> How to Use > データ復旧 > Windows11のアップグレードで発生したエラーコード「0x8007007fエラー 」の解決法

Windows11のアップグレードで発生したエラーコード「0x8007007fエラー 」の解決法

Yiko

Yiko |カテゴリ:データ復旧| 2022年01月16日に更新

主な内容:

概要:

Windows11を更新するとき、「 0x8007007fエラー」エラーが起きます。この状況を遭ったら、どうすれば良いのですか?何か解決する方法はありませんか?ご心配入りません、本記事では、Windowsの更新を行う際に、エラーコード「0x8007007fエラー」を回避する方法を説明するとともに、Windows 11のアップグレードによる消えたファイル取り戻せる方法も紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「0x8007007f」エラーについて

最近、MicrosoftはWindows11をリリースしました。Windows11の更新を試してみるユーザーが多くいらっしゃいます。ただし、一部分のユーザーはWindows11を更新したときに、「0x8007007f」エラーが起きて、更新に失敗したことに遭遇したかもしれません。でも、ご心配入りません。ここでは、0x8007007fエラーの修正方法と信頼性の高いデータ復元ツールを使って、Windows11の更新による消えるデータを復元する方法を紹介していきます。

解決法1: PCを再起動し、管理者権限で「インストール アシスタント」を実行する

既存のオペレーティングシステムがWindows 11のファイルにアクセスできない場合、インストールアシスタントがWindows 11のファイルをシステムディレクトリにダウンロードしたり書き換えたりできないことがあります。 この場合でしたら、システムファイルを保存しているフォルダを開こうとすると、管理者権限が求められます。管理者権限で「インストール アシスタント」を実行する手順は以下の通りです。

操作手順

ステップ1:Windows11にインストールした 「Windows 11 Installation Assistant」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

ステップ2:次の許可を求めるダイアログボックスで、「はい」をクリックして、管理者権限でインストール アシスタントを実行します。

ステップ3︰画面の指示に従って、Windows11を更新します。

解決法2: 最新のグラフィックドライバを再インストールする

交換性のないまたは古いドライバーの原因で「0x8007007f」エラーを引き起こす可能性もあります。 Windows 11の正式リリースに先立ち、AMDやNvidiaなどのグラフィックスカードメーカーは、Windows 11に対応したグラフィックスカード用のドライバーをリリースしています。以下の操作 手順に従い、手動でグラフィックドライバを更新した後、インストールアシスタントを実行してみてください。

操作手順

ステップ1︰Windows11のタスクバーの検索ボックスに、「デバイス マネージャー」と入力し、[ デバイスマネージャー]を選択します。         

グラフィックドライバを再インストールする手順

ステップ2:そのメニュ-から「ディスクレイアアダプター」を右クリックして、「デバイスのアンインストール」をクリックします。

ステップ3: 「アンインストール」をクリックします。すると、PCを再起動して、グラフィックドライバーを更新または再インストールします。

解決法4:十分のディスク空き領域を確保する

ディスクの空き領域が足りない場合は、システムエラーコードを引き起こす可能性もあります。だから、システムドライブ-は100または50GBの空き容量未満で、0x8007007fエラーが表示される場合は、ドライブのストレージスペースを解放してみることをお勧めします。

解決法5:sfcコマンドプロンプトを実行する

システムファイルの不整合や破損などが起きると、システムが不安定になります。SFCコマンドプロンプトを実行することで、システムファイルのチェックが行われ、不整合や破損が解消することができます。

操作手順

ステップ1:検索欄に「コマンドプロンプト」と人力して、管理者として実行をクリックします。

ステップ2:sfc /scannowを人力して、Enterキーを押します。

解決法6:起動可能なWindows 11USBドライブを作成してIOSをインストール

操作手順

ステップ1:Microsoftから今すぐダウンロードをクリックして、「保存」をクリックします。

起動可能なWindows 11USBドライブを作成する手順

ステップ2:ダウンロードしたファイルを見つけ、MediaCreationToolW11.exeをダブルクリックします。

ステップ3:「同意」をクリックして、言語を選択して、「次へ」をクリックします

ステップ4: 次はUSBドライブのオプションを選択して、USBをPCに挿入します。次へをクリックします。(ご注意:起動可能なwindows11USBドライブを作成するために、お使いUSBは8GB以上の容量が必要です。)

ステップ5:最後に、ドライブを選択して、「次へ」をクリックします。

起動可能なwindows11USBドライブを作成すると、IOSファイルをUSBドライブにダウンロードしてから、インストールします。USBドライブからwindows11をインストールします。

追加:Windows11アップグレードによる消えたデータを取り戻せる方法

Windows11を更新するために、色々な方法を試しています。そのプロセスで、データ紛失のトラブルが発生する可能性もかなり高いです。そして、データ復元ソフトを用意しておくと、データ紛失が発生したら、そのソフトを使って、紛失したデータを簡単に復元できます。ここで、信頼性の高いデータ復元ソフト-EaseUS Data Recovery Wizard を皆さんにご紹介します。たった3つのクリックで消えたデータを復元してくれます。Windows11アップグレードによる消えたデータを回避するため、データ復元ソフトのダウンロードをオ勧めます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ