> How to Use > データ復旧 > 解決済み:MS SQL Server データベースの破損状態を修復

解決済み:MS SQL Server データベースの破損状態を修復

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年03月12日に更新

主な内容:

概要:

MS SQL Server データベースファイルが破損した場合、どうやって修復すればいいですか。本文では、MS SQL Server向けのデータベースファイルの修復ツール - EaseUS MS SQL Recoveryで破損したデータベースを修復する方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

SQL サーバー データベースファイルの破損問題について

SQL サーバーは、マイクロソフトが開発している関係データベース管理システムです。企業サーバ向けの高機能なシステムから、組み込み系の小規模なシステムまで幅広く対応すしています。時として、SQL Serverのエラー、またはデータベースファイルの破損によって、非常なデータ紛失を引き起こします。SQL Serverのデータベースファイルが破損すると、データベース内のデータにアクセスできなくなります。SQL Serverのデータベースファイルが破損する原因はたくさんあります。最も見られている原因は下記に掲載します。

  • SQL Server自体のバグ
  • 不適切なシャットダウン操作
  • SQLアカウントの変更
  • ウィルス攻撃
  • SQLサーバのアップグレードも時々データベース破損の原因になる

対策 - CHECKDB DBCCコマンド

コマンドCHECKDB DBCCは、データベースの論理性確認と修復をすることができます。もし、データベースファイルが破損した場合、このコマンドが役に立つかもしれません。

下記のSQLコマンドを実行し、データベースをチェックします。

DBCC CHECKDB(対象データベース)   

以上のコマンドによって、データベースのテーブル、ストレージ、クオリティーをチェックすることができます。データベースファイルの容量によってかなり時間がかかる場合もあります。

checkdbコマンドでデータベースファイルを修復

対策 - EaseUS MS SQL Recovery

上記のCHECKDB DBCCコマンドでデータベースフィルの修復に失敗した場合はどうしたらいいですか。このような時にはEaseUS MS SQL RecoveryというSQL修復ツールが役に立ちます。

EaseUS MS SQL Recoveryは、非常に高機能なSQL修復ツールであり、すべての構成要素(テーブル、インデックス、トリガー、キー、ビュー、ストアド プロシージャ、ファンクションなど)を復元することが可能で、削除したレコードをも復元することが可能です。このソフトは、MS SQL Server 2016, 2014, 2012, 2008及びその前のバージョンに対応しています。

EaseUS MS SQL Recoveryでデータベースファイルを修復する手順

破損したMS SQL Serverデータベースファイルを修復するには、下記のステップに従ってください。

ステップ1.MS SQL Server serviceを中止

Windows + Rを同時に押して、「ファイルを指定して実行」を開きます。
services.msc」を入力してエンターキーを押してサービスを開きます。
SQL Server」項目を見つけ、右クリックして「停止」をクリックします。

サービスウィンドウを開く

ステップ2.破損したデータベースファイルを選択します。

EaseUS MS SQL Recoveryを立ち上げ > 「..」ボタンまたは「検索」をクリックすることで破損のデータベースファイルを選択

データベースファイルを選択

ステップ3.破損したデータベースファイルを修復

データベースファイルを選択した後、「スキャン」をクリックしてデータベースを分析し、「修復」ボタンをクリックすることで修復プロセスを開始させます。

データベースファイルを修復

ステップ4.修復したデータベースファイルをプレビュー&保存

このソフトはすべての復元可能なアイテムを表示します。(アイテムは左のパネルで表示する)
復元したいアイテムを選択して、直接にデータベースにエクスポートするか、SQLスクリプトとしてエクスポートするかを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

データベースファイルを保存

ご案内:復元してきたアイテムをMDF形式に保存することに失敗する場合 CSV、HTML、XLSファイルに保存してください。

上記の2つの対策で、SQL Serverのデータベースが破損、または紛失する問題を解決できると思います。

データベース破損の予防策

データ管理もリスクマネジメントと言い換えます。ご存知のように、事後のリスクマネジメントというより事前のリスクマネジメントほうが大切です。そこで、ベースデータを破損しないように事前の予防も不可欠です。

  • 定期的にデータバックアップする
  • バグやハードウェア障害を回避するために、メモリチェック、ネットワークモニタリング、ハードウェアエラーチェックなどを定期的に実行する
  • データベース内の実行速度の遅いクエリを監視および識別するためのスクリプトを作成する
  • ウイルス対策ソフトウェアを使用してPCデータを守る
  • CHKDSKを使って定期的にディスクをチェックする

上記の予防策の中に、データ損害を最大抑えられるのは、やっはりデータベースをバックアップすることです。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ