> How to Use > PC引越し > インターネット経由で大容量ファイルをすばやく転送する方法

インターネット経由で大容量ファイルをすばやく転送する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月12日に更新

概要:

定期的に大容量ファイルを転送する場合は、SCPやFTPなどのファイル転送プロトコルを利用すると、簡単なことになります。この記事に従って、ファイル転送について知りましょう!

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

ローカルまたはインターネットを介して、あるシステムから別のシステムにファイルを転送するソフトウェアがあります。そういうファイル転送ソフトは、Webサーバーからデータを転送および取得するために広く使用されています。FTPプロトコルも利用できますが、ファイル転送ソフトウェアのほうが好まれています。

無料のファイル転送ソフトで大容量ファイルを移行

複雑性を軽減し、コストを抑えながら、多数のPCを導入したい企業の場合、EaseUS Todo PCTrans Freeというファイル転送ソフトの使用をお勧めします。複雑なストレージ管理機能をすべて整合し、IT管理を簡素化します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

プログラム、データや設定をインストール、転送、および構成するたびに、エンドユーザーの待ち時間が大幅に短縮されます。最も重要なことは、EaseUSが無料のテクニカルサポートを提供していることです。

この転送サービスを使用すると、画像、音楽、映画を順調にダウンロードできます。さらに、アプリケーションを異なるコンピューターに安全に移動することもできます。

主な機能:

EaseUSは、データ移行業界の中で、その使いやすさと有効性によって圧倒的な存在感を持っています。このワンクリックのPC引越しプログラムは、データを失うことなく、PCからPCへのファイル転送を自動化します。その豊富多彩な機能について、詳しく見てみましょう!

ファイル転送-大容量ファイルを数分で転送

ファイル転送-大容量ファイルを数分で転送

この大容量ファイルを数分で転送できる機能を使用すると、アプリケーションとデータ情報を移動し、ディレクトリからファイルを選択することができます。選択された転送したいファイルは新しいコンピューターに自動的にダウンロードされます。

アプリの移行-ローカルドライブ間でアプリの保存先を変更

アプリの移行-ローカルドライブ間でアプリの保存先を変更

もう1つの機能は、システムからシステムにアプリケーションを転送できるようにするアプリ移行オプションです。さらに、システムの全体的なメモリを大幅に改善するために、ファイルを何度もダウンロードしてインストールする必要はありません。その上、速度が向上し、発生した可能性のある遅延が減少します。

データレスキュー-損傷したPCからファイル、アプリ、設定を取り戻す

データレスキュー-損傷したPCからファイル、アプリ、設定を取り戻す

データレスキューは次の条件下でもデータを復元できます。

  • PCが起動しないか、ハードウェア障害(マザーボードの損傷、グラフィックスカード、モニターなど)が発生している
  • PCが正常に動作しない、Windowsファイルを読み込めない
  • PCに修復できないWindowsエラーがあり、新しいシステムに切り替えたい

Microsoftアカウントの転送をサポート

EaseUS Todo PCTransは、プラットフォームの間でMicrosoftアカウントを転送することもサポートしています。システムからシステムに移行する際、新しいMicrosoftアカウントを作成する必要はありません。

様々なWindows OSに対応: Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019

Windows 7/8/XP/Vistaや現在のWindows11オペレーティングシステムと互換性があり、あらゆる種類のドキュメント、アプリ、および構成とともにデータを移行できます。

EaseUS Todo PCTransの使い方

PCからPCへの転送は、同じLANに接続されている2台のPCの間でデータを転送できます。または、イメージファイルを手動で転送することもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

インターネット経由では、外部デバイスも必要なく、最速かつ最簡単で転送プロセスを完了できます。初心者のユーザーにとって非常に使いやすいツールです。

Windows 10から最新のWindows 11に移行するユーザーの場合、EaseUS Todo PCTrans Professionalはそんなに必要なものではないかもしれませんが、古いバージョンのWindows間での転送を目指す人の場合、利用価値が十分あります。

Step 1:PC引越しを実行するには、2台のPCが同じネットワークに接続してソフトを同時に実行する必要があります。それから、移行元のPCで「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

PC引越しステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

PC引越しステップ2

ご案内:「認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

PC引越しステップ3

Step 3:引越ししたいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

PC引越しステップ4

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、PC引越しのプロセスが始まります。

PC引越しステップ5

FTP経由で巨大サイズのファイルを移動(ファイル転送プロトコル)

FTP(ファイル転送プロトコル)はサーバー間だけでなくFTPクライアント間でもデータを転送するためのTCP/IPプロトコルです。主に大容量ファイルの転送のために作成されたFTPプロトコルを利用するには、FTPクライアントが必要です。

FTP経由で巨大サイズのファイルを移動1

操作手順:

1.ローカルシステムのソースディレクトリに移動します。

FTP経由で巨大サイズのファイルを移動2

2.FTPコマンドを入力するディレクトリは、ローカルの作業場所だそうですから、このような操作の宛先フォルダーです。

3.FTP接続を確立します。

FTP経由で巨大サイズのファイルを移動3

4.ftp> cd target-directoryコマンドを使用して、同じターゲットディレクトリに移動します。

5.オートマウンターが使用されている場合、リモートシステムのユーザーのブラウザディレクトリがユーザーの隣の/homeの下に表示されます。

6.宛先ディレクトリに書き込むためのアクセス権があるかどうかを確認します:ftp>target-directory

7.転送モードをバイナリに変更します:binary ftp>

8.putコマンドを使用して、単一のファイルをコピーします:ftp> enter filename

9.putコマンドを使用して、複数のファイルタイプを一度に複製します:put filename [filename...] ftp>

10.個々のファイルタイトルのリストを提供し、ワイルドカード文字を使用できます。すべてのファイルは、putコマンドを使用して個別にコピーされます。このコマンドは、毎回承認を求めるプロンプトを表示します。

11.byeと入力して、FTP接続を終了します:ftp>bye

SCPで大容量ファイルを転送

SCP/SFTPは、大容量ファイルを転送するための最適なオプションではないかもしれません。仮想コンピューター間で巨大なサイズのファイルを移動するためのソリューションをお探しの場合、データの転送中に複数のストリームを処理し、パフォーマンスを向上させる転送ツールが利用可能です。ファイル転送プログラムはほとんどシングルスレッドですから、特定のセッションに制限されています。

また、デジタルネットワークインフラストラクチャのCPUにも接続されています。これにより、使用量は約36MBに保たれます。多くのパスと接続を備えた転送ツールを使用するなど、帯域幅を増やすことができます。

ファイルまたはフォルダーをローカルマシンからリモートマシンに移動するための構文:

  • SCP [file_path] [user]@[remote_host]:[remote_dir]
  • SCP -r [local_dir] [user]@[remote_host]:[remote_dir]

リモートサーバーからローカルシステムにデータを転送するための構文:

  • scp [user]@[remote_host]:[remote_file_path] [local_dir]
  • scp -r [user]@[remote_host]:[remote_dir] [local_dir]

パスワードが必要な2つのリモートサーバー間でファイルを移行するための構文:

  • scp [user]@[remote_host]:[remote_file_path] [user]@[remote_host]:[remote_dir]

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>