> How to Use > Macファイル復元 > Macで削除されたiPhotoライブラリを回復する方法

Macで削除されたiPhotoライブラリを回復する方法

WuYanG
更新者:WuYanG 2023/12/22
   

概要:

Macで誤って削除されたiPhotoライブラリを回復する方法を学びましょう。EaseUSデータ復旧ソフトウェアを使用して、フォーマット、ウイルス感染、アプリケーションクラッシュなどの様々なデータ消失シナリオで効率的にiPhotoライブラリを復元できます。この記事では、削除されたiPhotoライブラリの回復手順を段階的に詳しく解説しています。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

誤って削除したiPhotoライブラリをMacで復元するにはどうすればよいですか?

「Macで削除されたiPhotoライブラリを復元するにはどうすればよいですか?何か提案や指導が欲しいです。数日前に誤ってiPhotoライブラリをゴミ箱に消してしまい、しっかりゴミ箱を空にしていたので、とてもバカみたいです...。

私の友人は、Time Machineから削除されたiPhotoライブラリを復元することができると私に言いました。しかし、私は完全に私のMacでこのアプリを使用する方法を理解していません。どなたか、ゴミ箱からしっかり空にした削除されたiPhotoライブラリから失われた写真を取り戻すのに役立つ+Time Machineを起動するためのガイダンスを教えていただけませんか?私はそれらの写真を取り戻す必要があります。」

Appleのサポートコミュニティによると、ユーザーがiPhotoライブラリを削除した場合、失われた写真やアプリ自体を復元するチャンスがまだあるそうです。iPhotoライブラリを誤って削除した後、失われた写真を効果的に復元する方法が記載されています。(以下の方法は、最新のMacコンピュータで削除された写真と写真ライブラリを復元し、新しいmacOSをインストールして復元するために適用することもできます。)

Part 1.Mac で削除された iPhoto ライブラリを復元

データは常にアプリやハードウェアよりも重要であることを理解するのは簡単です。ですから、Mac で iPhoto ライブラリを削除した後の最初のステップは、失われた写真を復元することです。そして、最良の方法は、ゴミ箱から復元することではありません。

大抵、Appleのサポートコミュニティによると、MacからiPhotoライブラリを削除した場合、ゴミ箱から写真を復元する可能性は非常に小さいです。ここでは、あなたが従うことができる2つの方法とMac上で写真と削除されたiPhotoライブラリを復元します。

方法1.Time Machineを使わずにMacで削除されたiPhoto Libraryの写真を復元

Time Machineが起動しておらず、iPhoto Libraryを削除した後にゴミ箱をしっかり空にした場合、Time MachineからMacの削除された復元を実行することは不可能です。TMからMacの削除されたiPhotoライブラリを復元できない場合、EaseUS Data Recovery Wizard for Macを試してみるとよいでしょう。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

EaseUS Macデータ復元ソフトは、簡単なクリック操作で削除されたiPhotoライブラリを含む複数の種類のファイルを復元することができます。すべてのデータ損失のケースで最も堅牢な回復能力を提供することができます。今なら試用版を無料でダウンロードし、何が復元できるかを評価することができます。

キープノーツ:

  • 1.本ソフトウェアは試用版であり、支払いなしですべての失われた写真をスキャンし、プレビューするために使用することができます。このソフトウェアが本当に機能することを確認した後、失われた写真を復元するためにお金を払うことができます。
  • 2.予期せぬデータ損失を避けるため、以下の写真復元プロセスを実行した後、すぐにTime Machineの使用と有用なファイルのバックアップを開始する必要があります。

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

復元後、削除されたiPhotoライブラリが復元されました。復元された写真を見るには、もう一つ、復元されたiPhotoライブラリをMacのiPhoto Libraryフォルダにインポートする必要があります:

iPhotoを起動 > 「ファイル」 > 「ライブラリに切り替える」 > 復元したiPhotoライブラリを選択 > 「OK」をクリックします。

そこで、再び写真を閲覧し、再利用することができます。

方法2.Time MachineからMacで削除されたiPhoto Libraryの写真を復元

多くのユーザーが知っているように、Time Machineはバックアッププログラムです。iPhoto Libraryを削除した場合、このアプリケーションをMac上で実行すると、削除された写真のバックアップが作成されます。Time Machineアプリケーションを起動して、iPhotoライブラリを削除する前の時間に戻り、削除したiPhotoライブラリを写真で復元することができます:

(これは、失われたフォトライブラリの復元にも有効です。)

ステップ1.Time MachineドライブをMacに接続し、システム環境設定からTime Machineを実行します。

ステップ2.右側のタイムラインをスクロールし、目的のバックアップ(前回バックアップした日付)をクリックします。

ステップ3.iPhotoライブラリのバックアップ(デフォルトでは、iPhotoライブラリは「ホーム/写真/iPhotoライブラリ」フォルダにあります)に移動して、クリックして選択し、「復元」をクリックしてデータを取得します。

MacでiPhotoライブラリを削除した後、Time Machineから失われた写真を復元する。

iPhotoライブラリの復元にかかる時間は、そのサイズに依存します。

その2.MacでiPhotoライブラリを再構築する

写真の復元プロセスが完了しても、復元した写真が iPhoto に表示されない、または iPhoto が Mac で反応しない、動作しないという場合でも、心配は無用です。必要なのは、iPhotoライブラリを再構築することだけです。

もう一つの実用的な方法は、MacコンピュータでiPhotoライブラリを再構築することです。以下はその詳細な手順です:

警告
iPhotoライブラリの再構築のプロセスでは、データが失われる可能性があります。第1回で紹介した方法で失われた写真をすべて復元し、データを外部ストレージデバイスに保存したことを確認してください。

iPhotoライブラリを再構築する手順:

ステップ1.CommandキーとOptionキーを押しながら、iPhotoのアイコンをクリックします。

ステップ2.再構築のオプションを示すダイアログが表示されたら、iPhoto Libraryの再構築のオプションを確認し、「再構築」をクリックして確定します。

削除されたiPhotoライブラリを再構築する。

フォトライブラリーを修復する手順:

Catalina、Mojaveなど最新のmacOSを搭載した新しいMacコンピュータでは、写真ライブラリを修復して、写真アプリケーションをMacで再び使えるようにすることができます。

まとめ

誤ってiPhotoライブラリを削除した後、失われた写真を復元するMacデータ復元ソフトウェア - EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、あらゆるレベルのMacユーザーが適用して試すことができ、簡単かつ効果的です。失われたデータのTime Machineバックアップがない場合、Time MachineのないMacでデータを復元するために適用することも可能です。

削除された iPhoto ライブラリを復元するために提供された 2 つの方法は、失われた iPhoto ライブラリを効果的に復元します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。