> How to Use > PC引越し > 迅速転送!OneDriveからiCloudにファイルを移動する方法

迅速転送!OneDriveからiCloudにファイルを移動する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月27日に更新

概要:

ファイルをOneDriveからiCloudに移動することで、空き容量を増やしたり、バックアップを作成したり、iOSデバイスから簡単にアクセスしたりできます。MacとPCの両方でも、OneDriveからiCloudへのファイル移動を行えます。それを実行する方法を説明した上で、OneDriveなどのインストール済みのプログラムをPC間で転送するのに役立つEaseUS Todo PCTransについても紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

クラウドストレージサービスのおかげで、データやファイルをデバイス間で簡単に移動できるようになりました。OneDriveやiCloudなどのクラウドサービスを開始するには、ユーザーアカウントを作成する必要があります。その後、ファイルをOneDriveからiCloudに、またはその逆に移動できます。この記事では、MacおよびPCでOneDriveからiCloud Driveにファイルを転送する方法について説明します。

概要:OneDriveとiCloud

OneDriveiCloudは、ファイルとデータを保存するための最も強力なクラウドストレージサービズです。クラウド上のファイルを安全に同期およびバックアップし、可能な限りリモートでアクセスできるように、MicrosoftはOneDriveを開発しました。
OneDriveを使用すると、ユーザーはいつでもデータやファイルにアクセス、ダウンロード、および共有するだけでなく、ファイルをオンラインで無制限に保存およびアクセスすることもできます。OneDriveは、5GBの無料ストレージを提供します。
それに対して、iCloudはApple Inc.が開発したものです。音楽、写真、アプリケーションなどの個人データをクラウドに保存するのに使われます。Apple IDとパスワードがあれば、そのサーバーを介してどこからでも保存されたファイルにリモートでアクセスできます。
iOS 5以降を搭載したすべてのデバイスで利用できます。OneDriveと同様に、iCloudはユーザーに5GBの無料のストレージ容量を提供します。

OneDriveとiCloudの比較

OneDriveとiCloudの比較
ファイルをOneDriveからiCloudに移動する理由

ファイルをOneDriveからiCloudに移動すると、前者のスペースが解放されます。OneDriveが提供する無料のストレージ容量は5 GBに限られているため、一部のファイルをiCloudに移動して、他の重要なファイル(文書や写真やビデオなど)を保存するための空き容量を増やしたいかもしれません。
それに、OneDrive内のファイルをiCloudに移動したら、データのバックアップが作成されます。こうして、OneDriveにファイルが失われたり破損したりしても、別のクラウドストレージサービスからそれらのファイルにアクセスできます。また、さまざまなデバイスや場所からファイルにアクセスすることもできます。
iOSデバイスからファイルにアクセスするために、OneDriveからiCloudに移動することもあります。iCloudはiPhone、iPad、およびMacをサポートしているため、iCloudアカウントにアクセスするための正しいAppleログイン資格情報がある限り、保存されたファイルやデータに簡単にアクセスできます。  

MacでOneDrive内のファイルをiCloudに移行する

MacでOneDriveからiCloudへファイルを転送するには、ドラッグ&ドロップ操作のみで実行可能です。
1.MacデバイスでOneDriveフォルダを開き、iCloudに転送するファイルとフォルダを選択します。

onedrive
2.次に、新しいFinderウインドウを開いて、iCloud Driveを見つけます。

icloud drive
3.選択したファイルをOneDriveからドラッグして、iCloud Driveにドロップします。これで、選択したファイルがOneDriveからiCloudに移動されました。

PCでファイルをOneDriveからiCloudに転送する

Windowsコンピュータでは、ダウンロード&アップロード操作で、ファイルをOneDriveからiCloudに移動できます。
1.WebサイトからOneDriveアカウントにログインし、転送するファイルを見つけます。
2.転送するファイルを選択し、[ダウンロード]アイコンをクリックします。ファイルがダウンロードされ、デフォルトのフォルダに保存されます。

onedriveダウンロードボタン
3.次に、iCloud Webサイトにアクセスし、Apple ID資格情報を使用してログインします。
4.画面上部の[アップロード]アイコンをクリックし、先ダウンロードしたファイルを選択します。その後、選択したファイルが自動的にiCloudに移動されます。

アップロード
注意:迅速かつスムーズな移動プロセスのために、安定したネットワーク接続が必要です。ダウンロード&アップロード操作は、サードパーティ製ツールを適用しないため効果的です。 

追加:PC間でOneDriveプログラムを転送する方法

OneDriveアプリケーションをあるコンピュータから別のコンピュータに転送する場合、EaseUS Todo PCTransソフトウェアは利用可能な最も強力なツールとなります。その無料試用版を両方のPCにダウンロードしてインストールするだけで、アプリの転送が実行できます。
この高速でデータ損失なく転送できるソフトウェアは、すべてのWindows OS(Windows 11/10/8/7など)に対応しています。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransの機能一覧

  • 複数の転送モード:PCからPCへ、ローカル転送とイメージファイル、3つの転送モードが用意されています。
  • ユーザーアカウントと設定を転送:新PCに切り替えた後、OneDriveなどのユーザーアカウントと設定を移動します。
  • 効率的なデータ移行:あるコンピュータから別のコンピュータにファイルを自動的に移動して、データの損失を回避します。

EaseUS Todo PCTransのメリット

  • 便利で使いやすい
  • データ損失のないシームレスなデータ転送
  • 故障したデバイスからのデータ復旧
  • メールまたは電話によるプロフェッショナルサポート

EaseUS Todo PCTransを使用して、PC間でOneDriveを転送するには:

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6


関連記事1:DropboxをOneDriveに移行する方法
関連記事2:OneDriveを他のドライブ/PCに移行する方法

結論

Mac/PCでファイルやその他のデータをOneDriveからiCloudに移動するのが可能です。ドラッグ&ドロップ操作と、ダウンロード&アップロード操作が利用可能なオプションです。OneDriveとiCloudは、最大5 GBの無料ストレージ容量を提供します。より多くのスペースを取得するには、料金が発生します。
空き容量の増加とか、バックアップの作成とか、iOSデバイスからのアクセスとか、いろいろな理由でOneDriveからiCloudにファイルを移動したいかもしれません。OneDriveなどのプログラムを異なるPCの間で転送したいのなら、EaseUS Todo PCTransはこちらのおすすめです。シームレスなデータ移行に役立つ使いやすいサードパーティ製データ移行ツールです。
また、ユーザーアカウントと設定を転送することもできます。今すぐEaseUS Todo PCTransの無料試用版をダウンロードして試してみましょう。 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

よくある質問

Q1.パソコンの知識があまりないのですが、操作できますか?

A1:もちろんです。本品は主にIT関連知識に詳しくない素人に向けたソフトです。

Q2.非常に大きなファイルを転送したい場合、このソフトは機能するのでしょうか?

A2:EaseUS Todo PCTransフリーが最大2GBのデータを転送可能ですが、Pro版にアップグレードすればデータを制限なしで転送できます。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>