> How to Use > ディスクコピー > 方法2選|Windows 11/10/8/7のCドライブを新しいSSDに転送する方法

方法2選|Windows 11/10/8/7のCドライブを新しいSSDに転送する方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/24
   

概要:

この記事では、専門的なディスククローニングソフトウェアとWindows内蔵のユーティリティを使用して、新しいSSDにCドライブを移動する方法を学ぶことができます。

 

なぜ最近、ユーザーたちはCドライブをSSDに変えたがるのでしょうか?それはほとんどのパソコンにはHDDが初めからインストールされているものの、起動ドライブとしてはSSDの方が優れているからです。さらに、HDDには読み書きの制限がなく、同じ価格でもっと多くのデータが保存できるため、たくさんのユーザーはストレージとしてHDDを続けて使いたいと考えています。完全にハードドライブをSSDに交換する場合でも、オペレーティングシステムにはSSDを、ストレージにはHDDを使う場合でも、結局CドライブをSSDに変える必要があります。この記事では、Cドライブを新しいSSDにどうやって移行するかについて説明していきます。

WindowsでCドライブをSSDに移動する準備

Cドライブを新しいSSDに移行することは可能ですか?また、CドライブだけをSSDにクローンすることは可能ですか?できますよ!以下の準備をしてください:

  • システムとデータのバックアップ - データが移行過程で失われることはありませんが、念のためです。また、目標となるSSDに何かデータがあるなら、それが全て消去されることになるので、バックアップすることをおすすめします。
  • 十分な容量のSSD - CドライブをSSDにコピーすると、データの保存先が現在のハードディスクよりも小さくなる可能性があります。しかし、将来のことを考えてSSDの容量をCドライブよりも大きくしておけば問題ありません。
  • SSDをパソコンに接続 - パソコンが2つのディスクベイを持っているなら、その中に取り付けます。そうでないなら、USBアダプターに取り付けます。
  • 専用の移行ツールを選択 - 第三者製のディスククローニングソフトウェアを使うと、Cドライブを新しいSSDに移行するのが最も簡単です。EaseUS Disk Copy は信頼できるオールラウンドなOSとディスクのクローン作成ソフトで、あなたの要望をきっと満たしてくれるでしょう。

ディスククローニングソフトでCドライブをSSDに移動する方法

上述したように、Cドライブを新しいSSDに移行する最も簡単な方法は、CドライブをSSDにクローンすることです。しかし、Windowsにはクローン作成ツールが内蔵されていないため、専門的なクローン作成ソフトに頼る必要があります。このような状況では、専門的なディスククローンユーティリティである EaseUS Disk Copy が役に立ちます。

EaseUS Disk Copy はWindows 11/10/8/7用の多機能クローン作成ユーティリティで、システム、ディスク、パーティションなどのクローンを作成できます。例えば、スロットが一つしかないM.2 SSDをクローンすることができます。さらに、Cドライブを外付けハードディスクにクローンし、Windowsを再インストールすることなく、より大きなハードディスクにアップグレードすることができます。以下はこのクローン作成ツールの特徴です:

  • システムクローン:Windows 11/10/8/7のCドライブをSSDにクローンし、Windows 10を別のPCに移行することができます。
  • ディスククローン:例えば、SSDをより大きいSSDにクローンしたり、USBをUSBにクローンしたりすることができます。
  • パーティションクローン:特定のパーティション/ボリュームをクローンできます。
  • セクター単位のクローン: 不良セクタのあるハードディスクをクローンできます。
  • その他:GPTディスクをサポートし、WinPEブータブルディスクを作成します。

以下は、Cドライブを新しいSSDにクローンする詳細な手順です。

ご注意

  • ①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。
  • ②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ステップ1. EaseUS Disk Copyを実行して、「パーティションモード > C: > 次へ」をクリックします。

起動ドライブを選ぶ

ステップ2. ターゲットディスクを選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3. 必要に応じて、ディスクを自動調整することなどができます。そして「実行」ボタンをクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

クローン開始

ステップ4.起動ドライブのクローンが完了します。

クローン完了

Windows内蔵ユーティリティを使ってCドライブをSSDにコピーする方法

すべてを手動で操作したい場合は、この解決策を試してみてください。むしろ手動で行いたいのであれば、この解決策が良いでしょう。つ目のオプションは、Windows内蔵のツールを使ってシステムドライブをSSDに手動で移行する方法です。詳しい手順は以下の通りです:

ステップ1. HDDは通常SSDよりはるかに大きいので、Cドライブを縮小して小さいSSDに収めます。

Windows と X を同時に押して、そして「ディスクの管理」をクリックします。Cドライブを右クリックし、「ボリュームの縮小」を選択します。「縮小する領域のサイズ(MB)」に、SSDの使用可能容量より少なくとも10%小さい数値を入力します。

ボリュームの縮小

ステップ2. 縮小したCドライブとそのシステム予約パーティションを別のディスクにバックアップします。

システムイメージを作成するには、「コントロールパネル」>「バックアップと復元(Windows7)」>「システムイメージの作成」に進みます。

Windowsユーティリティ-2を使用してCドライブを新しいSSDに転送する

ステップ3. SSDを取り付け、バックアップイメージから復元します。

ログイン画面から[シャットダウン]をクリックし、Shiftキーを押しながら[再起動]を選択します。 Windows 画面が表示されたら、「オプションの選択」メニューから「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

詳細オプションに移動します。

詳細オプション

そこには、「システムの復元」と「イメージでシステムを回復」の両方のオプションが表示されています。

システムの復元とイメージでシステムを回復

「システムの復元」か「イメージでシステムを回復」をクリックし、画面上の指示に従ってシステムの回復プロセスを完了します。

まとめ

以上がCドライブを新しいSSDに移行する方法になります。つまり、専門的なクローン作成ソフトのEaseUS Disk CopyとWindowsの標準ツールを用いて、Cドライブを新しいSSDに移動することが可能です。

便利さ、時間の節約、柔軟性を重視するなら、EaseUS Disk Copy が大変おすすめです。さらに、EaseUS Disk Copy にはクローン作成に関する多岐にわたる機能が備わっています。ハードドライブをSanDisk SSDにクローンしたり、2.5インチのSSDをM.2 SSDにクローンしたりすることも可能です。

よくあるご質問

1.クローンなしでSSDをインストールできますか?

はい、クローンなしでもSSDをインストールすることは可能です。その場合、新しいSSDにオペレーティングシステムを新たにインストールし、必要なプログラムやデータを手動で移行する必要があります。ただし、これには時間がかかる場合がありますし、一部の設定やデータが移行できない場合もあるため、注意が必要です。

2.CドライブはSSDかHDDか?

Cドライブは、パソコンのストレージメディア(HDDやSSD)の一部で、主にオペレーティングシステムやプログラムがインストールされる場所を指します。CドライブがHDDにあるかSSDにあるかは、パソコンの設定やユーザーの好みによります。最近では、パソコンの起動速度や操作の快適さを求めて、CドライブをSSDに設定するユーザーが増えています。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>