> How to Use > ディスクコピー > ノートパソコンのハードディスクを交換し、OSを再インストールする方法【画像付き】

ノートパソコンのハードディスクを交換し、OSを再インストールする方法【画像付き】

さわこ
更新者:さわこ 2023/12/22
   

概要:

この記事では、ノートパソコンのハードドライブを交換し、オペレーティングシステムを再インストールする方法を学ぶことができます。ノートパソコンのハードドライブが壊れてしまった場合でも、ハードドライブを交換したい場合でも、このチュートリアルは役に立ちます。

 

時々、ノートパソコンのハードドライブを交換したいと思うかもしれません。例えば、既存のデータを失うことを避けるため、ハードドライブ故障の兆候に気づいたら、古いハードディスクを交換すべきです。しかし、オペレーティングシステムは依然として問題です。

このEaseUSが提供する記事では、ノートパソコンのハードドライブを交換し、オペレーティングシステムを再インストールする方法について説明します。さらに、Windowsを再インストールせずにノートパソコンのハードドライブを交換する別の簡単な方法も紹介します。

ノートパソコンのハードディスクを交換する理由

デスクトップパソコンであろうとノートパソコンであろうと、ハードディスクを交換する必要が出てくることがあります。以下のような状況がある場合、ハードディスクの交換が必要となるタイミングと言えるでしょう。

  • システムの動作が遅いので、HDDからSSDに変更してパソコンの性能を向上させたい。
  • 現在のハードドライブの容量が足りないので、より大きなハードドライブにアップグレードする必要がある。
  • 使用しているパソコンがハードディスクの故障を示している場合、完全に壊れてしまう前に交換するのが最善の策。

新しいハードディスク・ドライブに交換した後は、まずオペレーティング・システムの準備が必要です。ノートパソコンはオペレーティング・システムがないと動作しませんので、これが最優先となります。

ご安心ください。次のセクションでは、ノートパソコンのハードディスクの交換方法とオペレーティングシステムの再インストールの手順を詳しくご紹介します。どうぞ続きをお読みください。

ノートパソコンのハードディスクを交換し、Windowsを再インストールする方法

このパートでは、ハードディスクを交換した後にWindowsをインストールする方法について説明します。そのためにはいくつかのステップがあります。そのため、途中で何か問題が発生した場合に備えて、以下の指示に注意深く従う必要があります。それでは詳細を説明しましょう。

1.まずデータをバックアップ

ノートパソコンのハードディスク・ドライブを交換する前に、最も重要なことの1つは、文書、写真、音楽、ビデオ、プログラムのインストール・ファイルなどを含むファイルをバックアップすることです。

2.インストール用USBドライブまたはディスクを作成する

インストール・ディスクかUSBフラッシュ・ドライブを作成し、そこからラップトップを起動させてウィンドウズを再インストールする必要がある。

インストールUSBの作成

Windowsのウェブサイトにアクセスし、バージョンに応じてISOファイルを入手してください。ハードドライブを交換した後、Windows Media Creationツールまたは専門ツールを使用してISOからブート可能なUSBを作成し、Windows 10を再インストールすることができます。USBデバイスのディスク容量が十分であることを確認してください。

3.古いディスクを取り外し、新しいドライブを取り付ける

必要な準備を終えたら、古いドライブを取り外し、新しいドライブに交換する時です。作業を始める前に、ノートパソコンの電源が切れていて、接続が外れていることを確認してください。その後、以下の手順を実行します:

  • ネジを外してノートパソコンのケースを開ける。
  • ハードディスク・ドライブを見つけ、ディスクの電源ケーブルとデータ線を取り外す。
  • ネジを外した後、古いハードディスク・ドライブを引き抜きます。
  • 新しいドライブを取り付けるには、手順を逆にするだけです。ディスクを元の場所に挿入し、データと電源の接続を行い、新しいハードディスクドライブをネジで固定し、ケースを閉じます。

ご注意:操作方法はメーカーによって異なります。特定のブランドの取扱説明書や詳細な手順をオンラインで調べることができます。

4.オペレーティングシステムの再インストール

古いドライブを交換したら、まず新しいドライブにOSを再インストールする必要があります。以下の手順は、ハードドライブを交換した後にWindowsをインストールする方法を示しています。Windows 10を例にとって説明します:

ステップ1. Windows 10のインストールディスクをノートパソコンに挿入し、そこから起動する。そのためには、特定のキーを押してBIOSメニューに入り、起動順序を変更してインストールメディアからコンピュータを起動します。

USBをコンピュータに挿入し、そこから起動する。

ステップ2.言語、時間、キーボードを選択し、「次へ」をクリックします。

言語、時間、キーボードを選択

ステップ3.「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストールをクリック

ステップ4.WindowsセットアッププログラムがWindows 10プロダクトキーの入力を求めてきます。プロダクトキーを持っていません」をクリックすると、Windowsは後で勝手にアクティベートされます。

プロダクトキーがありません」をクリックする

ステップ5. セットアッププログラムはまた、あなたがライセンスを持っているエディションを選択するように要求します。正しいエディションを選択するよう注意してください。次に、ライセンス条項に同意し、「次へ」をクリックします。

ライセンス条項に同意し、「次へ」をクリックします。

ステップ 6.「カスタム:Windows のみをインストールする(詳細)」をクリックしてインストールを進めます。

Windowsのみインストール(詳細)

ステップ7. 未割り当てのドライブを選択し、「新規作成」、「適用」、「次へ」の順にクリックします。

新規作成]、[適用]、[次へ]の順にクリックする。

Tips
未割り当てのディスクが表示される代わりに、多数のパーティションが表示されている場合は、(下から順に)各パーティションを選択し、「削除」をクリックして未割り当て領域に変換することができます。

ステップ8.新しいパーティションができます。プライマリパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。

プライマリー・パーティションを選択

ステップ9.セットアップツールがオペレーティングシステムのインストールを開始します。しばらく時間がかかる場合があります。

インストールが終わると、「OOBE 」ページが表示され、ユーザーアカウントの設定、プライバシー設定の確立、アプリケーションのインストールなど、Windowsの特定の設定をカスタマイズできます。

ハードドライブの交換とノートパソコンへのWindowsの再インストールについてのビデオチュートリアルもあります。

より良い選択Windowsを再インストールせずにノートパソコンのハードディスクを交換する

前にお伝えした通り、ノートパソコンを通常通り使用するためには、必要なアプリとWindowsオペレーティング・システムの再インストールが必要です。これは手間がかかり、面倒な作業です。では、Windowsやそのプログラムを再インストールせず、ノートパソコンのハードディスクをSSDに交換する方法はあるのでしょうか?

答えは「はい」です。古いハードディスク・ドライブを新しいハードディスク・ドライブにクローニングすることで、Windowsやアプリケーションの再インストールを避けることができます。クローニングを行うと、Windowsのファイルやシステム設定、プログラム、ドキュメントなど、全てのデータを古いハードディスクから新しいハードディスクに移すことができます。

古いハードディスクを新しいハードディスクにクローンするには、専門的なクローン作成ソフトを使用する必要があります。その場合、専門的なディスククローニングツールである EaseUS Disk Copy が役に立ちます。

EaseUS Disk CopyはWindows 11/10/8/7用の多機能クローンプログラムで、システム、ディスク、パーティションをクローンすることができます。また、セクタ単位のクローン技術により、不良セクタのあるハードディスクをクローンすることができます。さらに、Windowsとアプリケーションを再インストールすることなく、HDDからSSDへ、SSDからSSDへオペレーティングシステムを移行し、Cドライブを新しいSSDに移行することができます。

古いハードディスクを新しいハードディスクにクローンするには、以下の手順を実行します。

ステップ1.ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択します。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。

ご注意:

①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。

②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3.ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。そしてディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

ディスクを調整

ステップ4.ディスククローンのプロセスが始まります。

クローン開始

まとめ

ノートパソコンのハードディスクを交換し、オペレーティングシステムを再インストールする方法について、お伝えした内容をしっかりと把握いただけたかと思います。本記事では、ノートパソコンのハードドライブの交換とシステムの再インストールに必要な基本的な手順をご紹介しました。古いハードドライブを新しいものに交換した後、OSやインストール済みのプログラムを再度インストールしたり、バックアップしたデータを復元したりするのが面倒な場合、クローニングの手段もあります。

EaseUS Disk Copyを使用すれば、古いドライブを新しいドライブにクローニングし、オペレーティングシステムやアプリケーションの再インストールの手間を省くことができます。このクローニングソフトは、NVMeのSSDにWindows 7をインストールしたり、その他の作業を実行したりすることも可能です。その他にも多くの機能がありますので、ぜひダウンロードしてお試しください。

よくあるご質問

1.ノートパソコンのOSが壊れている場合、BIOSをアップデートすることは可能ですか?

マザーボードにバックアップBIOSがあれば、バックアップBIOSで起動し、破損したBIOSをリフラッシュすることができます。マザーボードにバックアップBIOSがない場合、BIOSチップを変更することができるかもしれません。しかし、状況によってはマザーボードを交換するしかない場合もあります。

2.OSを新しいハードディスクに移すことはできますか?

はい、OSを新しいハードドライブに移すことができます。システムディスク全体を新しいドライブにクローンすることは、Windows OS、インストールされたアプリケーション、ディスクデータをより大きなハードドライブに移動するためのオールインワンのオプションです。EaseUS Disk Copyのような専門的なディスククローニングソフトウェアが必要です。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>