> How to Use > データ復旧 > 解決済み:エラー0x80240034 Windowsアップデートをインストールできませんでした

解決済み:エラー0x80240034 Windowsアップデートをインストールできませんでした

kenji

kenji |カテゴリ:データ復旧| 2022年05月26日に更新

主な内容:

概要:

Windowsのアップデートを実行する時、「エラー0x80240034 アップデートをダウンロードできませんでした」というエラーメッセージが表示され、アップデートが失敗してしまうことがあります。本文では、そういうエラーの対処法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windowsアップデート中に現れるエラー「0x80240034」とは

Windowsアップデートエラー0x80240034は、ユーザーがWindows 10/11をアップデートしようとしたときに発生します。「更新を確認する」をクリックすると、以下のエラーが表示され、Windowsを更新することができません。

「更新プログラムのインストールで問題が発生しましたが、後で再試行します。 これを引き続き表示し、Webを検索するか、サポートに情報を問い合わせたい場合は、(0x80240034)」

マイクロソフトの公式サイトによりますと、このエラーが主に二つの原因で発生します。

  • 1.コンピューターで開発者モードが有効になっているから
  • 2.更新ファイルが破損しているから

これから、Windowsアップデートエラー0x80240034を修正するのに役立つ6つの最も簡単な方法を紹介します。

Windowsアップデートエラーを修正する方法

Windowsアップデートのエラー「0x80240034」の解決策

まずは開発モードが有効になっているのかどうかを確認します。

開発モードをオフにする

1.検索で「開発者向け」を入力し、右クリックして管理者として開きます。

開発者向け設定を開く

2.赤枠にある開発者モードを「オン」から「オフ」にします。

開発モードをオフにする

3.パソコンを再起動して、Windowsアップデートのインストールをもう一度実行してみてください。

もし、依然としてアップデートが失敗するなら、次の方法を試してください。

Windows Update Serviceを有効にする

1.検索で「サービス」を入力し、右クリックして管理者として開きます。

サービス機能を開く

2.「Windows Update」を見つけてダブルクリックして開きます。

Windows Updateを起用する

3.「開始」をクリックして「適用」をクリックし、「ok」で終了します。

Windows Updateを開始する

4.もう一度Windowsアップデートをインストールしてみてください。

Microsoftの公式サイトからUpdate AssistantでWindowsをアップデートする

1.Microsoftの公式サイトを開いて「今すぐアップデート」をクリックします。

windows10の場合:アップデートダウンロード

windows11の場合:アップデートダウンロード

公式サイトでアップデートプログラムをダウンロードする

2.ダウンロードしたプログラムを実行して歩一歩でアップデートを実行します。

Windows 11/10のアップデートによるデータ紛失の対処法

Windowsアップデートを問題なくインストールできれば、ラッキーだと考えてよいでしょう。しかし、時々Windows 11/10のアップデート中に直面する一般的な問題の1つは、データの損失です。アップデート後、ファイルの一部が消えてしまったという報告がユーザーからしばしば寄せられています。幸いなことに、EaseUSの無料データ復元ソフトを使えば、失われたデータを復元することができます。

Windows 11/10/8/7から自由にデータを効率的に復元することができます。EaseUS Data Recovery Wizardを使ってデータ損失の理由問わず、あらゆるデータ損失のシナリオからデータを復元するのに役立ちます。

  • 永久に削除した失われたデータを復元する。
  • 紛失したパーティションを手間なく復元。
  • Windowsのアップデート中に失ったデータを素早く復元します。
  • SDカードなど、あらゆる外部メディアからデータを復元する。

Windowsアップデートで失ったデータを復元するために、このソフトをダウンロードして使用することを強くお勧めします。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面からすべてのディスクドライブが表示されています。その中で復元したいドライブを選択した上、「スキャン」ボタンをクリックします。

データ復旧1

ステップ2.スキャンプロセスに入り、ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、ドライブを全体的にスキャンします。スキャン中にデータのフィルターニングでデータを選別できます。

データ 復旧2

ステップ3.スキャンが終わると、復元したいデータを選択して、「リカバリー」ボタンをクリックすれば、データを復元できます。

データを復旧するステップ3

まとめ

Windowsアップデートエラー0x80240034は、Windowsアップデートメニューを使用してWindowsをアップデートしようとしたときに発生します。この記事で紹介した三つの簡単な方法を使用してWindowsアップデートエラー0x80240034を修正することができます。

また、Windowsの更新中に、データの一部が失われる可能性があります。このような場合に失われたデータを復元する最も推奨される方法は、EaseUS Data Recovery Wizardを使用することです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ