> How to Use > データ復旧 > Windows 10/8/7/XP/Vistaで「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」【対策】

Windows 10/8/7/XP/Vistaで「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」【対策】

WuYanG
更新者:WuYanG 2024/05/09
   

主な内容:

概要:

外付けハードドライブ、マイクロSDカード、USBドライブのスキャン中にchkdskの「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というエラーメッセージが表示されましたか?このページでは、Windows 10、8、7、Vista、XPで最高のchkdsk代替ツールを使ってこの問題を解決する方法を説明します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「Chkdsk がダイレクトアクセス用にボリュームを開けない」に対する4つの修正法:

オプション「/f」で chkdsk コマンドを実行すると、エラーを検出して修復します。修復に失敗した場合、このエラーメッセージが表示されます - 「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」。このエラーが初めて表示されたら、PCを再起動してください。その後、さらに読み進めて、4つの高度なトラブルシューティングの修正方法を学んでください。

chkdsk がダイレクトアクセス用にボリュームを開けません。

  • #1. 準備破損したドライブからデータを復元する
  • #2. 壊れたドライブをフォーマットする
  • #3. 疑わしいサードパーティのアプリケーションやサービスを無効にする
  • #4. クリーンブート環境でchkdskを実行する
  • #5. 不良セクターの修復

「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」エラーの概要

CHKDSKコマンドは、破損したUSBドライブ、外付けハードドライブ、またはマイクロSDカードを修復できるため、ハードドライブ修復ツールとして使用できます。しかし、これを使用してディスクチェックをスケジュールすると、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というエラーメッセージが表示されることがあります。この問題は、Windows 10、8、7、Vista、XP、Server 2008、またはその他のWindowsバージョンで発生する可能性があり、破損したデバイスを修復できません。

この問題を引き起こす最も可能性の高い原因は、ハードドライブのDBR(DOSブートレコード)が破損しているため、ボリュームを開いて直接アクセスできないことです。もう1つの要因は、システムプロセスをブロックする機能を持つソフトウェア(ウイルス対策プログラムなど)です。最後の理由は、ハードドライブが物理的に損傷しているためアクセスできないことです。

実際、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」を修正する方法は、RAWハードディスクドライブを修正する方法とよく似ています。つまり、まず問題のあるディスクから別の安全な場所にファイルを復元し、それからハードディスクをフォーマットします。ハードディスクをフォーマットする以外にも、この記事では実現可能な方法をまとめています。

準備破損した外付けドライブ/SDカード/USBドライブからデータを復元する

ハードディスクドライブが破損したとき、まず最初にしたいことは、その中のファイルにアクセスしようとすることです。しかし、ハードディスクが損傷しているため、アクセスすることができません。幸い、信頼性の高いEaseUS Data Recovery Wizardがお役に立ちます。その上、ハードドライブをフォーマットすると、デバイス上のすべての既存ファイルが削除されるため、事前に問題のあるハードドライブまたは外付けストレージデバイスからデータを復元することをお勧めします。

EaseUS Data Recovery Wizardは、データ復旧の分野では一流のソフトウェアです。

自分で壊れたドライブからデータを復元する方法をご覧ください:

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えE:)を選択して「紛失データの検索」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

データ復元手順1

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

データ復元手順2

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

データ復元手順3

解決策1.破損した外付けハードドライブ/SDカード/USBドライブをフォーマットする

CHKDSKを使用してハードドライブパーティションのチェックを実行し、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」という通知が表示された場合、デバイスのファイルシステムが破損していることを認識する必要があります。したがって、フォーマットによってデバイスに新しいファイルシステムを割り当てることは、ハードドライブまたは外付けストレージデバイスを正常に動作させるのに役立ちます。ストレージデバイスをフォーマットするには、さまざまな方法があります:

方法1.ファイルエクスプローラを使用する

ステップ1.「PC」を開きます。

ステップ2.フォーマットしたいデバイスまたはパーティションを見つけて右クリックします。

ステップ3. 「フォーマット」を選択します。

ステップ4. 新しいファイルシステムを選択し、残りのオプションを設定します。

ステップ5. プロセスが終了するまで待ちます。

chkdsk-reports-raw-1.png

方法2.ディスク管理を使う

ステップ1. 「PC」>「管理」>「ディスクの管理」と進みます。

ステップ2. フォーマットしたいパーティションを右クリックして「フォーマット」をクリックします。

ステップ3.オプションを設定し、フォーマットプロセスを開始します。

unformat-memory-card-1.png

方法3.サードパーティのソフトウェアを使用する

サードパーティのツールでハードドライブをフォーマットする必要はないと思うかもしれません。実際、無料のパーティションソフトウェア- EaseUS Partition Masterを使えば、コンピュータをより良く管理するために他の多くのことができます。CHKDSKと同様に、このツールの「ファイルシステムのチェック」機能は、ディスクの問題をチェックして修復するのに役立ちます。また、ハードドライブをフォーマットするためのフォーマットツールとしても使えます。そのほか、OS移行、ディスククローニング、パーティションマージなどの機能もあり、コンピュータを管理する際に大いに役立ちます。

ここからEaseUS Partition Masterをダウンロードし、以下のガイドに従ってファイルシステムのチェックとパーティションのフォーマット方法をご覧ください。

EaseUS Partition Masterでパーティションをチェックします:

ステップ1.EaseUS Partition Masterを開き、問題が発生したディスクをクリックして、右にある「ファイルシステムをチェック」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ1

ステップ2.パーティションをチェックするウィンドウで「エラーが見つかったら修正する」をオンにして「開始」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ2

ステップ3.ソフトは自動的に選択したディスクドライブをチェックします。チェックのプロセスが終わったら「完了」をクリックします。

EaseUS Partition Master Freeでファイルシステムを確認するステップ3

EaseUS Partition Masterでパーティションやデバイスをフォーマットするには:

ステップ1.ソフトを起動して、初期化したいSSD/HDDを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

フォーマットしたいデバイスを選択

ステップ2.ここでフォーマットの詳細をチェックしてから、「OK」をクリックします。

フォーマットの情報をチェックする

ステップ3.対象のパーティション上のデータは消去されます。」という提示メッセージが表示されます。フォーマットプロセスを進むには「はい」をクリックします。

警告メッセージが表示

ステップ4.最後に、画面右下のタスクキューにあるタスクをクリックして、保留中の操作を確認します。保留中の操作が間違っていない場合は、「適用」をクリックして、フォーマットプロセスを開始します。

操作を適用してフォーマットプロセスを開始

ハードドライブ、SDカード、USBドライブをフォーマットした後、復元したファイルをデバイスにコピーし、通常通り使用することができます。

ほとんどの場合、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というエラーは、ストレージデバイスをフォーマットすることで解決できます。問題が解決しない場合は、以下の方法を試してみてください。

解決策2.疑わしいサードパーティのアプリケーション/サービスを無効にする

「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というエラーを解決するには、パーティションをロックする可能性のあるサードパーティのアプリケーションやサービスを無効にするのが有効だと言う人もいる。彼らは、この問題はサードパーティ製アプリケーション(パーティションをロックするウイルスチェッカーやディスクモニターツールなど)が原因だと考えている。しかし、この方法は検証されていない。そのため、その有効性は約束されていない。(万が一に備えて、以下にその方法も詳しく説明します)。

サービスを無効にするには

ステップ1.「スタート」メニューから「サービス」と入力します。

ステップ2. 検索結果で「サービス」アプリを選択します。

ステップ3.ここでは、コンピュータ上のすべてのサービスを見ることができます。疑わしいサービスを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ4.「スタートアップの種類」セクションで、ドロップダウンメニューから「無効」を選択します。

ステップ5.「OK」をクリックし、サービスを終了します。

Windowsのサービスを無効にする

解決策3.クリーンブート環境でCHKDSKを実行する

クリーンブートは、必要なドライブとスタートアッププログラムのみでコンピュータを起動します。そのため、通常のブート環境でバックグラウンドプログラムが問題を引き起こしているかどうかを判断するための診断テストを実行することができます。

ステップ1.「Windows + R」を押し、msconfigと入力します。

ステップ2.システム設定ウィンドウで、「サービス」タブに切り替えます。

ステップ3.「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れ、「すべて無効」→「適用」→「OK」をクリックします。

ステップ4. 「スタートアップ」タブに移動し、「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

ステップ5.各項目をクリックし、「無効にする」を選択します。

ステップ6.コンピュータを再起動し、再度CHKDSKを実行します。

chkdsk-cannot-open-volume-for-direct-access-1.png

解決策4.不良セクターの修復

ストレージデバイスの不良セクターは、軽微な問題から深刻な問題まで、必ず引き起こします。「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」というエラーは、不良セクタが原因である可能性があります。したがって、デバイスの不良セクタを修復することも、適用すべき方法の1つです。不良セクターの修復方法については、こちらの記事を参照してください:WindowsでHDDの不良セクタを修復する方法

まとめ

エラー「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」を修正するのは、破損したDBRが原因で、適切なソフトウェアが見つかれば非常に簡単です。ストレージデバイス上のファイルにアクセスできなくなった場合、データ復旧ツールを使ってデータを救出することが、データを保護するために最初にすべきことです。上記のどの解決策も「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません」を解決できない場合、ハードドライブ、USBドライブ、SDカードが物理的に破損している可能性があり、手動修理に出す必要があります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ