> How to Use > データ復旧 > 修復:I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした

修復:I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年06月18日に更新

主な内容:

概要:

「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした」というエラーメッセージが出てきたことはありませんか。この文章では外付けhdd/USBメモリ/sdカード/SSDのI/Oデバイスエラーを修復する2つの方法を紹介します。この方法ならWindows10/8/7どちらにも適用できます。エラーを修正すしている途中で予期せぬトラブルでデータが消えてしまうことを防ぐ方法も一緒にご紹介!

EaseUS Data Recovery Wizard

WD外付けhddにI/Oデバイスエラーが発生した場合、どうやって修復するか

「500GB容量のWD外付けhddを持っています。エクスプローラーもディスク管理も正常に表示されていますが、クリックして入ろうとした時に、I/Oデバイスエラーが発生して、要求を実行できませんでしたというエラーメッセージが出てきて、結局入れませんでした。何か修復する方法はありますか、中に大事なデータがあるので、できればデータを失いたくないです。」

I/Oデバイスエラー

I/Oデバイスエラーについて

I/Oデバイスエラーとは

I/Oデバイスエラーは入出力デバイスエラーです。ちなみに、I/OとはInput/Outputの略語になります。つまり、内蔵・外付けHDD、USBメモリ、CD/DVD-ROMドライブなどの記憶装置の入力・出力エラーを指します。ハードドライブ/USBメモリ/sdカードでデータを読み込み若しくは書き込みの操作を実行する場合よく発生します。常に「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした。」というエラーメッセージが出ると思います。

エラーイラスト

I/Oデバイスエラーが起こる原因

では、なぜI/Oデバイスエラーが起こるのでしょうか。

内蔵HDDの場合、そのものの不具合が最も考えられる原因ですが、外付けデバイスの場合、考えられる原因としては、接続不良などの物理的原因が挙げられます。

その他にも、Windowsの作業による一時的なハードウェアの使用不能や、不良セクタによるディスクエラーも考えられます。さらに、バックアップ中にI/Oデバイスエラーが発生する場合、原因としては、ボリューム上のクラスタが不良になったことが考えられます。(不良セクタ、またはクラスタの詳細はリンクをクリックしてウィキペディアに移動。)

Windowsがデータ転送モードに変更しようとするのに、ハードウェアがしばらく使用できないこと、またはディスクエラーによってI/Oデバイスエラーが発生します。以上二つの主要な原因により、以下の部分はI/Oデバイスエラーを修正する対処法を紹介します。

対処法:I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした

I/Oデバイスエラーが発生したとき、設備を頻繁的に挿入したり、抜けしたりしないでください。また、デバイスをフォーマット/ワイプ/パーティションを最構築することもやめてください。真っ先にやるべきなことは、他のパソコンに対象デバイスを接続してみてください。もし他のパソコンで読み込まれば、デバイスが問題ないことが明らかになります。対して、他のパソコンでもエラーが発生すればデバイスに問題があるということになります。I/Oデバイスエラーを修復するために、下記の内容に従ってください。

ステップ1.I/Oデバイスエラーが発生するドライブからデータを復元

そのドライブに大事なデータが保存されている場合、まずそのドライブからデータを復元する事をおすすめします。次は、EaseUSのデータ復旧ソフトでエラードライブからデータを復元する方法を紹介します。一応、下記のダウンロードボタンをクリックしてソフトをインストールしましょう。これは、データ紛失を避ける最善の方法です。

ステップ1.エラーが発生したディスクをパソコンに接続して、ソフトを開きます。そして、初期画面でそのディスクを選択した上、「スキャン」をクリックします。

エラーディスク 復元1

ステップ2.エラーが発生したディスクへのスキャンプロセスが自動的に実行されます。このスキャンプロセスは、エラーディスク上のすべての復元可能なファイルを検出するためのプロセスです。

エラーディスク 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わったら、ファイルを復元するには、検出できたファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。(目標ファイルをもっと素早く特定するため、上部メニューのフィルダーをクリックしてファイル種類で絞り込むことが可能です。)

エラーディスク 復元3

ステップ2.I/Oデバイスエラーを修復

以下はI/Oデバイスエラーを修復できる方法を2つ紹介しようと思います。

方法1.コマンドプロンプトでI/Oデバイスエラーを修復する

1.Win + Xを同時に押して、出てくるメニューでコマンドプロンプト管理者として実行します。

2.コマンドプロンプトのウィンドウでchkdsk L: /f /r /xを入力してください。(ここでLはドライブのラベルです。)

この操作はCHKDSKを実行することで、ドライブ/ディスクエラーを検出及び修復することができます。

方法2.デバイス管理でI/Oデバイスエラーを解決

1.Win + Xを同時に押して、出てくるメニューでデバイス管理を選択します。

2.IDE ATA/ATAPIコントローラーを展開して、接続しているデバイスがリストに表示されます。

黄色い「」マークが付いている項目がないかをチェックしてみましょう。。もし接続したでデバイスが「?」になっている場合、ドライバが導入されていないので、プロパティから再インストールを行いましょう。

3.そのデバイスをアンインストールして再インストールしてください。

方法3:ドライバーを更新または再インストールする

デバイスドライバーは、パソコン内部の装置や、外部に接続された周辺機器を正しく動作させるためのソフトウェアです。

1.エラーが発生したデバイスをPCに接続します。Windowアイコンを右クリックして、[デバイスマネージャー]を開きます。

2.[ディスクドライブ]を選択して、対象ディスクを右クリックします。

3. 「ドライバーの更新」を右クリックして、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してください。

ドライバー更新のプロセスが完了すると、PCを再起動してください。次は、デバイスを開き、 I/Oエラーを検出してください。

まとめ

本記事で紹介しているI/Oデバイスエラーを修復する方法がいかかでしょうか?エラーが発生した時、原因を把握して冷静に対応することが大切です。エラーを修復しているプロセスで、データが紛失されるリスクが潜んでいます。このようなドラブルを防ぐために、データ復旧ソフトが用意しておくと、大事なデータが紛失されるとき、すぐに対応できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ