> How to Use > データ復旧 > 対処法:このディスクは書き込み禁止になっています

対処法:このディスクは書き込み禁止になっています

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

ファイルをUSBメモリ/sdカード/外付けhddに保存しようとした場合に、「このディスクは書き込み禁止になっています」というエラーメッセージが出てくると、どうすればよいのでしょうか。この記事では、ディスクが書き込み禁止になっている場合のデータを救出方法及び書き込み禁止を解除する方法を皆さんに紹介します。

 

ディスク書き込み禁止問題の解消について

「今朝、仕事関係のデータを外付けHDDに保存しようとした時、このディスクは書き込み禁止になっていますというダイアログが出てきて、保存に失敗しました。それ以前は、HDDは問題もなく正常に動いていたのに、なぜこのエラーが発生したのですか。また、このディスクにはいろんなファイルがあって、それらのファイルを失ったら大変なことになります。ですので、どうしても、そのディスクからデータを救出するつもりです。さらに、現在の外付けHDDを正常な状態に戻すことができたら尚ありがたいです。」

ディスクは書き込み禁止になっていますというエラーメッセージ

多くのユーザが「このディスクは書き込み禁止になっています」エラーに遭遇したことがあるでしょう。ディスクは書き込み禁止の状態になると、ディスク上のデータをそのまま読み込むことはできますが、中にデータを保存することはできなくなりますので、ユーザーに不便をかけています。

「このディスクは書き込み禁止になっています」問題の解決はとても重要なことですが、この問題を解決する中にデータが紛失する可能性もありますので、データセキュリティのため、まずこのディスクに保存しているデータを復元して、書き込み禁止の状態を解除することに移ることがおすすめです。

それでは、本文が紹介する方法を参照して、データを復元するのはもちろん、このエラーも解決しましょう。

目次:(ディスクに大事なデータがない場合は、下記リンクをクリックしてエラー解消の部分に移動)

  • 「このディスクは書き込み禁止になっています」データ復元
  • 「このディスクは書き込み禁止になっています」エラー解消

「このディスクは書き込み禁止になっています」データを救出

「このディスクは書き込み禁止になっています」エラーが発生すると、中のデータにもアクセスできなくなります。大事な写真/動画/ドキュメントなどのデータがある場合、これらのデータを救出するのは緊要なことでしょう。では、データを救出するには、どうすればいいのでしょうか。実はデータ復旧ソフトが役に立ちます。市販のデータ復旧ソフトがいっぱいありますが、確実に復元してくれる高機能なソフトは、どれなのでしょうか。

ここでは、EaseUSの高機能なデータ復旧ソフト―EaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにおススメします。このソフトを使用して高確率でエラーが発生しているディスクからデータを救出することができます。

データを救出する手順

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 ハードディスク 復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検索し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 ハードディスク 復旧2

ステップ3.スキャン結果の中で復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。

ハードディスク 復旧3

「このディスクは書き込み禁止になっています」エラーを解決する方法

上記のステップに従い、データを復元することができてから、下記の簡単な2ステップだけで「このディスクは書き込み禁止になっています」エラーを解決することができます。

ステップ1.レジストリエディタでUSBメモリの書き込み禁止状態を解除する

「このディスクは書き込み禁止になっています」エラーが発生すると、レジストリエディタ(Regedit.exe)でディスクを書き込み禁止の状態から簡単に解除することが可能です。

1.Windowsのアイコンを右クリックして「ファイル名を指定して実行(R)」をクリックします。
2.入力ボックスで「Regedit.exe」を入力して「OK」をクリックします。

レジストリエディタの画面

下記のレジストリに移動してください。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

それから、右のパネルにあるWriteProtect(WriteProtect value)をダブルクリックし、値のデータを1から0に変更して、「OK」ボタンを押すことで変更を保存します。

最後にパソコンを再起動してエラーディスクを再接続したら書き

き込み禁止の状態が解除されるはずです。

そして、ディスクのフォーマットを始めることができます。下記のステップに従ってディスクをフォーマットすることが可能です。

ステップ2.ディスクをフォーマットする

このディスクは書き込み禁止になっています」を解決し、外付けhdd/USBメモリ/sdカードを正常な状態に戻すには、ディスクをフォーマットする必要があります。先が紹介した方法でデータを救出した場合、フォーマットも安心です。

PCアイコンを右クリック→管理を選択→記憶域のディスク管理に入り、エラーが発生しているディスクを右クリック→フォーマット

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。