> How to Use > データ復旧 > 解決済み:MS SQL Server データベースの破損状態を修復

解決済み:MS SQL Server データベースの破損状態を修復

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

MS SQL Server データベースファイルが破損した場合、どうやって修復すればいいですか。本文では、MS SQL Server向けのデータベースファイルの修復ツール - EaseUS MS SQL Recoveryで破損したデータベースを修復する方法を皆さんに紹介します。

 

SQL サーバー データベースファイルの破損問題について

SQL サーバーは、マイクロソフトが開発している関係データベース管理システムです。企業サーバ向けの高機能なシステムから、組み込み系の小規模なシステムまで幅広く対応すしています。時として、SQL Serverのエラー、またはデータベースファイルの破損によって、非常なデータ紛失を引き起こします。SQL Serverのデータベースファイルが破損すると、データベース内のデータにアクセスできなくなります。SQL Serverのデータベースファイルが破損する原因はたくさんあります。最も見られている原因は下記に掲載します。

  • SQL Server自体のバグ
  • 不適切なシャットダウン操作
  • SQLアカウントの変更
  • ウィルス攻撃
  • SQLサーバのアップグレードも時々データベース破損の原因になる

対策 - CHECKDB DBCCコマンド

コマンドCHECKDB DBCCは、データベースの論理性確認と修復をすることができます。もし、データベースファイルが破損した場合、このコマンドが役に立つかもしれません。

下記のSQLコマンドを実行し、データベースをチェックします。

DBCC CHECKDB(対象データベース)   

以上のコマンドによって、データベースのテーブル、ストレージ、クオリティーをチェックすることができます。データベースファイルの容量によってかなり時間がかかる場合もあります。

checkdbコマンドでデータベースファイルを修復

対策 - EaseUS MS SQL Recovery

上記のCHECKDB DBCCコマンドでデータベースフィルの修復に失敗した場合はどうしたらいいですか。このような時にはEaseUS MS SQL RecoveryというSQL修復ツールが役に立ちます。

EaseUS MS SQL Recoveryは、非常に高機能なSQL修復ツールであり、すべての構成要素(テーブル、インデックス、トリガー、キー、ビュー、ストアド プロシージャ、ファンクションなど)を復元することが可能で、削除したレコードをも復元することが可能です。このソフトは、MS SQL Server 2016, 2014, 2012, 2008及びその前のバージョンに対応しています。

EaseUS MS SQL Recoveryでデータベースファイルを修復する手順

破損したMS SQL Serverデータベースファイルを修復するには、下記のステップに従ってください。

ステップ1.MS SQL Server serviceを中止

Windows + Rを同時に押して、「ファイルを指定して実行」を開きます。
services.msc」を入力してエンターキーを押してサービスを開きます。
SQL Server」項目を見つけ、右クリックして「停止」をクリックします。

サービスウィンドウを開く

ステップ2.破損したデータベースファイルを選択します。

EaseUS MS SQL Recoveryを立ち上げ > 「..」ボタンまたは「検索」をクリックすることで破損のデータベースファイルを選択

データベースファイルを選択

ステップ3.破損したデータベースファイルを修復

データベースファイルを選択した後、「スキャン」をクリックしてデータベースを分析し、「修復」ボタンをクリックすることで修復プロセスを開始させます。

データベースファイルを修復

ステップ4.修復したデータベースファイルをプレビュー&保存

このソフトはすべての復元可能なアイテムを表示します。(アイテムは左のパネルで表示する)
復元したいアイテムを選択して、直接にデータベースにエクスポートするか、SQLスクリプトとしてエクスポートするかを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

データベースファイルを保存

ご案内:復元してきたアイテムをMDF形式に保存することに失敗する場合 CSV、HTML、XLSファイルに保存してください。

上記の2つの対策で、SQL Serverのデータベースが破損、または紛失する問題を解決できると思います。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?