> How to Use > 記憶媒体復旧 > TRIMに削除されたデータをSSDから復元する方法

TRIMに削除されたデータをSSDから復元する方法

2017-04-01 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
TRIM指令で、SSDでのデータを削除することができます。もし間違ってTRIM指令を実行して、SSDでの大事なデータ削除したら、どうすれば復元できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

TRIM指令でSSDでのデータを誤削除

「TRIM指令で、一つのハードドライブでのデータを消去するつもりでしたが、間違ってSSDを目標として指定し、中身のデータを誤削除してしまいました。TRIMに削除されたデータをSSDから復元するには、どうすればいいでしょうか?」

TRIM指令で削除されたデータを復元

TRIM指令で、SSDでのデータを削除することができます。しかし、目標ディスクを間違って指定すると、データ紛失を起す可能性が高いです。

心配しないでください。TRIM指令で削除されたデータでも、SSDが二度と上書きされない限り、復元するのは可能です。ここで、SSD対応のデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。TRIM指令で削除されたデータの復元に対応しています。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

 

1.ソフトを実行して、データが削除されたSSDを選択して、スキャンを始めます。

SSDを選択してスキャンを開始する

2.クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。

スキャンが完了するまで待つ

3.ソフトがすべての復元できるファイルを検出して表示します。復元したいファイルにチェック入れて、「リカバリー」をクリックしてファイルを保存します。

紛失データを復元

Windows 10/8/7でTRIMを無効にする方法

  1. 1. サーチバーで「CMD」を入力して、「Enter」を打ちます。
  2. 2. 管理者として実行してから、「fsutilbehavior query disabledeletenotify」を入力して、「Enter」を打ちます。
  3. 3. 「fsutil behavior set disabledeletenotify 1」を入力して、「Enter」を打ちます。

人気記事

記憶媒体復旧
USBメモリ復元
SDカード復旧
HDD復旧
SSD復旧
ファイル復旧
写真復旧
動画復旧
EXCEL復旧
WORD復旧
PDF復旧
PHOTOSHOP復旧
PPT復旧
メール復旧
その他の復旧
ゴミ箱復旧
フォーマット復旧
パーティション復旧
サーバー復旧
起動できないPC復旧

EaseUSが選ばれる理由