> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:ビットコインウォレットでビットコインが表示されない

対処法:ビットコインウォレットでビットコインが表示されない

2017-11-28 16:47:56 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
ビットコインが急に消えてしまった、若しくはウォレットで表示されていない場合、どうすればいいのでしょうか。本文はサードパーティーのビットコイン復元ソフトで紛失したビットコインを復元する方法を皆さんに紹介します。

助けて、ビットコインがウォレットから勝手に消えた

ビットコインの取引をしたが、24時間を経てもビットコインがブロックチェーンウォレットで表してくれませんでした。8.2670ビットコインを購入済みなのですが、今だに1ビットコインも見られません。とても高額で購入したのに、、、助けてください。

多くのビットコインのオーナーは、多少以上と同じようなことに遭ったことがあるでしょう。では、どうすればこの問題を処理して損失を最小限に押さえますか。もし、ビットコインがwallet.datと名付けられたウォレットファイルに保存している時、ビットコイン用データ復旧ソフトが役に立つかもしれません。他にも対処法がいくつありますので、お読み続けください。

ビットコインとは

そもそも「ビットコイン」とは何なのか、またどのような仕組みで取引が行われているのかご存知ですか。

ビットコインとは、インターネット上で取引が行われる「仮想通貨」のことです。単位は、BTCを使います。ビットコインは仮想通貨なので、円やドルのように手に取って見ることはできません。日常生活を例に挙げてみると、ビットコイン支払い用のQRコードをスキャンすると現金なしで商品を買うことができるといった仕組みになります。では、現金ではなく、ビットコインを使うメリットとは何なのでしょうか。

  • 海外送金が少ない手数料でよりスムーズに

外国へ送金する場合、銀行を介し両替して送るとかなりの手数料が請求されます。さらに各国それぞれが異なる手数料を設定しており、途上国への送金は先進国の場合より割高になることもあります。しかし、ビットコインの場合は、格安または無料で海外への送金が可能になります。これは仲介業者がいないことによるものです。

  • 個人間の送金が直接できる

上記に加えてですが、第三者がいないため、直接の取引が可能になっています。

  • 匿名での送金

ビットコイン取引では、匿名での送金が可能になりました。なぜ匿名での送金がメリットになるかというと、情報漏えい防止につながります。従来のような、クレジットカードを使った決済の場合、そのカードは全ての情報を保持しており、個人を特定することができます。しかし、ビットコイン取引では、ビットコインアドレスを使い、このアドレスからは個人を割り出すことができないため、個人情報保護を手助けします。

  • 制限がない

第三者の存在がないことで、煩わしい手続き、制限がなく、より自由な取引を行うことが可能になりました。

  • 24時間365日取引可能

株式やFXの場合、週末の取引ができないのに対し、ビットコインはいつでも取引可能です。ビットコインは24時間365日対応となっています。そのため、平日日中、仕事で株式やFXの取引が難しい方などには、ビットコインはとても便利だといえます。

  • 送金の自由度が高い

いかなる取引所、ウォレット間での取引が可能で、手数料もかかりません。

ビットコイン取引方法

では、より円滑になった取引はどのようにして行われているのでしょうか。その仕組みは、何なのでしょう。

ビットコイン取引では、P2Pネットワークという分散型ネットワークを使用し、取引を行っています。P2Pによって情報を共有しています。取引記録であるブロックチェーン(過去のビットコインの取引記録が記載されている)がP2Pによって共有されていることになります。つまり、ビットコインでの取引が行われると、ブロックチェーンが書き換えられて、取引証明と共に取引が成立します。主に、

  • 電子署名でビットコインを送る
  • 取引をブロックチェーンに記録する
  • マイニングで正しさを確認

この3つの動作により、ビットコイン取引が行われています。

ビットコインが表示されない原因

ビットコインがウォレットで表示されない主な原因は下記のようになります。

  • 取引はまだ完了済みの状態ではありません。
  • ウォレットはインターネットと接続していません。
  • ビットコインウォレットが暗号化され、書き込みはできません。
  • 何らかの原因でウォレットサービスでビットコインを隠しています。

上記の理由が主な原因ですが、最も多いのは、「未承認トランザクション」や「送金詰まり」と呼ばれるブロックチェーン記載時の処理待ちの状態です。これは、ビットコイン取引において、2018年1月の時点では10万件以上も発生しています。

ビットコイン送金詰まりが発生したときの確認方法

ビットコインの取引がきちんと表示されていないことを発見したら、その取引状況が実際はどうなっているのか、確認する必要があります。

まずビットコインを取引した取引所、または、ウォレットで送金履歴を探して、「トランザクションID」を調べます。その後、こちらのURLで、(https://www.blockchain.com/ja/explorer)トランザクションIDを調べたら、ビットコイン取引の処理状況を確認することができます。

対処法:ウォレットでビットコインが表示されない

対処法1.ハードドライブをスキャンし、ビットコインを探す

EaseUS Data Recovery Wizardというビットコイン用のデータ復旧ソフトを使うことで、紛失したビットコイン及びwallet.datファイルを復元することが可能です。

注:データを2GBまで復元できる無料バージョンもありますので、まず無料バージョンで試してみたいのは可能です。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

対処法2.ビットコインウォレットを復号化

もしビットコインウォレットが暗号化されている場合、パスワードを使ってウォレットに入って再度とビットコインをチェックしてください。

対処法3.ウォレットが最新バージョンを確保

ウォレットを最新のバージョンにアップデートしてください。

対処法4.ウォレットサービスと問い合わせ

ビットコインが表示されないのは、取引が完了済みではないかもしれません。もし長時間持っていた場合、ウォレットプロバイダーに問い合わせて、問題を解決しましょう。

人気記事

記憶媒体復旧
USBメモリ復元
SDカード復旧
HDD復旧
SSD復旧
ファイル復旧
写真復旧
動画復旧
EXCEL復旧
WORD復旧
PDF復旧
PHOTOSHOP復旧
PPT復旧
メール復旧
その他の復旧
ゴミ箱復旧
フォーマット復旧
パーティション復旧
サーバー復旧
起動できないPC復旧