> How to Use > Macファイル復元 > Macのストレージにある「その他」とは何か、それをクリアする方法

Macのストレージにある「その他」とは何か、それをクリアする方法

Shawty
更新者:Shawty 2023/12/22
   

概要:

Macのコンピュータで確認すると、「ストレージ」タブに「その他」という項目があることがわかります。この「その他」という項目は、通常、少なくとも数GBの容量を占有しています。しかし、それは何なのでしょうか?そして、どうすれば削除できるのでしょうか?この記事では、その答えをお伝えします。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

コンピュータのディスク容量は、特にMacコンピュータを使用する場合、貴重です。MacBook Proを例にとると、ストレージ容量は128GBから2TBまであります。2TBというとかなりの容量に聞こえますが、Macで動画を編集することが多いと、これだけの容量があってもすぐにいっぱいになってしまいます。

Macのストレージの状態を確認すると、「その他」という項目があることに気づきます。この項目は通常、少なくとも数GBの容量を占め、Macの空き容量を確保するために、この項目が何なのか、どのようにクリアすればいいのか疑問に思うことでしょう。この記事では、「その他」カテゴリのファイルが何であるか、そして不要なデータを安全に削除する方法について説明します。

私のマックにあるもう一つは何ですか

「その他」カテゴリーに含まれるもの

Macの「その他」カテゴリには、主に以下のファイルがあります:

  • .pdf .doc .psdを含むすべてのドキュメント。
  • .zip .dmg .isoを含むすべての圧縮ファイルおよびディスクイメージ。
  • すべてのユーザーデータと、Systemフォルダー、キャッシュフォルダーを含むすべてのシステムファイル
  • OS Xにとって奇妙な.exe拡張子を含む、Spotlightが認識しないすべてのファイル
  • OS X標準フォーマットでないすべてのビデオおよびオーディオファイル
  • すべてのアプリケーションのプラグインとエクステンション
  • iTunesのすべてのバックアップファイル

一般的に、これらのファイルはすべてAppleで認識できないものです。例えば、音楽や写真、ムービーファイルなどはMacで簡単に認識できますが、AEやPSを使った後のプロジェクトファイルは認識されません。Macでは認識され、「その他」のカテゴリーに入ります。

「その他」カテゴリの内容は既にご存知の通りですので、Macが認識できないファイルの他に、キャッシュファイル、iTunesのバックアップファイル、不要なアプリケーションを削除する必要があります。以下のパートでは、これらのファイルを1つずつ削除する方法をお伝えします。

1.Macでキャッシュファイルをクリアする方法

キャッシュファイルがハードドライブ上の多くのスペースを占めることは間違いありません。Macでアプリのキャッシュファイルを削除するのは有害なのか、と誰かが尋ねるでしょう。答えはノーです。キャッシュをクリアすることで、多くのスペースを節約することができます。キャッシュは、次回アプリを開くときに自動的に生成されます。しかし、めったに使わないアプリや使わないであろうアプリのキャッシュは削除されます。では、以下の手順でMacのキャッシュファイルをクリアしてください。

ステップ1.Finderを開き、Shift + Command + Gを同時に押して、「フォルダへ移動」ウィンドウを開きます。

ステップ2.「フォルダへ移動」ウィンドウに「~/Library/Caches」と入力し、「Go」を押します。

ステップ3.これで、アクティブなアプリケーションから保存されたキャッシュのリストが表示されます。キャッシュを削除したいプログラムフォルダを選択します。右クリックまたはcontrolキーを押しながらクリックします。メニューで、「ゴミ箱に移動」を選択します。この作業をすべてのアプリケーションについて繰り返します。

Macでキャッシュファイルをクリアする

2.MacでiTunesのバックアップファイルを消去する方法

iOSのバックアップデータは、iPhoneやiPadのバックアップが数ギガバイトになることが多いため、「その他」のファイルの中で最も大きな部分を占めており、これらのファイルをクリーンアップすることは非常に重要です。

まず、Macでバックアップデータを削除した後、iCloudへの影響を心配しないでください。iCloudはバックアップファイルをクラウドに保存し、Macはバックアップファイルをローカルストレージに保存しています。ローカルデータを削除した後、必要なときにクラウドから復元することができます。以下は、MacでiTunesのバックアップファイルを削除する詳細な手順です。

ステップ1.Finderを開き、Shift + Command + Gを同時に押して、「フォルダへ移動」ウィンドウを開きます。

ステップ2.「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」と入力し、Goを押す。

ステップ3.iPhoneやiPadのiTunesバックアップが表示され、不要なものを削除してMacの空き容量を確保します。

MacでiTunesのバックアップファイルを消去する

3.不要なアプリケーションを消去する方法

一般的に、ユーザーは不要なアプリケーションをゴミ箱にドラッグして削除します。しかし、この方法では、冗長なファイルを削除することはできません。ログファイルやキャッシュファイルをすべて削除したい場合は、Macをクリーンアップするサードパーティツールを選択する必要があります。CleanMyMac X、MacCleaner 2 Pro、Daisy Diskなど、おすすめのソフトがたくさんありますので、自分に合ったものを選んでください。

関連記事

【対処法】USBフラッシュドライブがMacに表示されない…

このページでは、基本的にMacで表示されないUSBのためのすべての対処法をカバーし、また、Macで表示されない外付けハードドライブ、Macで表示されないフラッシュドライブ、Macで表示されないSDカードなどのような他のストレージデバイスにも適用されます。主な内容をざっと見て、最も興味のある部分に直接ジャンプできます。

MacでUSBが表示されない

ボーナスのヒント誤って削除されたファイルを復元する

Macのファイルをクリーンアップする過程で、特に手動でファイルをクリーンアップする場合、予期せぬ事態が発生することがあります。誤って重要なファイルを削除してしまうかもしれませんが、特定のソフトウェアを起動する際にトラブルが発生した場合にのみ気づくことができます。このような状況では、データ復元ソフトに助けを求めるのが最善の解決策です。

そのようなツールの1つがEaseUS Data Recovery Wizard for Macです。このツールは、Macユーザーが最も簡単な方法で失われたファイルやデータを取り戻すことができるように設計されています。ユーザーは3つのステップを踏むだけで、徹底したデータ復元を行うことができます。

以下のボタンからソフトをダウンロードし、ガイドに従って、Macで失われたファイルを復元する方法をご覧ください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

まとめ

結論として、Macの「その他」カテゴリには、通常、Appleが認識できないファイル、キャッシュファイル、およびiTunesバックアップファイルが格納されています。Macのディスクスペースを空けたい場合は、上記の手順で「その他」に保存されているキャッシュファイルやiTunesのバックアップファイルを削除することができます。

さらに、誤って重要なファイルを削除してしまった場合、EaseUS Data Recovery Wizard for Macを試して、失われたファイルを取り戻すことができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。