> How to Use > ファイル復旧 > Windows 10のゴミ箱から削除したファイルを復元

Windows 10のゴミ箱から削除したファイルを復元

2019年08月16日に更新

筆者:Bak

ファイル復旧
概要:
Windows 10にアップグレードしました、或いはWindows 10パソコンに買い換えたが、使い慣れていないため、誤ってファイルを削除し、ゴミ箱を空にしたことがよくあります。今日はWindows 10のゴミ箱から削除したファイルを無料で簡単に復元するの方法を紹介します。ここで、EaseUS Data Recovery WizardというWindows 10用のデータ復元ソフトを紹介します。ゴミ箱から誤って削除した写真、動画、ドキュメント、Eメール、圧縮ファイルなどを簡単な3ステップで復元できます。

Windows 10のゴミ箱の誤削除

Windows 10が2015年に一般ユーザーに向け公開されて以来、ユーザー数がどんどん増えています。現時点(2019年8月16日)まで、同社のWindows 7を超え、ユーザー数が世界一のオペレーティングシステムになりました。また、マイクロソフトによりますと、Windows 7の延長サポートは2020年1月14日に終了されるので、これから、数多くのユーザーはWindows 7からWindows 10にアップグレードすると予想できます。

それでは、Windows 10にアップグレードしました、或いはWindows 10パソコンに買い換えたが、使い慣れていないため、誤ってファイルを削除したり、ゴミ箱を空にしたことがよくあります。今日はWindows 10のゴミ箱から削除したファイルを簡単に復元するの方法を紹介します。

ゴミ箱から削除したファイルが復元できるのか?

昨日、Windows 10にアップグレードしたばかりの友達から電話が来ました。ゴミ箱でデータ復旧を行おうとしようとしていたところ、誤ってファイルを完全に削除してしまいました。ゴミ箱から削除したファイルが復元できるソフトが必要なそうです。

ゴミ箱からファイルを削除すると、ファイルがすぐにパソコンから消失したように見えますが、事実はファイルがまだパソコンのHDDに残されています。ただ、削除したデータが保存されていた領域が「書き込み可能」となっていますので、ファイル復元をすぐに行わないと、ファイルが新しいデータやパソコンでの操作によって上書きされてしまう危険性があります。

それで、Windows 10対応の復元ソフトを利用して、できる限り速くファイル復元を実行する必要があります。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

使いやすい復元ソフトでファイルを復活させる

ここで、EaseUS Data Recovery WizardというWindows 10用のデータ復元ソフトをお勧めします。削除した、ゴミ箱を空にしたなど、ファイル損失の原因を問わず、ゴミ箱から消失した写真、動画、ドキュメント、Eメール、圧縮ファイルなどを簡単な3つのステップで復元できます。次は、EaseUS Data Recovery Wizardを利用して、Windows 10ゴミ箱から削除したファイルを復元する手順を紹介します。

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizardをダウンロードして実行してください。ソフトの画面で「ゴミ箱」を選択します。

ゴミ箱復元1

ステップ2.ゴミ箱で紛失したファイルへのスキャンが始まります。時間が流れるとともに、もっと多くのファイルが検出されます。数分間でゴミ箱へのスキャンが終わることができます。

ゴミ箱復元2

ステップ3.スキャン完了後、検索範囲を縮小するには、フィルターにファイルの種類を選択することができます。また、検索ボックスで直接にファイル名を検索することも可能です。最後に、確認したファイルをチェックして、「リカバリー」をクリックしてください。

ゴミ箱復元3

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。