> How to Use > PC引越し > サーバー移行とは何か?2022年のサーバー移行の完全ガイド

サーバー移行とは何か?2022年のサーバー移行の完全ガイド

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月27日に更新

概要:

Windows Server間でサーバデータを移行するのに役立つ徹底解説をお探しですか?この記事では、Server 移行について知っておくべきことをすべて網羅し、Serverデータの移行を成功させるための詳細ガイドを提供します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

サーバー移行とは

サーバー移行とは、あるサーバーから別のサーバーへ、サーバー移行ソフトを使って、ソフトウェアや他のユーザーデータの移行を行う作業です。

では、いつ、なぜ、Server移行を行う必要があるのでしょうか?ここでは、主な理由を以下のように示します。

  • サーバーのコンピュータが古くなり、動作が遅くなる
  • サーバーにデータやアプリケーションを保存するための十分な空き容量がない
  • サーバーが結構古くて、サーバーのデータを新しいものにアップグレードする必要がある
  • サーバーのクラッシュや古いサーバーマシンから会社のデータを守る
  • サーバーを高速化し、会社のウェブサイトの読み込み性能を最適化したい

この問題を解決するには、Windows Server のディスク容量を増やすのが効果的な方法です。次は、サーバーの移行を適用する方法を詳しく紹介します。

Windows Server 移行ツールとは

では、どのようなツールを使ってサーバー移行を行うことができるのでしょうか。Windows サーバー移行ツールに組み込まれているサーバーマネージャーと並んで、サーバー管理者が 2 台の Windows Server コンピューター間のデータ、ファイル、およびアプリケーションの移行に適用できる多くのツールや方法があります。

ここでは、Windows Serverから別のWindows Serverへデータを転送するために適用できるツールのリストを示します。

  • サーバーマネージャのWindowsサーバー移行ツール 
  • Windowsサーバ移行ソフト - EaseUS Todo PCTrans Technician
  • クラウドドライブ経由のサーバーデータ移行
  • USBや外付けストレージデバイスを使ったデータ移行

サーバーの移行にかかる時間

経験豊富なWindows Server専門家によると、サーバーの移行期間は様々な要因によって異なります。ここでは、サーバーのデータ移行速度に影響を与える可能性のある要因をリストアップしています。

  • データ量
  • ネットワーク速度
  • ファイル種類 - ファイル、画像はビデオ、オーディオよりも高速です。
  • USBポートタイプ(外付けSDD):USB 4.0とUSB 3.0はUSB 2.0より高速です。
  • ターゲットドライブの空き容量:空き容量が多いほどサーバーの移行速度が速くなります。
  • クラウドドライブのファイル転送速度は異なる場合があります。

次は各ツールを使って、データ移行の速度と移行時間の比較表です。

サーバ移行ツール ファイル転送速度 1TBデータ転送持続時間
Windows コピー/貼り付け
Windows 11: 900 - 3200MB/s
Windows 10: 0-50MB/s
Windows 7: 200MB/s

Windows 11: 約15分

Windows 10: 5.8h

Windows 7: 1.5h

クラウドドライブ

アップロード: 22.5MB/s

ダウンロード: 20MB/s

アップロード: 12.9 h
ダウンロード: 14.6h 
 
Windowsサーバ移行ツール 100MB/s   
EaseUSサーバ移行ツール /  

お知らせ:EaseUS製の Server データ移行ソフト - PC Transferは、ネットワーク経由で2台のコンピュータを接続するソフトウェアです。転送速度はハードディスクのネットワークの安定性、ファイル量、読み書きの速度に大きく影響されます。そのため、このサーバー移行ソフトの転送速度は、コンピュータの状況によって違います。

サーバーの移行とファイル/アプリデータの移行方法 

ファイル転送の推奨方法を理解し、使用する方法を学ぶために、簡単なものから複雑なものまで、完全なガイドとリストメソッドを提供することにしました。

これに従って、今すぐサーバー移行に最も適したツールを入手してください。

1. 外部ストレージデバイスを使用したサーバー間のデータ移行

  • 設備: 十分な空き容量のある大きなUSBまたは外付けHDD、PC2台
  • ツール :Windowsのコピー&ペースト
  • コンテンツ:サーバーに保存されているファイルやフォルダー、データベースのコンテンツなど

転送手順

ステップ1. USBまたは外付けハードディスクを転送元のサーバーに接続します。

ステップ2. 新しいサーバーに移行する必要があるファイルとフォルダーを外付けストレージデバイスにコピー&ペーストします。

ステップ3. 外付けストレージドライブの接続を解除し、一旦、新しいServerに接続します。

ステップ4. 新しいServerの移行先にファイルやフォルダをコピー&ペーストします。

外部ストレージデバイスを使ってサーバー間のデータ移行手順

2. サーバー移行ソフトでファイル、アプリ、ユーザーアカウントと設定を新サーバーに転送する

  • デバイス: サーバー2台、同一LAN内のネットワーク接続
  • ツール サーバー移行ソフト - EaseUS Todo PCTrans Technician
  • 転送内容: ファイル、フォルダー、アプリケーション、サーバーユーザーのアカウント、設定

EaseUS Todo PCTrans Technicianは、サーバーユーザーがほぼすべてのコンテンツを新しいサーバーコンピュータに移行するのを支援する、信頼性の高いソフトウェアです。このツールを使うことで、わずか数クリックで古いServerデータを新しいコンピュータに全てのデータを移行することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

関連記事:旧PCから新PCへMicrosoft Officeを移行する方法

3. クラウドを使ってデータを転送する方法

  • デバイス:ServerPC2台、クラウドドライブ アカウント
  • ツール:OneDrive、Dropbox、Google Driveなど
  • 転送コンテンツ:サーバーコンピュータ内のファイル、フォルダー、デスクトップコンテンツ

クラウドを使ってデータを転送する方法

サーバーのファイルを転送する方法

ステップ1. サーバーでクラウドドライブアプリを起動するか、ブラウザでCouldのウェブサイトを開きます。

ステップ2. クラウドドライブのアカウントとパスワードでログインします。

ステップ3. [追加」または「アップロード」をクリックして、アップロードするコンピュータ上のファイルやドキュメントを選択します。

ステップ4. 完了したら、新サーバーのパソコンでクラウドドライブアプリを起動し、ログインして、新サーバーにダウンロードするファイルを選択します。

4. WindowsServer 移行ツールでデータを移行

  • デバイス: サーバー2台、外付けUSBドライブ
  • ツール: Windowsサーバー移行ツール
  • コンテンツ:ファイル、フォルダー、デスクトップコンテンツ。

Windowsサーバー移行ツールは、MicorosftがWindowsサーバーマネージャに追加した内蔵ツールで、上級サーバー専門家は、サーバー間のファイル移行にこのツールを適用します。

WindowsServer 移行ツールを使って、サーバーのファイルを転送する方法

ステップ1.サーバーマネージャーでWindowsサーバー移行ツールを有効にします。

サーバーマネージャーを検索して開く > 「管理」 > 「役割と機能の追加」(真中の2番)をクリックします。

WindowsServer 移行ツール

[Windows Server 移行ツール」にチェックを入れ、「次へ」をクリック > 「インストール」をクリックして続行します。

ステップ2. 移行先のサーバーコンピュータに展開フォルダを作成します。

[PowerShell」を開き、以下のコマンドラインを入力し、Enterを押します。

  • cd %Windir%/System32/ServerMigrationTools 
  • SmigDeploy.exe /package /architecture X64 /os WS08 /path

WindowsServer 移行ツールを使ってファイルを転送する手順2

ステップ3.Windows Server移行ツールを登録します。

  • 展開フォルダを移行元のローカルドライブにコピーします。
  • コマンドプロンプトを開き、. \Smigdeploy.exe と入力し、Enterを押します。

WindowsServer 移行ツールを使ってファイルを転送する手順3

ステップ 4. サーバーからサーバーへサーバーデータを移行する

移行元サーバでWindows Server Managerを開き、Windows Server移行ツールをクリックし開きます。
PowerShellを開き、Export-SmigServerSetting -User All -Group -Path C:SysAdminExportMigUsersGroups -Verboseと入力し、Enterキーを押します。

WindowsServer 移行ツールを使ってファイルを転送する手順4

これにより、移行元のServerからファイルをエクスポートすることができます。

  • 移行先のServerで、サーバーマネージャーとツール」をクリックします。 > WindowsServer 移行ツールを開きます。
  • Powershellを開き、Import-SmigServerSetting-UserEnabled-Group-PathC:SysAdminExportMigUsersGroups -Verboseと入力し、Enterキーを押します。

このコマンドを実行すると、エクスポートされたServerのデータが新しいServerにインポートされます。

あとは、処理が完了するのを待つだけです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>