> How to Use > Macファイル復元 > Macでテキストエディットファイルを復元する方法

Macでテキストエディットファイルを復元する方法

2015-10-22 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
間違って『テキストエディット』で作成した「RTF」「TXT」ファイルを削除してしまったら、復元することができますか?まず、「ゴミ箱」や「Spotlight」で失われたファイルを検索してください。「ゴミ箱」や「Spotlight」で見つからないなら、ファイルがパソコンから完全消去されてしまい、もう復元が不可能です。でも、心配する必要がありません。Mac用のデータ復元ソフトは、完全消去したテキストエディットファイルを迅速に復元することができます。

Macの『テキストエディット』について

Mac OS Xに標準で搭載される「テキストエディット」は、文書の下書きをしたり、メモを取るや資料を作成するときによく使われます。見た目はWindows上のメモ帳と同じシンプルなテキスト編集アプリですが、スペル修正、画像、音楽、ムービーファイルの貼り付け、ハイパーリンクの他、表作成もサポートしています。テキスト書類を作成する一番快適で使いやすいツールと思います。

Macのテキストエディット

「テキストエディット」は初期状態では、作成したファイルが「RTF」形式で保存されます。「RTF」形式は文書ファイルフォーマットの一種で、「テキストエディット」だけではなく、他の多くのワープロソフトでもで読み書きが可能です。「環境設定」>「フォーマット」>「標準フォーマット」でテキストエディットのファイルをTXT形式に設定することができます。

『テキストエディット』で作成したファイルの復元方法

間違って『テキストエディット』で作成した「RTF」「TXT」ファイルを削除してしまったら、復元することができますか?まず、「ゴミ箱」や「Spotlight」で失われたファイルを検索してください。「ゴミ箱」や「Spotlight」で見つからないなら、ファイルがパソコンから完全消去されてしまい、もう復元が不可能です。

でも、心配する必要がありません。Mac用のデータ復元ソフトは、完全消去したテキストエディットファイルを迅速に復元することができます。次は『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』という高機能のMacデータ復元ソフトを使って、テキストエディットのファイル簡単に復活させる方法を紹介します。

『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』の動作環境と機能紹介

動作環境:Mac OS X 10.14 (Mojave) ~ 10.6 (Snow Leopard)

対応ファイルシステム:HFS+、HFS X、FAT (FAT16とFAT32)、exFAT、NTFS

対応ドキュメントファイル形式:DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT(PPT/PPTX )、PDF、CWK、HTML(HTM)、INDD、EPS、PAGES、KEY、NUMBERS、VSD、ODT、ODP、ODS、ODG、ODF、RTF、PLIST、TAX、MATなど

このソフトについての詳しい情報は、Macデータリカバリの紹介ページをご参照ください。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Macでテキストエディットファイルを復元する手順

Step 1.ソフトを実行して、初めの画面でファイルが保存されていた場所を選んでください。それから、スキャンし始めます。

Macでテキストエディットファイルを復元する手順1

Step 2.スキャンが終わった後、検出されたファイルをご確認ください。

Macでテキストエディットファイルを復元する手順2

Step 3.復元したいファイルをプレビューして、選択します。最後に、「今すぐ復元」をクリックしてください。

Macでテキストエディットファイルを復元する手順3

下記ボタンから『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』をダウンロードして、テキストエディットのファイルをすぐに復元しましょう!

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能