> How to Use > Macファイル復元 > Macで未保存のPowerPointファイルを回復する方法

Macで未保存のPowerPointファイルを回復する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

WuYanG | カテゴリ: Macファイル復元 | 2023年05月08日に更新

概要:

Macで未保存のPowerPointファイルを回復できる方法をお探しですか?EaseUSが解決策を提供します。未保存のPowerPointファイル、Macファイル回復、PowerPointデータ復旧に関する効率的な手順を学びましょう。データ損失の問題を解決し、大切なプレゼンテーションを取り戻します。今すぐお試しいただけます!

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

Microsoft Officeは、世界中で最も人気のあるオフィスソフトかもしれません。そのため、すべてのOfficeファイルは、ユーザーにとって極めて重要です。もし、あなたの重要なOfficeファイルが紛失してしまったらどうしますか?復元する方法はあるのでしょうか?今回は、Macで保存されていないPowerPoint 2016ファイルに注目し、3つの方法で保存されていないファイルを復元する方法を紹介します。

お知らせ:この記事で紹介した方法はすべて、以前にコンピュータに保存された文書にのみ適用されます。新しいPowerPointファイルを作成しても、それをコンピュータに保存しなかった場合、未保存の内容を回復することはできません。

方法1.自動保存から未保存のPowerPoint 2016ファイルを復元する

マイクロソフト自身もユーザーのデータを大切にしているので、オートセーブという素晴らしい機能を開発しました。この機能は、定期的に自動的に一時的なPowerPointのコピーを保存することになり、それはデフォルトでオンになっています。だから、PowerPointドキュメントを編集するときに突然の停電が発生した場合、保存されていないファイルを回復できるかどうかを確認するために、まず一時的なコピーを検索します。ここでは、Macで失われたPowerPoint 2016ドキュメントを取得するための詳細な手順があります。

ステップ1.Macのデスクトップで、「移動」→「フォルダに移動」と進みます。

ステップ2.AutoSaveフォルダのパスを入力します。

ステップ3.保存していないPowerPoint文書が見つかるかどうか確認してください。

ステップ4.失われたPowerPointファイルをデスクトップにコピーし、名前を変更します。その後、PowerPoint 2016で開く。

自動保存フォルダーパス

Officeのバージョンが異なると、MacのAutoSaveフォルダの場所が異なります:

Office 2016 & 2018用です:

/Users/Library/Containers/com.Microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

Office 2011の場合:

/Users/username/Library/Application Support/ Microsoft/Office/Office 2011 AutoRecovery

Office 2008の場合:

/Users/username/Library/Application Support/ Microsoft/Office/Office 2008 AutoRecovery

MacでPowerPointの自動保存を確認する方法

自動保存機能はデフォルトでオンになっていることをお伝えしましたが、プログラムによっては予告なくこの機能を無効にしている可能性があります。ここでは、PowerPointの環境設定を変更する方法を紹介します。

ステップ1.MacでPowerPointを起動し、「プリファレンス」を開きます。

ステップ2.「保存」に進みます。「AutoRecovery info every x minutes」の前のボックスにチェックが入っていれば、オートセーブ機能が有効になっています。そうでない場合は、チェックを入れることでオンにすることができます。

ステップ3.この環境設定で、他の設定を変更することもできます。

Mac PowerPointの環境設定

方法2.Macで保存されていないPowerPoint 2016をテンポラリフォルダから復元する

自動保存フォルダで失われたPowerPointファイルが見つからない場合は、コンピュータのTempフォルダを検索してみるのもよいでしょう。Tempフォルダは、コンピュータ上のPowerPointの特定の起動設定とキャッシュデータを保存するために使用されます。あなたの未保存のPPTファイルは、その中にキャッシュデータとして保存されている可能性があります。以下のガイドに従って、Tempフォルダーからデータを復元してください。

ステップ1.「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開き、「ターミナル」をダブルクリックします。

ステップ2.ターミナルで、open $TMPPDIRと入力すると、一時的にファイルを保存するためのTMPフォルダに移動します。

TMPDIRを入力

ステップ3.「TemporaryItems」フォルダを探し、開く。このフォルダの中で、目的の未保存のPowerPointファイルを右クリックし、「Microsoft PowerPointで開く」を選択します。

テンポラリーアイテムを検索して開く

ステップ4.PPTファイルを別の場所に保存する。

方法3.EaseUS Data RecoveryでMacで保存されていないPowerPointを復元する

上記の2つの方法の両方があなたを助けることができない場合は、サードパーティ製のデータ復旧ソフトウェアはあなたの最後の手段です。データ復元ソフトウェアは、保存されていないPPT文書として、コンピュータ上のすべての失われたファイルやコンテンツを見つけるために深く掘り下げます。

ここでは、EaseUS Data Recovery Wizard for Macをお勧めします。Macのデータ復旧に集中するプロフェッショナルなデータ復旧ツールです。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macを選ぶ理由:

  • Macで保存されていないWord文書の復元に加え、Excel、PowerPoint、iWorkなどの復元もサポートします。
  • ゴミ箱を空にした状態でも、削除されたファイルを復元することが可能です。
  • 実際の復元前に、復元可能なファイルをプレビューすることが可能です。
  • 100%安全で信頼できる認可された機関によって承認されています。

では、EaseUS Data Recovery for Macをダウンロードし、以下の手順に従って、Macで保存されていないPPTドキュメントを復元する方法をご覧ください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

関連文章:Macで未保存のWord文書を回復する方法

ためらわないでください!保存されていないPowerPoint 2016を今すぐ復元する

この記事では、我々は、ユーザーが戻って保存されていないPowerPointドキュメントを見つけるために、すべての可能な方法をカバーしています。ファイルを紛失しても慌てずに、まずAutoSaveとTempフォルダをチェックしてください。この2つのフォルダの両方に必要なものが見つからない場合、EaseUS Data Recovery Wizard for Macが最後の希望となります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。