「データベース」フォルダを展開します。
  • ステップ4.データベースを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  • ステップ5.「ページの選択」の下の「ファイル」を選択し、自動拡張設定を探して「自動拡張を有効にする」オプションをオンにします。

方法3.アカウントの権限を確認する

また、現在使用中のアカウントの権限を確認して、操作を実行するための許可を持っていることを確保する必要があります。

方法4.データベースのMDF/NDFファイルを確認する

データベースのMDF/NDFファイルは、読み込み専用になっている場合、データベースを開く時に、SQL エラー 945が発生する可能性があります。だから、データベースのMDF/NDFファイルを確認する必要があります。MDF/NDFファイルの読込み専用状態を解除する方法を下記で記載します。

  • ステップ1.データベースのMDF/NDFファイルを右リックして「プロパティ」「セキュリティ」の順に選択してグループ、もしくはユーザー名が表示されます。
  • ステップ2.ファイルにアクセスしたいユーザーを選択して、そのユーザーの権限を確認します。
  • ステップ3.フルコントロールの権限がない場合、「編集」でフルコントロールに変更する必要があります。
  • ステップ4.それから、グループ、ユーザー名のボックスが表示されます。このボックスでユーザーを選定して「フルコントロール」を選択します。

方法5.SQLデータベース修復ツールを使用してSQL エラー 945を修復

もし、上記の4つの対処法はすべて役に立たない場合、バックアップからデータベースを復元することはきっと役に立ちます。でも、もしバックアップを持っていない場合、SQLデータベース修復ツールを使ってください。本文では、MS SQL修復ソフト - EaseUS MS SQL Recoveryを使ってSQL エラー 945を修復する方法を紹介します。

このソフトは、データベース構成(テーブル・トリガー・インデックス・キー・ルール・ストアド プロシージャ)まで修復可能で、NDFとMDFを修復することもできます。それに、とても使いやすくて、たったの数クリックだけでデータベースを修復することが可能です。

ステップ1.MS SQL Server serviceを中止

Windows + Rを同時に押して、「ファイルを指定して実行」を開きます。
services.msc」を入力してエンターキーを押してサービスを開きます。
SQL Server」項目を見つけ、右クリックして「停止」をクリックします。

サービスウィンドウを開く

ステップ2.破損したデータベースファイルを選択します。

EaseUS MS SQL Recoveryを立ち上げ > 「..」ボタンまたは「検索」をクリックすることで破損のデータベースファイルを選択

データベースファイルを選択

ステップ3.破損したデータベースファイルを修復

データベースファイルを選択した後、「スキャン」をクリックしてデータベースを分析し、「修復」ボタンをクリックすることで修復プロセスを開始させます。

データベースファイルを修復

ステップ4.修復したデータベースファイルをプレビュー&保存

このソフトはすべての復元可能なアイテムを表示します。(アイテムは左のパネルで表示する)
復元したいアイテムを選択して、直接にデータベースにエクスポートするか、SQLスクリプトとしてエクスポートするかを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

データベースファイルを保存

ご案内:復元してきたアイテムをMDF形式に保存することに失敗する場合 CSV、HTML、XLSファイルに保存してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。