> How to Use > Macデータ復元 > Macで「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法

Macで「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/12/22
   
NANA
執筆者:NANA
   

概要:

この記事は、Macでエラーメッセージ、「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法についてです。読み続けて、Mac上でパーミッションが拒否されたのを修正する方法についてもっと学びましょう。

 

Mac OS Xオペレーティングシステムは、MacコンピュータのためのUnixベースのシステムです。今すぐMacは、ファイルのすべての種類を実行し、ターミナルからコマンドのすべての種類を変更します。Macで「アクセスが拒否されました」エラーが表示されると、これらのコマンドは、ターミナルから送信されます。初歩的かつ一般的であるこれらのエラー通知を取得するために多くの理由があります。完全なガイドは、このコンピュータ上のアクセス拒否エラーを削除するには、このページで利用可能になっています。アクセスできないすべてのファイルやフォルダへのアクセスを取得するには、以下に示すすべての手順に従います。

実行可能なソリューション ステップバイステップのトラブルシューティング
1.Macでアクセス権が拒否されるのを修正

方法1.ファイルのアクセス許可を得る...フルステップ

方法2.パーミッションを確認する...フルステップ

方法3.所有者を変更する...フルステップ

方法4.sudocommandsを使用する...フルステップ

方法5.第三者が使用できる権限を設定するフルステップ

2.Macでアクセスできないファイルを復元する

ディスクの場所を選択する(...フルステップ

Macで「アクセスが拒否されました」エラーが表示された

パーミッションデバイスのエラーに直面した場合、画面上にさまざまな種類のメッセージが表示されることがあります。エラーメッセージは異なっていても、意味は同じです。では、いくつかの例を以下に示します。それでは、一つずつ確認していきましょう。

1.Macでファイル、フォルダ、またはディスクの権限が拒否されました - ファイルまたはフォルダを開きたいときに権限が拒否されたエラーの最も可能性の高い理由は、ロックされています。それはあなたが管理者権限を持っていない、またはファイルがロックされるように作成されているためかもしれません。

2.Macでターミナルが拒否される - ターミナルでコマンドを追加すると、多くのことがうまくいきません。このエラーの助けを借りて、他のファイルやそれに記載されているディレクトリを開くつもりはありません。

3.アプリのパーミッションが拒否された ‐オプションが選択され、アプリケーションに関連する機能の使用時に拒否されます。カメラ、マイクを使用できなかったアプリ、ファイルを保存できない、他の人と画面を共有できないなど、許可拒否の問題を配信する非常に一般的なものがあります。

Macで「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法

方法1.Macでファイル、フォルダ、またはディスクのアクセス権を取得する

Macコンピュータで利用できる権限設定があります。その許可の助けを借りて、ユーザーはすべてのファイルやフォルダに権限を割り当てることができますので、それらを表示および変更することができます。それは、要件に応じて変更することができます。あなたは、情報ウィンドウに到達することによって、それを変更することができます。ここでは、Mac上のファイル、フォルダ、またはディスクの権限を取得する手順は次のとおりです。

ステップ1.ディスク上に存在する任意のファイルまたはフォルダを選択し、選択したもののその情報を取得します。

情報オプションをクリックします。

ステップ2.選択した権限がインフォメーションに表示されていない場合は、矢印のマークをクリックします。

ステップ3.その後、ユーザーはロックシンボルをクリックし、ロックを解除するために管理者パスワードとユーザー名を入力することが表示されます。その後、ユーザーは特定のファイルやフォルダから割り当てられたアクセス許可を見ることができます。

ステップ4.名前欄の上をクリックし、メニューで利用可能な特権オプションを選択します。

  • リード&ライト
  • 読み取り専用
  • 書き込みのみ
  • アクセス不可

方法2.アクセス権を確認する

上記のように、「アクセスが拒否されました」エラーが表示される原因として、ファイルへのアクセス権がないことが考えられます。以下の手順で、パーミッションを確認してください。

ステップ1.Macのユーティリティから「ターミナル」を起動します。

ステップ2.コマンドを入力します。Enter: ls -l.Enterボタンを押さずに入力することを確認してください。

ステップ3.ファイルまたはフォルダをターミナルウィンドウにドラッグします。

ステップ4.ここで、Enterボタンを押します。現在のユーザーがアクセスできる特定の権限が画面上に表示されます。

方法3.ディレクトリの所有権を変更する

特定のファイルやフォルダーの所有者を変更する必要があります。そのためには、ターミナルにChownコマンドを入力し、Enterキーを押す必要があります。

Chown -R $USER:$USER /path/to/directoryに移動します。

*/path/to/directoryを書き込み先のパスで変更します。

方法4.Sudoコマンドを使用する

Sudoコマンドは、5分程度、管理者としてコマンドを実行する機能を提供します。Terminalで何度もコマンドを実行して失敗した場合は、元のコマンドの前に「sudo」を追加するだけです。

例えば、こんな感じです。

  • sudo chmod 755 /dvtcolorconvert.rb
  • sudo chmod 755 ~/Themes/ObsidianCode.xccolortheme

方法5.サードパーティアプリの権限を割り当てる

ほとんどの場合、Macはアプリケーションをインストールする際に、すべての許可を渡すようユーザーに注意を促す通知を出します。まれに、サードパーティアプリに自分でパーミッションを与える必要がある場合もあります。以下は、その詳細な手順です。

ステップ1.「セキュリティとプライバシー」を開き、「一般」セクションをクリックします。

ステップ2.ユーザー管理者のユーザー名/パスワードを入力し、編集画面のロックを解除します。

ステップ3.App Storeと特定された開発者が表示されているラジオボタンをすべてマークします。

ステップ4.Lockボタンをクリックし、変更した設定を保存します。

サードパーティアプリに許可を与える

ボーナスチップMacでアクセスできないファイルを復元する

もう一つの方法は、サードパーティのデータ復元ソフトウェアを適用することです。なぜかというと、この種のソフトウェアはコンピュータのディスクをスキャンして深く検索し、すべての失われたデータを見つけることができるからです。データが削除され、隠され、またはRAWになったとしても、それは問題ではありません。

そのような信頼できるツールの一つがEaseUS Data Recovery Wizard for Macです。このソフトウェアの助けを借りて、アクセスできないファイルやフォルダの任意のタイプを復元することができます。これは、直接来る拒否されたエラーのすべてのタイプを修正することはできませんが、あなたがすべての可能な方法を試した後に試すことができる唯一のオプションです。

今すぐEaseUS Data Recovery Wizard for Macをダウンロードし、以下のステップに従って、失ったファイルやアクセスできないファイルを探しましょう。

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

まとめ

この記事では、Macの「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法を詳細に説明しました。与えられた方法を一つずつ実行すれば、自分で問題を解決することができます。または、最後の手段としてEaseUS Data Recovery Wizard for Macを適用して、アクセスできないファイルをスキャンして復元できるかどうかを確認することができます。また失敗した場合、空になったゴミ箱から失われたデータを復元したり、保存されていないWord文書を復元する必要がある場合にもおすすめです。

Macで「アクセスが拒否されました」場合の対処法に関するよくある質問(FAQ)

1.「アクセスが拒否されました」エラーを修正する方法を教えてください。

方法1.Macでファイル、フォルダ、またはディスクのアクセス権を取得する

方法2.アクセス権を確認する

方法3.ディレクトリの所有権を変更する

方法4.Sudoコマンドを使用する

方法5.サードパーティアプリの権限を割り当てる

2.Macでアクセスできないファイルを復元する方法は?

EaseUS Data Recovery Wizard for Macを使用してアクセスできないファイルやフォルダの任意のタイプを復元することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。