> How to Use > Macファイル復元 > Macで紛失したPPTファイルを復旧する方法

Macで紛失したPPTファイルを復旧する方法

2016-06-24 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
マイクロPowerPoint(PPT)が仕事中によく使われているソフトです。特に発表、問い合わせなどの場合には利用されることが多いです。もしMac環境でPPTファイルが紛失したら、どうすれば大事なPPTを復旧できるでしょうか?このページでその方法を紹介します。

MacでのPPTファイルが紛失された

職場の皆さんは、マイクロPowerPoint(PPT)を使うことが多いでしょう。例え会議のとき、PPTで内容を展示するのは実に一目瞭然です。そんな大事なPPTファイルが紛失されたら、きっと大変でしょう。何か失くしたPPTファイルを復旧できる方法があるでしょうか。心配しないで、今日はMacで紛失したPPTファイルを復旧する方法を皆さんに紹介します。

5ステップでMacでPPTファイルを取り戻す

MacでPPTを作成する時に、複製・貼り付けの内容が比較的に多いので、ソフトがクラッシュしたりする場合は多いです。このように、長時間をかけて作成出来た成果は全部なくなる場合はどうしたらいいですか。ここでは5ステップによって保存しなかったpptファイルを取り戻す方法を紹介します。

  1. 1.finderを開きます。
  2. 2.command + shift + gといった3つのキーを同時に押すことでファイルパスの入力ボックスを開きます。
  3. 3.入力ボックスで「~/Library/Containers/com.microsoft.PowerPoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery/」を入力します。
  4. 4.エンターキーを押したら、PPTの自動保存フォルダーを開きます。
  5. 5.このフォルダーにあるファイルの拡張子を「ppt」「pptx」に変更したら、未保存のファイルを取り戻します。
  6.  

この方法は、自動保存が機能がオンにしていて、ファイルがまだ保存されていない時にのみ役に立ちます。そうではない場合は、自動保存のフォルダーにファイルがないこととなります。それでは、作成・保存済みのPPTファイルがなくなった場合、どうすれば復元すればいいですか。下記の内容を読み続けてください。

Macで紛失したPPTファイルを復旧できるソフト

EaseUS Data Recovery Wizard for MacMac向けのデータ復旧ソフトです。画像、ドキュメント、ビデオ、音楽などあらゆるのファイル種類に対応できて、復旧できます。macデータ復旧したいなら必ずお役に立ちます。では、どうやってソフトを利用して、紛失したPPTを復旧でしょうか。実際にやってみましょう。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

PPTファイルを復旧する操作ガイド

1.EaseUS Data Recovery Wizard for MacをMacパソコンにダウンロードし、実行します。

2.PPTが保存されていた場所を選択し、「スキャン」をクリックします。

Macで紛失したPPTファイルを復旧する方法step2

3.その後、このソフトでクイックスキャンとディープスキャンが自動的に行われます。

Macで紛失したPPTファイルを復旧する方法step3

4.スキャンが終わると、すべての復元可能なファイルがウィンドウに表示されます。復元したいPPTファイルを選択して、パソコンに保存しましょう。