> How to Use > データ復旧 > Fdiskを実行したディスクを復元できる?やり方はこちら!

Fdiskを実行したディスクを復元できる?やり方はこちら!

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

Data Recovery Wizardという強力的なデータ復旧ソフトは、Fdisk(エフディスク)を実行したディスクを完全に復元できます。紛失パーティション復元プロセスが自動的に実行され、紛失データを一括に復元可能です。

 

一般的には、多くのユーザーが、特定種類のファイルを保存するため、ディスクの全領域を複数のボリュームに分けてしまう場合は多いです。例えば、OSをCドライブに保存され、写真や動画などをDボリュームに保存されます。また、もっと高度のユーザーがディスクの一部の領域にWindowsを入れておき、そのほかの一部にUbuntuを入れる場合も少なくありません。つまり、一般ユーザーに対しても、やや高度のユーザーに対して、ディスクを何部分に分割して使っているのはとても普通のことになります。パーティションの分割というと、Fdisk(エフディスク)を触れないといけません。

Fdisk(エフディスク)とは

「fdisk」とは、パーティションの作成・削除などに使うコマンドです。ディスクの全領域を1つのドライブに作成することが可能ですし、ディスクの領域全体を何部分に分けて別々にドライブを作成することも可能です。

File:Fdisk.png

Fdiskでの各オプション:

上記の画像によりますと、項目1~4それぞれの意味は下記のようになります。

  • 1.「DOS パーティション、または論理ドライブを作成する」
  • 2.「アクティブパーティションを設定する」
  • 3.「パーティション、若しくは論理DOSドライブを作成する」
  • 4.「パーティションについての詳細情報を表示する」


Fdisk(エフディスク)を実行してよく発生するエラー

  • ブートデバイスがありません
  • オペレーティングシステムが見つかりません
  • プライマリードライブが見つかりません
  • FATが無効、または破損しています
  • パーティションテーブルエントリーが無効です
  • 無効なセクター
  • ファイル/プログラムがなくなります
  • ディスクエラー
  • command.comが無効です
  • など...

Fdiskを実行すると、上記のエラーを含む数多くのエラーが発生する可能性があります。もしディスク中にFdiskを実行に何等かのエラー(上記を含むが、これらに限りません)が発生すると、ディスク上の構造が破壊され、データがなくなります。このような場合になってしまったら、ディスクの復元を実行する必要もあると思います。

Fdiskを実行したディスクを復元する方法

この部分では、Fdiskを実行したディスクを復元する方法を皆さんに紹介します。Data Recovery Wizardという強力的なデータ復旧ソフトにより、紛失パーティション復元プロセスが自動的に実行され、紛失データを一括に復元する方法です。

ヒント:もし、Fdiskを実行してパソコンが正常に起動できなくなる場合は、復旧を実行するには、起動できないパソコンからデータを復元する方法を参照して下さい。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面からすべてのディスクドライブが表示されています。その中で復元したいドライブを選択した上、「スキャン」ボタンをクリックします。

データ復旧1

ステップ2.スキャンプロセスに入り、ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、ドライブを全体的にスキャンします。スキャン中にデータのフィルターニングでデータを選別できます。

データ 復旧2

ステップ3.スキャンが終わると、復元したいデータを選択して、「リカバリー」ボタンをクリックすれば、データを復元できます。

データを復旧するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。