> How to Use > ディスクコピー > 簡単な手順でハードディスクをクローンする - EaseUS Disk Copy

簡単な手順でハードディスクをクローンする - EaseUS Disk Copy

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/28
   

概要:

ディスククローンソフト - EaseUS Disk Copyは、データを失うことなく、自由にハードディスクをクローンすることができます。

 

WindowsのOSでディスクのクローンを作成する

現在、ハードディスクのクローンを作成することは、新しいハードディスクにアップグレードする、あるいは古いディスクを交換するコンピュータユーザーにとって一般的です。マイクロソフト社のオペレーティングシステムは、このようなユーザーのために基本的なコピー機能を提供しています。ハードディスクをファイル単位でコピーすることは、「コピー」や「ペースト」のような簡単な方法で可能ですが、ハードディスクやパーティションボリュームの内容全体を、あるハードディスクから別のハードディスクにクローンするための信頼性が高く効率的な方法が欠けています。とはいえ、ハードドライブのクローンを作成すれば、Microsoft OSでは利用できない問題を解決できるかもしれません。

したがって、長いファイル名のハードディスク、スワップファイル、Windowsレジストリを安全にコピーするには、サードパーティ製のディスククローニングソフトウェアが良い選択かもしれません。

EaseUS Disk Copy - 高速で信頼性の高いクローンソフト

一般的に、セキュリティと安定性は、ユーザーが良いクローンソフトを選ぶ際に最も気にする要素です。つまり、クローン作成中にすべてのデータが変更されたり、失われたりすることがないことです。EaseUS Disk Copy は ハードディスクをクローンする時、この機能でリリースされ、今すぐ無料でダウンロードすることができます。

データの安全性:一般的に、ディスククローニングソフト - EaseUS Disk Copyによって、すべてが複製されます。そして、既存のデータを変更することなく、新しいドライブパーティションにオリジナルの100%のアイデンティティをクローンするだけで、すべてがオリジナルのデータと同じです。

時間の節約:なる従来のディスクコピーソフトウェアとは異なり、このフリーソフトのクローンハードディスクユーティリティは、オペレーティングシステムとアプリケーションをもう一度インストールすることなく、古い小さなハードディスクを新しい大きなハードディスクに交換することができます。時間を大幅に節約することができます。ハードディスクのクローン作成にかかる時間を確認することで、EaseUSドライブクローンがクローン作成中に最も速く動作することがわかります。

ビデオチュートリアルEaseUS Disk Copyでハードディスクをクローンする方法

(字幕を日本語にすることができます。)

EaseUS Disk Copyでハードディスクをクローンする方法

さらに、EaseUS Disk Copyは操作が簡単である。以下は、EaseUS Disk Copyを使ったハードディスククローニングの詳しい手順です。

Windows OSのディスクデータ全体を、より新しい、より大きなハードディスクにクローンするために、まずこのツールを有効にすることをお勧めします。

ステップ1.ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択します。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。

ご注意:

①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。

②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3.ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。そしてディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

ディスクを調整

ステップ4.ディスククローンのプロセスが始まります。

クローン開始

この後、新しいドライブをPCに挿入し、古いハードディスクを交換することで、新しいディスクに転送されたデータを引き続き使用することができます。クローンディスクがシステムドライブの場合、BIOSで起動順序を変更し、新しいディスクから起動するように設定してください。

関連記事

EaseUS Disk Copyの機能・使い方をレビュー

データをクローンできるソフト『EaseUS Disk Copy』は、本当にOSなどのシステムデータも含めてデータをコピーできるのか、検証・レビューしていきます。

EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copyを活用する方法 - FAQ

古いHDDを交換したり、HDDをSSDにアップグレードしたりするために、EaseUSディスククローニングソフトをダウンロードすることをまだ躊躇していますか?故障したハードディスクを交換するために、EaseUS Disk Copyの使い方がよくわからない?長年の研究と最適化を経て、EaseUS Disk CopyはWindowsデスクトップとラップトップの両方で、あらゆる種類のストレージドライブ(HDD、SSD、ハイブリッドドライブ...)を相互にクローンすることが100%できるようになりました。 このクローン作成ソフトを十分に活用し、万が一事故が発生した場合、よくあるエラーを自分で簡単に解決できるように、以下はよくある質問と回答です。

1.ノートパソコンの内部ケーブルが少ない場合、ディスクをどのように接続すればよいですか?

ノートパソコンの場合は、ディスクコピーツールのブータブルメディアを作成し、外付けUSBエンクロージャーを用意し、以下の手順で行うことをお勧めします:

  • ステップ1.ターゲットディスクをノートパソコン内に設置します。
  • ステップ2.ソースディスクを外付けUSBエンクロージャーで接続します。
  • ステップ3.ディスクコピーのブータブルメディアからシステムを起動させる。
  • ステップ 4.ソースディスクからターゲットディスクへのディスククローンを実行します。
  • ステップ5.ソースディスクから正常に起動できるかどうかを確認します。

2.パーティションモードを使ってシステムディスクのパーティションをクローンした場合、クローンディスクは正常に起動しますか?

パーティションモードでディスクのクローンを作成する場合、必要なブートファイルが正しく更新されない可能性があることを懸念しています。ディスククローンオプションを使用して、適切なブートコピーを取得することをお勧めします。

3.より大きなディスクにクローンを作成する場合、新しいディスクの余分なスペースをどのように使用できますか?

クローン作成時に、ターゲットディスクのパーティションレイアウトを調整することで、ターゲットディスクの容量をフルに活用することができます。

4.ディスクのクローン作成にかかる時間はどのくらいですか?

主に以下の要素によります:

1.クローンが必要なデータ量。
2.両方のディスクのI/O速度。

参考までに、I/O速度が100MB/s程度とされるデータ満載の1TB SATAディスクをクローンする場合、クローン完了までに約3時間かかると言われています。

5.Disk Copy ProのライセンスコードをWindows Serverシステムで使用することは可能ですか?

Disk Copy Proは、非サーバーシステム用のシングルシートライセンス製品のみです。サーバーシステムでEaseUS Disk Copyツールを正しく起動するには、代わりにServer版ライセンスが必要です。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>