> How to Use > PC引越し > 外付けハードディスクにMicrosoft Officeを保存/実行する方法

外付けハードディスクにMicrosoft Officeを保存/実行する方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/22
   
Shawty
執筆者:Shawty
   

概要:

EaseUS Todo PCTransはMicrosoft Office 2003/2007/2010/2013/2016/2017/365を丸ごと外付けハードドライブやUSBドライブに移行できるので、外付けドライブからアプリケーションを問題なく簡単に実行でき、同時に、パソコンの巨大なディスクスペースを節約できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Q:「Microsoft Officeのインストールを外付けハードディスクに保存して、そこからアプリケーションを起動することはできますか?」

A: 「ソフトをインストールすると、メインドライブ(通常はCドライブ)にあるWindowsフォルダ内にレジストリ項目が作成されます。そのため、外付けハードディスクを経由して異なるPCでOfficeを起動できるようにしたい場合、専門のPC転送ソフトを使用しない限り、必須のレジストリ内容がないため失敗する可能性があります。」

今回は、外付けハードディスクにOfficeをインストールする方法をお教えします。また、データの損失を避けるための注意点もピンポイントでお伝えします。

Microsoft Officeを外付けハードドライブに保存/実行する方法について必要な情報を表示します:

⏱️持続時間 3~5 分
💻対応版 Microsoft Office 2003/2007/2010/2013/2016/2017/365
⛑️準備するもの 外付けハードドライブまたはUSBドライブ
⛏️ツール アプリ移動ソフトウェア - EaseUS Todo PCTrans
🔧方法

1.EaseUS Todo PCTransで外付けハードディスクにOfficeをインストール

2.Microsoft Officeを外付けハードディスクやUSBドライブに転送する

EaseUS Todo PCTransで外付けハードディスクにOfficeをインストール

Microsoft Officeの情報はWindowsレジストリに存在し、コピーで正しく実行するのは難しいため、専門的なアプリケーション移行ツールが際立っています。Office転送ソフトの助けを借りて、簡単にOfficeを外付けハードディスクにインストールすることができます。

「アプリ移行」モードにより、Microsoft Officeを外付けハードディスクに移行することができます。このようなモードを適用することで、Officeはそのインストールを変更することになります。さらに、Microsoft Officeのプロダクトキーを忘れてしまった場合、EaseUS Todo PCTransはワンクリックでそれを見つけることができます。

EaseUS Todo PCTrans

  • Office 2003/2007/2010/2013/2016/365を転送し、キーを検索します。
  • LAN、WiFi、画像経由で、PCからPC/ノートPCにOfficeを転送する。
  • Cドライブからローカル/外付けドライブにOfficeを移動、起動エラーなし。
無料ダウンロード

対応OS:Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP

Microsoft Officeを外付けハードディスクやUSBドライブに転送する

そこで、大容量のMicrosoft Office 2003、2007、2010、2013、2016、Office 365をローカルドライブ以外の場所にインストールしてディスクスペースを節約し、外付けドライブからアプリケーションを実行できるようにしたい場合は、別の方法で実現します。

  • 通常の方法で、目的のOfficeバージョンを完全にダウンロードし、コンピューターにインストールします。
  • EaseUS Todo PCTransでPCのストレージから目的の場所にインストール全体を転送します。
  • 転送後、PC/ノートPCのOfficeをアンインストールしないでください。そのままでOK!(パソコンでアンインストールしてしまうと、Officeは起動できなくなります)
  • 結局、外付けドライブをパソコンに接続することで、必要な時にOfficeアプリケーションを開いて実行することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

PCから外付けハードディスク/USBドライブへのOffice転送を開始する方法

まず、EaseUS Todo PCTransをダウンロードし、インストールします。(MicrosoftOfficeがインストールされているPCでダウンロードボタンをクリックします。EaseUSの転送ソフトはとても軽くて小さいです。数秒ですぐにインストールできます)

そして、MS Officeを外部記憶装置に移動させます。

ステップ1.EaseUS Todo PCTransを立ち上げ、[アプリの移行]を選択して、メイン画面の[スタート]をクリックします。

EaseUS Todo PCTransでアプリを移行する1

ステップ2.EaseUS Todo PCTransは、互換性のあるプログラムがすべて自動的にスキャンされ、表示されます。

  • インストール先を変更したいプログラムを見つけて選択します。
  • 三角形のアイコンをクリックして、プログラムの移行先を選択します。

EaseUS Todo PCTransでアプリを移行する2

ステップ3.[転送]をクリックして、プログラムのインストール先の変更を開始します。

EaseUS Todo PCTransでアプリを移行する3

マイクロソフトのインストール先を管理するための追加ヘルプです。

とにかく、ダウンロードファイルをポータブルドライブにコピーするために、安易にOffice転送をしないことです。レジストリのコンポーネントを移動できないのでうまくいきません。

EaseUS Todo PCTransは、ネットワーク接続とイメージファイルを使用して、複数のコンピュータ間でアプリケーション、ファイルやフォルダ、さらにはユーザーアカウントなどを転送する際に、より多くのことを行うことができます。Officeを好きな場所に配置するための他の可能な方法に興味がある場合は、より多くのチュートリアルをクリックしてください。

方法 内容  
ラップトップの間でOffice 2010/2013を転送する方法 この記事では、Todo PCTransという使いやすい移行ソフトを使ってラップトップの間でMicrosoft Officeを転送する方法を皆さんに紹介します。 詳しくは
Microsoft Officeを別のドライブに移動させる方法 ハードドライブの容量を気にすることなく、Microsoft Officeの場所を変更します。 詳しくは
MS Officeをラップトップからペンドライブ/USBにコピーする この記事では、PC転送ソフトを使用して、USBフラッシュドライブの有無にかかわらず、あるコンピュータから別のコンピュータにMicrosoft Officeをコピーする方法を説明します。 詳しくは

よくある質問

1.USBからMicrosoft Officeを実行することは可能ですか?

はい、USB上でMicrosoft Officeを実行することができます。まず、Microsoft OfficeをUSBにコピーし、その後USBからOfficeアプリケーションを実行する必要があります。

2. 外付けハードドライブにMicrosoftをインストールすることは可能ですか?

外付けハードドライブにOfficeをインストールすることはできません。Officeは、WindowsがインストールされているローカルディスクのCドライブにあるプログラムファイルフォルダ、またはWindows x86にのみインストールできます。プログラムを実行するには.dllファイルが必要です。Microsoftを外部ハードドライブに移動したい場合は、Windowsをインストールした後に専門の転送ツールを使用することができます。

3.Microsoftを外部ハードドライブに移動する方法は?

Microsoftはレジストリエントリと共にWindowsにインストールされます。レジストリを含むソフトウェアを移行したい場合は、専門のツール - EaseUS Todo PCTransを使用します。

  • EaseUS Todo PCTransをダウンロードして起動します。
  • 外部PCを接続し、APP移行の転送モードを選択します。
  • Microsoft Officeを選択し、外部ドライブへのパスを設定します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>