> How to Use > Macファイル復元 > Macで誤って削除したファイルを復旧するフリーソフト

Macで誤って削除したファイルを復旧するフリーソフト

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: Macファイル復元 | 2021年03月16日に更新

概要:

削除したファイルは上書きされていない限り、ディスクに残っていますので、ファイル復元プログラムはファイルを再認識させて、復元することができます。高機能のMacデータ復元のフリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeは3つの簡単なステップでMacから削除したファイルを取り戻せます。以下はこのソフトの使い方を詳しくご紹介します。

 

Macで間違って削除したファイルについて

Macパソコンで画像、動画、ドキュメントなど大切なファイルを誤って完全に削除してしまい、またはゴミ箱からファイルを削除してしまったら、復元する方法がありますか?本文では、Macで削除したデータを復元する対策を皆さんに紹介します。

データ復旧ソフトTime machineを用いてファイルを復元する方法を紹介するので、適切な方法を自分で選択しましょう。

Macファイル復旧ツールで削除したファイルを無料で復元

バックアップを取っていない場合、もう一つの方法でファイルを復元できます。Mac用のファイル復元ソフトは消したファイルをディスクから取り戻せます。削除したファイルは上書きされていない限り、ディスクに残っていますので、ファイル復元プログラムはファイルを再認識させて、復旧することができます。高機能のMacデータ復元のフリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard for Macは3つの簡単なステップでMacから削除したファイルを取り戻せます。以下はこのソフトの使い方を詳しくご紹介します。

Mac用データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • Macからデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • Macに接続するあらゆる記憶媒体(SDカード、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど)からもデータ復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Mac OS X 10.6~10.15

Macで誤って削除したファイルを復旧する手順

  • 1.EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeを実行して、ファイルが保存されていた場所を選択します。それから、スキャンし始めます。

1.復元したいファイルの保存場所を選択

  • 2.スキャンが完了した後、検出されたファイルがパス、種類によって表示されています。

2.クイックスキャンとディープスキャンを行う

  • 3.最後に、復元したいファイルをチェックしてから、【今すぐ復元】ボタンを押して保存します。

3.今すぐ復元

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeは2GBまでファイルを無料で復元できます。2GB以上のファイルを復元したい場合、Data Recovery Wizardの有料版を購入することができます。

Time Machineを用いてMacで削除したファイルを復元

MacのTime Machine機能を利用すると、バックアップファイルから特定のファイルの復元とHDDを丸ごと復元することが可能です。下記は、その2つの方法を別々に紹介するので、あまり詳しくない方は是非ご参照ください。(以下の内容は、Appleの公式サイトを参照して作成)

Time Machine バックアップから特定のファイルを復元する

1. 復元したいファイルの元の保存場所を開きます。例えば、

  • 書類」フォルダから間違えて削除してしまったファイルを復元するには、「書類」フォルダを開きます。
  • メールメッセージを復元するには、メールの受信ボックスを開きます。
  • 書類の編集中に自動的にバージョンを保存してくれる App を使っている場合は、書類を開いて、その書類の過去のバージョンを Time Machine で復元できます。

2. Time Machineで特定のファイルを復元する手順

Time Machine メニューで「Time Machine に入る」を選択するか、DockTime Machine をクリックします。下記の画像は、Time Machine で「書類」フォルダを表示しています。

time machine

3. 復元したいファイルを探します。

  • 画面の端にあるタイムラインを使って、特定の日時の Time Machine バックアップに入っているファイルを確認できます。タイムラインにはローカルスナップショットが含まれる場合があります。
  • 画面上の上下の矢印を使って、ウィンドウのコンテンツが前回変更された時点までジャンプできます。また、ウインドウの検索フィールドを使ってファイルを探し、そのファイルに対する変更に着目しながら、時間を遡ることもできます。
  • ファイルを選択してスペースバーを押すと、プレビューが表示されるので、目的のファイルかどうかを確認します。 

4. 「復元」をクリックして、選択したファイルを復元するか、「control」キーを押しながらファイルをクリックして、その他のオプションを表示します。

Time Machine バックアップの中身を丸ごと復元する

Mac を丸ごと全部復元するには、macOS 復元の「Time Machine バックアップから復元」ユーティリティを使います。復元対象のディスクはまず消去され、その後、Time Machine バックアップから macOS やその他のコンテンツが転送されます。

ファイル、設定情報、ユーザアカウントをコピーするだけなら、移行アシスタントを使ってください。

Time MachineでHDDをバックアップしたことがあるのなら、もちろん復元はカンタンでした。しかし、バックアップがない場合、Macで削除したファイルが本当に復元できない状態になるのでしょうか?実は、そうでもありません。

補充:Macで置き換えたファイルの復元

 [既存のファイルと同じファイル名で保存しようとした際、「置き換えますか」という表示が出て、誤って「置き換える」をクリックしてしまったのですが、置き換える前のファイルを復元する方法はありますか?] 

これは、Apple コミュニティで出た疑問です。多くのユーザーは多分同じ悩みを持っているかもしれません。実は、「置き換える」は新しいファイが作れるわけではなく、既存のファイルに新しいデータを書き込むことです。そこで、一般的には復元
できません。しかし、MacのTime Machineのバックアップ機能を事前に利用した場合は、復元できるかもしれません。また、もうひとつ方法では、上記の内容で消化したデータ復元フリーソフトーEaseUS Data Recovery Wizardをお勧めます。この高機能のフリーソフトは、置き換えたファイルを簡単に復元できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。