> How to Use > ディスクコピー > 再インストールなしでHDDからより小さいSSDへOSをクローンする方法

再インストールなしでHDDからより小さいSSDへOSをクローンする方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/21
   

概要:

OSを再インストールせずにWindows 10をHDDから小さいSSDにクローンしたい場合、EaseUS Todo Backupのシステムクローン機能を利用すれば簡単に実現できます。このツールを使うことで、問題なく起動できるOSをより小さなSSDに簡単に移行することができます。

 

「Windows 10のHDDをよりより小さいSSDにクローンすることは可能ですか?Windows 10にアップグレードしてから、パソコンの動作が徐々に遅くなってきました。SSDがHDDより効率的に動作すると聞いたので、新しい128GB SSD(古いHDDよりも小さい)を購入し、HDDからより小さいSSDにOSをクローンして問題を解決しようと考えています。しかし、方法がわからないので困っています。どなたか作り方を教えていただけませんか?」

HDDからより小さいSSDへのOSクローンが必要な理由

SSDの普及が急速に進んでいることから、多くのパソコンやノートパソコンのメーカーがシステムディスクとしてSSDを採用し、システムのパフォーマンスを最適化し、世界中のユーザーに向けてデバイスの高速化を実現しています。

ここで、HDDと比べたSSDの利点を紹介します:

  • 安定性が向上
  • 読み書き速度が速い
  • 消費電力が少ない

そのため、ゲームユーザーを中心に、PCのHDDからSSDにOSをクローンし、性能を向上させようとするユーザーが増えています。

しかし、Windows 10をHDDからより小さいSSDに移行する方法は何でしょうか?また、大きいHDDからより小さいSSDにクローンすることは、Windowsを再インストールせずに可能でしょうか?もし同じ疑問を持っているなら、安心してください!ここでは、OSをSSDにクローンする効果的で簡単な方法を紹介します。

Windows 10をより小さいSSDにクローンする最適なソフトウェア

EaseUS Disk Copy は、ディスククローンとパーティションクローンが可能な優れたプロフェッショナルなツールです。ディスククローン機能を利用すると、現在のHDDとクローン対象のSSDを自動的に選択し、移行後にディスクが正しく起動できるよう保証します。また、このクローンソフトはパーティションのリサイズをディスクコピー時にサポートしています。これにより、HDDをよりより小さいSSDにコピーする場合や、壊れたハードディスクをクローンする場合にも利用できます。

実は、HDDをより小さなSSDにクローンする方法は簡単な作業です。重要なポイントは、縮小されたSSDに十分な容量があって、HDDのディスク内容を収められることです。

EaseUS Disk Copyのもう一つの主要な機能はパーティションクローンです。重要なファイルがすべて1つのパーティションに保存されている場合、この機能を使ってパーティションクローンを実現できます。

これらの主な機能に加えて、EaseUS Disk Copyはブータブルディスクを作成することができます。これにより、OSが利用できないという問題を解決できます。ブータブルディスクの作成が完了したら、ディスクやパーティションのクローン作業を行うことができます。

EaseUS Disk CopyでWindows 10をより小さいSSDにクローンする方法

Windowsを再インストールすることなくOS(Windows 10/8/7)を小さなSSDに移行する方法については、以下に提供されているビデオチュートリアルや詳細な手順に従ってください。ノートパソコンのHDDをSSDにクローンする方法に興味がある場合は、こちらをクリックして詳細をご覧いただけます。

再インストールせずにHDDからより小さいSSDにOSをクローンする動画

直接のガイドとしては、ビデオチュートリアルに沿って、HDDからより小さいSSDにすべてでOSをクローンすることができます:

HDDからより小さいSSDにOSをクローンするガイド

ご注意
すべての操作は、現在のパソコンで行います。小型のSSDに移行するために、HDDディスクを他の機器に持ち出さないでください。

ステップ1.EaseUS Disk CopyをPCにダウンロードし、実行します。「ディスクモード」をクリックし、ソースディスクを選択します。「次へ]をクリックして続行します。

ソースディスクを選択

注:ソースディスクをセクタ単位でクローンする場合、ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じサイズかそれ以上のサイズである必要があります。

ステップ2. ターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクがSSDの場合、チェックを入れます。さらに、ディスクの自動調整なども選択できます。

ターゲットディスクを選択

ステップ3. クローンすると、ターゲットディスクのデータが消去されますので、ご注意ください。そして「続ける」をクリックして、クローン作業を開始します。

クローン開始

次に、新しいSSDをパソコンに接続し、PCを再起動して起動順序を変更し、クローンされたWindows 10システムが新しいSSDから起動するよう設定します:

  • PCを再起動し、F2またはF8キーを押すことでBIOS設定画面に入ります。
  • 起動オプションで、新しいSSDを新たな起動ドライブとして選択し、全ての変更を保存します。
  • BIOSを終了してパソコンを再起動すると、新しいディスク上でWindows 10が正常に動作していることが確認できます。

HDDからより小さいSSDにクローンした後、SSDが起動しなくなる場合

方法1:HDDを交換するか、ソースディスクエラーを修正する

HDDハードディスクにディスクエラーが発生している可能性があります。より小さいSSDへのクローン作業を行う前に、新しいHDDディスクと交換するか、HDDのエラーを修復する必要があります。

方法2:HDDを他のパソコンに持ち出さない。

HDDを他のパソコンに挿入すると、HDDの動作環境が変わるため、ハードディスクをより小さいSSDにクローン化した後、クローン化したSSDが起動しないことがあります。

方法3:SSDの接続には、一般的なsataケーブルを使用します。

USBケーブルで対象のハードディスクを接続すると、パソコンに外付けディスクとして認識されます。そのため、クローン化処理を達成した後、クローンディスクは起動しません。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>