> How to Use > データ復旧 > Windows11パソコンがブラック画面になって起動しない?完全解決法【2022最新】

Windows11パソコンがブラック画面になって起動しない?完全解決法【2022最新】

Kenji

Kenji |カテゴリ:データ復旧| 2022年04月02日に更新

主な内容:

概要:

Windows11では、パソコンが起動しない場合は、前のバージョンの青い画面からブラック画面になりました。本文では、Windows11でパソコンが起動しない、ブラック画面が出る故障の原因および修復する方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows11でのブラック画面とは

Windows 11は2021年6月24日にリリースされ、Windows 11を無料でアップグレード/ダウンロードすることができます。

Windows 11では、システム機能とユーザーインターフェースが大幅に改善されています。インターフェイスの変更点として最もわかりやすいのは、「青い故障画面」が黒くなることです。ブラック画面のまたの名はBSODです。これは、マイクロソフトが2016年にWindowsのインターフェースにQRコードを追加して以来、一番大きく見直したものです。

Windows 11のBSOD、黒い画面また青い画面では、「あなたのPCは問題に遭遇したので再起動する必要があります」というメッセージおよび、CRITICAL_PROCESS_DIED、VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTEDなどのエラーコードが表示されます。

ブラック画面とは

こういうのはWindowsシステムが深刻な問題に遭遇したときしか表示されません。ブラックスクリーンが発生すると、Windowsシステムは起動できなくなり、すべてのハードディスクがアクセス不能の状態になります。

パソコンがブラック画面になる原因

Windows 11の画面が黒くなる原因は、主に次のような原因で発生します。

  • アプリケーションとシステムの非互換性
  • メモリーディスク間の非互換性/破損または接触不良
  • ハードウェアの故障
  • MBRまたはシステムファイルのエラー
  • BCDエラー
  • ウイルスやマルウェアの攻撃

Windows 11でブラックスクリーンエラーが発生する可能性のある上記の理由を踏まえて、ここで解決策を試してみましょう!

ブートUSBを作成し、データを緊急救出する

Windows 11はこういうエラーに遭遇すると、ファイルやデータは削除されたかもしれません。、それに、BSODエラーがハードウェアによる発生する場合は、ハードディスクのフォーマットと再パーティション、あるいはシステムの再インストールが必要です。こうなると、間違いなくデータ損失になりかねます。

ですから、最初にするべきことはデータやファイルを検査して復元し、バックアップすることです。起動できないパソコンからデータを復元する方法は?破損したハードディスクからファイルを復元するには、EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Mediaを使用します。

必要なツール

  • USB
  • 他の使用可能のパソコン

ステップ1.起動可能なディスクを作成する

 

USB一枚を用意します。ブートUSBを作るには、フォーマットする必要があります。もしUSBの中で重要なデータがある場合は、他のデバイスにデータをコピーしてください。

最後に、EaseUS Data Recovery Wizard WinPE Editionを使えば、起動可能なディスクを簡単に作成することができます。

USBドライブを他の使用可能のPCに接続し、EaseUS Data Recovery Wizard WinPE Editionを起動します。

USBドライブを選択し、「Create」をクリックすると、起動可能なディスクが作成されます。

USBドライブを作成する

ステップ2.ブータブルUSBから起動する

起動しないパソコンに作成したUSBを接続し、BIOSでパソコンの起動順序を変更します。ほとんどのユーザーは、コンピュータを再起動すると同時にF2を押してBIOSに入ります。ハードディスクの先にある「Removable Devices」(起動用USBディスク)または「CD-ROMドライブ」(起動用CD/DVD)
からPCを起動するよう設定します。「F10」キーを押して保存し、終了します。

ステップ3. 起動しないハードディスクからデータを復元する

USBから起動すると、WinPE起動ディスクからEaseUS Data Recovery Wizardを実行することができます。スキャンしたいドライブを選択し、失われたすべてのファイルを見つけます。

データを復旧する

スキャンが完了した後、復元可能なすべてのファイルをプレビューし、ターゲットファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックしてファイルを復元することができます。データの紛失を避けるために、復元されたすべてのデータを別のドライブに保存したほうがいいです。最後に、システムドライブ(大抵はCにある)に重要なデータを他のドライブにバックアップしてください。

データを復旧する-2

データを復旧する-3

ブラック画面が表示されたパソコンからデータを復元し、バックアップした後、以下の方法でトラブルシューティングを開始してください。

修復法1:セーフモードでWindows11を再起動する

Windows 11のブラック画面は、そのほとんどがドライバーの問題によって引き起こされます。セーフモードの起動環境では、一部の必要なシステムファイルやドライバーのみを読み込むため、サードパーティ製のソフトウェアやドライバーの影響を排除することができます。

以下の手順でWindows 11のセーフモードで起動します。

ステップ1.パソコンの起動とシャットダウンを繰り返し、Windowsの回復環境に入る。

  • 電源ボタンを10秒間長押しして、コンピュータの電源を切ります。
  • 電源ボタンを再度押して、コンピュータを起動します。電源ボタンを10秒間押し続けて電源を切ります。
  • 電源ボタンをもう一度押して、コンピュータの電源を入れます。
  • Windowsが起動したら、もう一度電源ボタンを10秒間長押しして、電源を切ります。
  • 下の画面に入るまで、上記の手順を繰り返してください。

セーフモード-1

ステップ2. オプションを選択する画面に入ったら、「トラブルシューティング > 詳細オプション > スタートアップ設定 > 再起動」を選択します。

セーフモード-3

ステップ3.画面の指示に従い、ケースにより、F4、F5、F6を押してセーフモードを選択します。

セーフモードで再起動出来れば、基本的にサードパーティ製のソフトやドライバの原因なので、一つずつセーフモードでアンインストールしてください。

更新したばかりプログラムをアンインストールする

1.検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、「プログラムをのアンインストール」をクリックします。

コントロールパネル-1
2.「プログラムをのアンインストール」でプログラムを選択し、アンインストールします。

プログラムをアンインストールする
3.上手く再起動出来れば成功。

ダメだったら、下の手順に従ってください。

更新したばかりのドライバーをアンインストールまたは更新する

Windows 11のブラック画面は、互換性のないドライバーや古いドライバーがコンピューターにインストールされている場合に発生することがあります。このとき、問題のあるドライバーをアンインストールしたり、ドライバーを最新バージョンに更新したりすることで、ブラック画面の一部が解決することがあります。

デバイスドライバを更新する手順

ステップ1.検索ボックスに「デバイスマネージャ」と入力し、「デバイスマネージャ」をクリックします。

ドライバーをアンインストールする

ステップ2. ディスクドライバを展開します。ディスクドライバを右クリックし、「ドライバソフトウェアの更新」を選択します。

ドライバーをアンインストールする-3

ステップ3. 更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する」を選択します。

問題のあるドライバをアンインストールする手順

ステップ1. 上記の方法でデバイスマネージャーを開きます。

ステップ2.ディスクドライバを展開し、問題のあるドライバを右クリックし、「アンインストール」を選択します。

ステップ3. プロセスが完了するのを待ち、コンピュータを再起動します。

その後、システムは自動的にディスクの更新されたデバイスドライバを再インストールします。

修復法2:破損したMBRを修復する

システムディスクのMBRが破損している場合、ブラックスクリーンの問題が発生する可能性が非常に高いです。この問題を解決するには、EaseUS Partition Masterで破損したMBRを修復してみてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

このパーティション管理ソフトは、パソコンが正常に起動できないときに、ハードディスクをパーティション分割し、WinPE起動ディスクを作成してエラーを修正することができます。

ステップ1.WinPEブータブルディスクを作成する

EaseUS Partition Masterを起動し、ツールバーの「WinPE Creator」をクリックします。USBドライブにブータブルディスクを作成するを選択しますCD/DVDドライブが搭載されている場合は、CD/DVDに起動ディスクを作成することも可能です。「進む」をクリックし、処理を終了します。

Winpeを作成する

ステップ2.EaseUS Partition MasterブータブルUSBを起動します。

ブータブルUSBまたはCD/DVDをPCに接続します。

パソコン再起動時にF2キーまたはDelキーを押して、BIOS画面に入ります。「リムーバブルデバイス」または「CD-ROMドライブ」からパソコンを設定し、起動します。その後、EaseUS Partition Masterが自動的に起動します。

ステップ3. MBRを再構築する

MBRが破損しているディスクを右クリックします。「MBRの再構築」を選択して続行します。現在のオペレーティングシステムでMBRの種類を選択します。その後、"OK "をクリックします。

左上の「操作の実行」ボタンをクリックし、「適用」をクリックすると、MBRが構築されます。その後、パソコンは再び正常に起動できるようになります。


修復法3:CMDでBDCエラーを修復する

ブラックスクリーンにつながるBDCエラーは、コマンドプロンプトで修正できます。

ステップ1.Windowsの起動可能なドライブまたはインストールCDまたはDVDからコンピュータを起動します。

CMDで設置する

ステップ2. ウィザードに従って、「コンピュータの修復」→「トラブルシューティング」→「詳細設定」→「コマンドプロンプト」を選択します。

ステップ3.コマンドプロンプトウィンドウで、以下のコマンドを入力し、それぞれのコマンドの後にEnterキーを押します。

bootrec /Fixmbr
bootrec /FixBoot
bootrec /ScanOs
bootrec /RebuildBcd

ステップ4.完了したら、コマンドプロンプトを終了します。コンピュータを再起動し、Windows 11が黒い画面にならずに起動できるかどうかを確認します。

結論

Windows 11の黒い死亡画面の原因と対処法を紹介します。記事で提案したように、問題を解決する前に、最初に重要なデータをバックアップするようにしてください。その後、セーフモードにアクセスして、ドライバーやアプリケーションの問題を確認することで、黒い画面のエラーを解決することができます。その後、パーティションマネージャーを使用して、簡単なクリックで破損したMBRを修復することができます。

ブラック画面を修復する他のヒント

上記の方法でWindows 11のBSODエラーが解決できない場合は、メモリースティックやCPUの問題を確認してみてください。

ヒント1. メモリースティックを再接続またはクリーニングする

メモリの接触不良やホコリの蓄積もブラックスクリーンの原因になります。マザーボードからメモリストリップを抜いてから、金指を消しゴムで拭き、決して水に触れないようにしてください。その後、マザーボードに差し込み直し、電源を入れてください。それでもうまくいかない場合は、メモリスロットを変更して試すことができますので、基本的にこの操作でブルースクリーンの問題のほとんどを解決することができます。

ヒント2. コンピュータを冷却する

コンピュータ内部のハードウェアの温度が高いことも、ブラックスクリーンの問題の一般的な原因です。高温は、主にCPU、グラフィックカード、ハードディスクなどを重要な基準としています。ブラックスクリーンが発生したときにコンピュータの内部温度が高い場合は、放熱不良が原因である可能性が高いです。

CPUファンやグラフィックカードファンが正常に回転しているかどうか、起動して確認することができます。 正常であれば、シャーシの放熱を追加するなど、ホストの放熱を強化することをお勧めします。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ