> How to Use > ディスクコピー > クローン後のHDD容量がおかしい | 解決策

クローン後のHDD容量がおかしい | 解決策

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/28
   

概要:

クローンしたハードディスクが間違ったサイズを表示するエラーを修正する方法を緊急に探していますか?この文章では、クローンしたハードディスクが間違ったサイズを表示するのを修正する方法を説明し、EaseUS Disk Copyというもっと良いクローンツールを提供します。

 

多くのコンピュータ・ユーザーが、クローン作成後にハードディスク・ドライブのサイズが正しく表示されないと訴えている。では、なぜクローンしたドライブが間違ったサイズを表示するのでしょうか?また、この問題を解決する方法は?

EaseUSが提供するこの記事は、クローンハードドライブが間違ったサイズを表示するエラーを引き起こす可能性のある一般的な理由とそれを修正する方法を説明します。詳しく説明しましょう。

クローン後のHDDのサイズが正しく表示されない原因

クローンされたハードディスク・ドライブが誤ったサイズを表示する理由を理解するには、まずクローンの原理について把握する必要があります。クローンを作成すると、ディスクのオリジナルの構造とデータの両方が複製されます。つまり、元のハードディスクとクローンされたハードディスクは、同一と言えます。

大容量のハードディスクにアップグレードした際でも、ターゲットディスクのパーティションサイズが変わらないことがあります。つまり、クローンされたドライブが全容量を表示しない状況が生じるのです。

これは、ハードディスクのクローンを作成する際に、ドライブのデータだけでなく、パーティションのサイズも同時にクローンしてしまうためです。そのため、元のディスクよりもターゲットディスクが大きい場合、多くのクローン作成ソフトウェアは、余ったスペースを割り当てられていない空間としてコピー先に残します。これが、ハードドライブが誤った容量を表示する問題の原因となります。

しかしながら、これらの未割り当ての領域はWindowsのファイルエクスプローラでは確認できず、保存されているデータにアクセスしたり、新たなデータを追加することはできません。その結果、クローンされたハードディスク・ドライブは、ディスク管理ではなく、ファイルエクスプローラ上で誤ったサイズを表示することになります。

クローン後のHDDのサイズが正しく表示されない問題を解決する方法

ファイルエクスプローラがクローンハードドライブの全容量を表示するには、ディスク上の現在のパーティションを縮小、拡張、または未割り当て領域に移動する必要があります。しかし、どのようにコンピュータ上のパーティションのサイズを変更したり、移動したりしますか?

幸いなことに、ディスクの管理やDiskpartのようなWindowsの内蔵プログラムを使うことができます。この問題を解決するのに役立つ方法を見ていきましょう。

解決策 1.ディスクの管理を使う

ディスクの管理を使って現在のパーティションを縮小し、「表示されていない」ディスク領域を特定することができます。また、クローンハードドライブがファイルエクスプローラーで間違ったサイズを表示している場合は、そのサイズ全体に拡張することができます。ここでは、Windows 10または11のディスクの管理を使ってパーティションのサイズを変更または拡張する方法を説明します。

ディスクパーティションの縮小方法

ステップ1.Windows + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」ボックスを起動します。次に「diskmgmt.msc」と入力し、エンターキーを押します。

diskgmt.mscと入力する

ステップ2. ターゲットパーティションを右クリックし、「ボリュームの縮小を」選択します。

ボリュームの縮小を選択

ステップ3.ポップアップウィンドウに200などの容量を入力し、「縮小」をクリックします。

縮小をクリックする

ディスクパーティションの拡張方法

ステップ1. パーティションを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

ボリュームの拡張

ステップ2. 「次へ」をタップし、クローンディスクを選択します。

ステップ3. ターゲットボリュームを拡張するスペースを調整して、「次へ」をクリックします。

ターゲットボリュームを拡張するスペースを調整する

しかし、ボリュームの拡張オプションがグレーアウトしているため、パーティションボリュームを拡張できないと主張するユーザーもいます。そのような状況では、次の解決策を見てみましょう。

解決策 2.ディスクパーツを使う

Windows 組み込みのユーティリティDiskpartでもパーティションの縮小/拡張が可能です。ボリューム、仮想ハードディスク、パーティション、ディスクを管理できるコマンドラインユーティリティです。ここでは、Diskpartを使用して「クローン作成後にハードディスクのサイズが間違って表示される」問題を解決する方法を紹介します。

ステップ1. ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを再度起動し、「diskpart」と入力してEnterキーを押します。

タイプディスクパート

ステップ2. ポップアップウィンドウに以下のコマンドラインを入力し、毎回Enterを押す。

  • list disk
  • select disk X ( X はクローン先のハードディスクを指し、例えばディスク2を選択します。)
  • select partition X ( X をボリュームを縮小したいディスク番号に置き換えます。)
  • shrink desired=X ( X をMB単位で縮小したい容量に置き換えます。例:shrink desired = 100)

次のコマンドラインを入力する

ステップ3.パーティションを縮小した後、パーティションを拡張することができます。次のコマンドを入力します:

  • select partition 2
  • extend size=X (未割り当てスペースの最大利用可能容量をMB単位で入力してください。)

コマンドを入力する

ステップ 4. 「exit」と入力して終了し、Diskpart を閉じます。

クローン後のHDDのサイズを正しく表示させるには?

クローンされたハードディスクドライブが間違ったサイズを表示することを避ける方法については、より効果的で強力なクローンソフトウェアを使用することができます。EaseUS Disk Copyはあなたのニーズを満たすことができます。EaseUS Disk Copy は異なるサイズのハードドライブをクローンでき、間違ったサイズを表示することもありません。

EaseUS Disk Copy はWindows 7/8/10/11に対応する実用的で多機能なディスククローンソフトウェアです。システム、ディスク、パーティションをクローンすることができます。ノートパソコンのハードディスクを交換し、OSを再インストールする場合、このソフトはとても役に立ちます。

そして、ナビゲーションSDカードのような種類のSDカードをクローンし、HDDをSSDにクローンすることができます。さらに、データを失うことなくハードドライブをアップグレードし、Cドライブを新しいSSDに転送することができます。

このクローンソフトが推奨される理由は?

  • HDDからSSD、またはSSDからSSDへのOSの移行を調整
  • M.2 SSDのクローンが1スロットだけで可能
  • バックアップやリカバリーのためのハードディスク・ドライブの複製作成
  • 不良セクタを持つハードディスク・ドライブのクローン作成
  • 高速なクローン作成スピードと高品質なテクニカルサポート

ここでは、EaseUS Disk Copyでハードドライブのクローンを作成する方法を紹介します。

ステップ1.ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択します。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。

ご注意:

①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。

②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3.ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。そしてディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

ディスクを調整

ステップ4.ディスククローンのプロセスが始まります。

クローン開始

まとめ

クローンしたハードディスク・ドライブのサイズが正しく表示されない問題については、この記事で解決策を見つけることができます。Windowsの組み込みツールであるディスク管理やディスクパートを利用すれば、パーティションボリュームの縮小や拡張が可能です。

しかし、これら2つのツールが常に期待通りに機能するわけではありません。そのため、EaseUS Disk Copyのような他のクローン作成ソフトを利用し、大容量のハードディスクへのアップグレードや、ハードディスクのクローン作成を行うことをお勧めします。この強力で使いやすいクローン作成ツールは、Windows 7をNVMe SSDにインストールしたり、Cドライブを外付けドライブにクローンしたりすることが可能です。さらに多くの実用的な機能があり、あなたがそれを探求し、活用することを待っています。

よくある質問

1.なぜクローン作成したドライブのサイズが小さくなるのでしょうか?

それは、ハードディスクのクローンを作成する際、ドライブ内のデータだけでなくパーティションのサイズも一緒にクローンするためです。その結果、元のディスクよりも大きいターゲットディスクを使用する場合、多くのクローン作成ソフトは余剰の領域を割り当てられていない空間としてコピー先に残します。

2.クローンされたドライブは同じサイズである必要があるのでしょうか。

いえ、必ずしも同じサイズである必要はありません。ハードディスクをより小さなSSDやHDDにクローンすることも可能です。ただし、クローン先のハードディスクが元のディスク上の全てのデータを収容できる容量があることを確認する必要があります。

3.クローン作成後、なぜSSDが起動しないのでしょうか?

クローンしたSSDが起動しない原因は様々ですが、以下にその一部を挙げます:

  • クローンしたSSDが起動ディスクとして指定されていない。
  • SSDとBIOSブートモードとの間に非互換性が存在する。
  • ディスクコピーのプロセスに混乱が生じていたり、途中で止まってしまっている。
  • 起動パーティションや起動コンポーネントが欠落している、あるいはクローンが不完全である。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>