> How to Use > データ復旧 > Windows 10/11でISOをDVDに書き込む方法

Windows 10/11でISOをDVDに書き込む方法

モンディー

モンディー |カテゴリ:データ復旧| 2022年04月21日に更新

主な内容:

概要:

この記事では、ISOファイルを空のDVDまたはCDに書き込む方法を説明します。ステップバイステップのチュートリアルに従って、Windows 10またはWindows 11をインストールできるように、そのISOファイルをDVDに書き込む必要があります。

EaseUS Data Recovery Wizard

拡張子が.isoのISOファイルは、CD/DVD-ROMイメージファイルです。ISOファイルで作成されたWindowsインストールディスクからWindowsオペレーティングシステムをインストールしようとするユーザーが多くいます。

Windows 11またはWindows 10 ISOファイルをダウンロードした後、それを書き込んで起動可能なインストールメディア、DVD、またはUSBフラッシュドライブを作成するか、仮想マシン(.ISOファイル)を作成してOSをインストールできます。

では、ISOをDVDに書き込む方法を学びましょう。例として、Windows 10を取り上げます。

Windows 10 ISOファイルをDVDに書き込む

ISOファイルをDVDに書き込むためのハードウェア要件:

  • CD-ROMバーナーを準備します。
  • ディスクドライブに空のディスクがあります。 
  • Windowsインストールメディアを作成する場合は、8GB以上の空のDVD(およびDVDバーナー)が必要です。
  • 空のUSB/DVDを使用します。その中のコンテンツがすべて削除されるからです。
  • ISOファイルをDVDに書き込む際、ディスクイメージファイルが大きすぎるというメッセージが表示された場合、デュアルレイヤー(DL)DVDを使用する必要があります。

手順1.空のDVDをコンピュータに挿入します。

手順2.[Windows] + [E]キーを押してエクスプローラーを開きます。ISOファイルの保存場所に移動します。

手順3.ISOファイルを右クリックして、[ディスクイメージの書き込み]を選択します。

手順4.Windowsディスクイメージ書き込みツールの画面で、[書き込み用ドライブ]をクリックして、使用するCDまたはDVDを選択します。

手順5.[書き込み後にディスクの確認]をオンにします。

手順6.[書き込み]をクリックしてプロセスを開始します。完了すると、「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました」というメッセージが表示されます。

ヒント:Windows 10/11で失われたISOファイルを復元する方法

ダウンロードしたISOファイルが失われたり、誤って削除されたりした場合は、データ回復ソフトウェアを使用してファイルをすばやく取り戻せます。これにより、再ダウンロードするよりも多くの時間を節約できます。

EaseUS Data Recovery Wizardは、HDD、SSD、USBフラッシュドライブ、SDカードなどのさまざまなストレージデバイスから、削除、紛失、破損、またはフォーマットされたデータを回復するのに役立つ、よく知られたデータ復旧ツールです。また、破損したExcel/Word/PPT/PDFファイル、および画像やビデオなど、破損したファイルも効率的に修復できます。

数回クリックするだけで失われたデータを回復しましょう。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で削除したファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

削除したファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストで削除したファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

削除したファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

削除したファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

Windows/MacでISO形式のDVDを焼く方法に関する追加情報

次は、Windows 10/11 ISOファイルをDVDに書き込む方法についてよくある質問です。

1.ISOファイルから起動可能なDVDを作成する方法は?

手順1.コンピュータのディスクドライブに空のディスクを挿入します。ISOファイルを右クリックし、[ディスクイメージの書き込み]を選択します。

手順2.[書き込み用ドライブ]をクリックして、使用するドライブを選択します。

手順3.[書き込み]をクリックします。完了した後、ディスクを取り出します。

2.Windows 10にはISOバーナーがあるのか?

Windows 10には、Windowsディスクイメージ書き込みツールと呼ばれるISOバーナーが組み込まれています。それを利用すれば、ISOファイルをDVD、CD、またはBDに書き込むことができます。

3.WinISOによってISOファイルから起動可能なDVDを作成する方法は?

WinISOは、プロのサードパーティ製CD/DVD/Blu-rayイメージファイル適したユーティリティで、CD/DVD/Blu-rayドライブからディスクイメージファイルを書き込んだり、ISOファイルを直接抽出、編集、名前変更したりできます。

手順1.WinISOをダウンロードしてインストールします。

手順2.ソフトウェアを実行します。[ブータブル]タブをクリックし、[ブートイメージを設定]を選択します。

手順3.ブータブルISOを選択してDVDに焼きます。

4.MacでISOをDVDに書き込む方法は?

手順1.オペレーティングシステムまたはゲームの.isoファイルをMacにダウンロードします。

手順2.空のディスクをMacに挿入します。

手順3.ディスクユーティリティを開きます。

手順4.[ディスクを作成]をクリックして、書き込むISOイメージを選択します。

手順5.[ディスクを作成]ボタンをクリックして、プロセスが完了するまで待ちます。

結論

ISOファイルをDVD/CDに書き込みたい場合、Windowsのコピー機能を使用してそれを行うことはできません。その代わりに、上記の手順に従って、Windows 10 ISOファイルをDVDに正常に書き込むことができます。ISOファイルを書き込んで起動可能なインストールメディアを作成した後、それを使用して別のPCにWindows 10をインストールできます。

ダウンロードしたISOファイルを含む、ファイルが失われた場合、EaseUS Data Recovery Wizardを使用すれば、ヘルプを即座に受けられ、HDD、SSD、USBフラッシュドライブ、SDカード、ペンドライブなどのストレージデバイスから紛失したデータを復元できます。 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ