> How to Use > 記憶媒体復旧 > TRIMに削除されたデータをSSDから復元する方法

TRIMに削除されたデータをSSDから復元する方法

2019年05月07日に更新

筆者: Bak

記憶媒体復旧
概要:
TRIM指令で、SSDでのデータを削除することができます。もし間違ってTRIM指令を実行して、SSDでの大事なデータを削除したら、どうすれば復元できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

TRIM指令でSSDでのデータを誤削除

「TRIM指令で、一つのハードドライブでのデータを消去するつもりでしたが、間違ってSSDを目標として指定し、中身のデータを誤削除してしまいました。TRIMに削除されたデータをSSDから復元するには、どうすればいいでしょうか?」

TRIM指令で削除されたデータを復元

TRIM指令で、SSDでのデータを削除することができます。しかし、目標ディスクを間違って指定すると、データ紛失を引き起こす可能性が高いです。

でも心配しないでください。TRIM指令で削除されたデータでも、SSDが二度と上書きされない限り、復元は可能です。ここで、SSD対応のデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。TRIM指令で削除されたデータの復元に対応しています。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

 

ステップ1.「EaseUS Data Recovery Wizard」を開き、復元したいSSDのドライブを選択します。そして、「スキャン」ボタンをクリックし始めます。

 SSD復旧1

ステップ2.スキャンは時間がかかりますので、完成までお待ちください。削除されたファイルを検出してから、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 SSD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。データが再度破壊されないために、ほかの保存場所を選択してください。

SSD復旧3

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

「めらーりCH」様による実体験を含めたレビュー

EaseUS Data Recovery Wizardを使って、大切な会社のデータの復旧に成功した経験のある めらーりCH様が、データ復旧方法を分かりやすく解説してくださっています。

Windows 10/8/7でTRIMを無効にする方法

  1. 1. サーチバーで「CMD」を入力して、「Enter」を打ちます。
  2. 2. 管理者として実行してから、「fsutilbehavior query disabledeletenotify」を入力して、「Enter」を打ちます。
  3. 3. 「fsutil behavior set disabledeletenotify 1」を入力して、「Enter」を打ちます。
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。