> How to Use > データ復旧 > 方法7選|デジタル写真を長期保存する

方法7選|デジタル写真を長期保存する

モンディー

モンディー |カテゴリ:データ復旧| 2022年04月27日に更新

主な内容:

概要:

誰もが自分の記憶をちゃんと保管したいでしょう。この記事では、デジタル写真を長期間保存する7つの方法について説明します。バックアップをよく作成すると、デジタル写真が失われることはありません。万が一の場合、スマホを紛失したら、写真の回復ソフトウェアを使用して取り戻すことができます。

EaseUS Data Recovery Wizard

デジタル写真は、従来の写真やフィルムに比べていくつかの利点があるのが事実ですが、多くの欠点もあります。その中の最も深刻なのは、セキュリティ上の欠陥です。デジタル写真は紛失したり、破損したりする恐れがあります。それらを長期間保存するにはどうすればいいでしょうか?そのための7つの方法がここにありますから、今すぐ確認しましょう!

1.外付けHDDを使用してデジタル写真を保存

ソリッドステートドライブ(SSD)がより愛用されていますが、HDDは依然として内蔵および外付けのポータブルストレージユニットとして採用されています。

外付けHDDを使用してデジタル写真を保存

磁気記憶装置では、大量データの保存はより安定していますが、物理障害が発生しやすいです。したがって、外付けハードドライブを使用する場合は、バックアップ用のハードドライブをもう1台追加し、安全な場所に保管することをお勧めします。

長所

  • 比較的安価
  • 安定
  • 巨大なストレージ容量

短所

  • 壊れやすい
  • ほとんどの災害に負ける
  • SSDよりも故障しやすい

関連記事:壊れた外付けHDDを復元する方法

2.USBフラッシュドライブでデジタル写真を保存

USBフラッシュドライブは非常に便利で、より多くのファイルを保存できるようになりました。データの長期保存ソリューションに使用できますが、損傷したり紛失したりする可能性が高いため、最適なオプションとは言えません。また、USBドライブ上に保持されている情報は簡単に消去されることがあります。

USBフラッシュドライブでデジタル写真を保存

長所

  • 安い
  • 小さくて持ち運びやすい
  • 共有しやすい

短所

  • 紛失/破損しやすい
  • 限られた容量

関連記事:USBからファイルを回復する方法

3.長期保存のために写真をSSDに移動

可動部品のないSSDは、従来のハードドライブよりも高速で信頼性が高いデバイスです。電源なしで数年間データを保存できる、最も堅牢なストレージコンポーネントと言えます。

長期保存のために写真をSSDに移動

長所

  • 小さくてポータブル
  • 可動部品がないため、信頼性と耐久性が向上
  • 静かで速い動作

短所

  • HDDよりも高価
  • クラウドストレージよりも脆弱

関連記事:SSD向けのデータ復旧ソフト

4.写真をクラウドドライブにアップロード

デジタル写真を物理障害から守り、長期間保存したい場合は、クラウドストレージに保存すればいいです。クラウドストレージは現在、最も人気のあるストレージオプションの1つです。

写真をクラウドドライブにアップロード

クラウドにファイルをアップロードするのは非常に簡単です。Dropbox、iCloud、Googleドライブ、OneDriveなどの様々なクラウドサービスがあります。無料ストレージ容量も提供されています。それ以上の容量を追加したい場合は、一定の金額を支払う必要があります。全体として、クラウドストレージは、デジタル写真やその他の重要なファイルを保存するための最良の方法です。

長所

  • どこからでもアクセス可能
  • 物理的な障害がない
  • 拡張可能なストレージ容量

短所

  • インターネット接続が必要
  • 物理的な制御は不可能
  • 少し高価

関連記事:Dropboxから削除されたファイルを復元する方法

5.バックアップおよび復元ソフトウェアを実行

スマホ、ラップトップ、またはタブレット上の写真が常に安全に保存されているわけではありません。最高のデータの長期保存ソリューションとして、バックアップ&復元ソフトウェアの実行をお薦めします。

バックアップおよび復元ソフトウェアを実行

自然災害による障害を避けるために、オンラインストレージやCrashPlanなどのサービスを利用し、システムのバックアップを作成します。

長所

  • 自動バックアップ機能
  • データをすばやく回復
  • データの長期保管に適している

短所

  • インストール必要
  • 有料ツール

6.写真を印刷して保存

現代社会では、物理的な写真を残したくない人がかなりいます。だが、これは確かに写真を保存するための実行可能な方法です。優れたプリンターがあれば、自宅でデジタル写真を簡単に印刷できます。または、写真店に写真プリントを依頼することもできます。コストがかかるため、すべての写真をプリントすることはお勧めしません。

写真を印刷して保存

長所

  • 誰にでも簡単に見せることが可能、より良い個人的な体験
  • 良いプリンターがあれば、自宅で簡単に印刷
  • デジタル写真ファイルを紛失した場合に役立つ

短所

  • 物理的に損傷しやすい
  • 大量のデジタル写真印刷にコストがかかる

7.安全なデジタルカード(SDカード)で写真を保存

デジタル写真はSDカードに保存できます。この長方形の小さなディスクは、互換性のある電子機器の中に簡単に挿入できます。さまざまなストレージデバイスで利用でき、大量のデータを保存できます。しかし、SDカードは、寿命が短く、破損しやすいです。そのため、写真を数か月間保存したい場合は、SDカードをお薦めします。

安全なデジタルカード(SDカード)で写真を保存

長所

  • サイズが小さく、利用可能な容量が大きい
  • ポータブル
  • 互換性のあるデバイス間で簡単に交換可能

短所

  • 破損しやすい
  • 置き忘れやすい
  • 限られた寿命

ストレージデバイスからデジタル写真を回復する方法

ストレージデバイスからデジタル写真を失った場合、信頼できるサードパーティのデータ復旧ツールであるEaseUS Data Recovery Wizardの使用をお勧めします。削除されたファイルの回復、フォーマットの解除などの高度な機能を備えているツールです。

EaseUS Data Recovery Wizardを使用するメリット:

  • .png、.jpg、.jpegなどのあらゆる画像ファイル形式をサポート
  • 高い復元精度
  • 使いやすく、3つの簡単なステップでファイルを回復
  • 再フォーマットされたドライブから写真またはデータを取得
  • USB、SSD、SDカード、CFカード、HDDなどと互換性がある

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ります。そこで画像を保存している元ディスクを選択して「スキャン」をクリックしてください。選んだディスクのスキャンが開始しました。

画像を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「画像」を選択してください。検出された画像が一つずつ確認して選択することができます。

画像を復元するステップ2-画像検出

ステップ3.復元したい画像を決まったら「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択された画像の保存場所を指定してください。ここまでは画像の復元は完了しました。

画像を復元するステップ3-画像の保存

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ