> How to Use > データ復旧 > 対処法:Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした

対処法:Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。これは、Windows インストーラーが正しくインストールされていないと発生することがあります。サポート担当者に問い合わせてください。こういったエラーメッセージが表示された場合そうすればいいのでしょうか。この記事では、「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」エラーを解決できる、最も役立つ対処法を紹介していきたいと思います。

 

Windows 10でWindows インストーラーが動作できなかった?

「最近、Windows 8からWindows 10へアップグレードしました。今、新しいプログラムをインストールしようとすると、すぐ「別のプログラムをインストール中です。インストールが完了するまでお待ちください。」 というメッセージがホップアップしてきます。今は何もインストールできません。こんな場合はどうしたらいいですか。助けてください!」

対処法:Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした

新しいプログラムをインストールしようとすると、「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。」というエラーメッセージが急にホップアップされてしまう場合はどうしたらいいのでしょうか。この記事で掲載されている対処法を参照して、手軽にこのエラーを解決してみましょう。

方法1.そのソフトの以前のバージョンをアンインストール

もしもWindows インストーラーが動作できない場合、とりあえず、そのソフトの以前のバージョンをアンインストールしましょう。

アンインストールの手順は以下の通りです:

ステップ1:【スタートメニュー】>【設定】の順にクリックします。

アンインストール画像1

ステップ2:【アプリ】をクリックします。

アンインストール画像2

ステップ3:アンインストールしたいアプリ(プログラム)をクリックし、【アンインストール】をクリックします。

アンインストール画像3

ステップ4:「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」が表示されるので【アンインストール】をクリックします。

アンインストール画像4

これでアンインストールは完了です。

方法2.システム構成でインストーラーサービスの動作確認

同時にWindows + R ボタンを一緒に押します。
msconfigを入力してエンターを押すことで「システム構成」に入ります。

システム構成画像1
サービスタブで「Windows installer」をチェックしてOKボタンを押します。

システム構成でWindowsインストーラーの動作確認

パソコンを再起動します。

方法3.Windows インストーラーサービスのレジストリ設定をリセット

下記の内容を参照して、コマンドプロンプトを用いて簡単にWindows インストーラーサービスのレジストリ設定をリセットすることが可能です。

1.コマンドプロンプトを管理者として実行します。
2.コマンドプロンプトのウィンドウで下記のコマンドラインを一つずつ入力してエンターを押します。(一つのコマンドラインを入力するごとにエンターキーを一回押します。)

%windir%\system32\msiexec.exe /unregister
%windir%\system32\msiexec.exe /regserver
%windir%\syswow64\msiexec.exe /unregister
%windir%\syswow64\msiexec.exe /regserver

3.コマンドプロンプトを閉じてパソコンを再起動します。
4.これでWindows インストーラーサービスのレジストリ設定をリセットできました。「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。」とまだ表示されるか確認することができます。

方法4.Windows インストーラーを再インストールする

もし上記の3つの方法でもエラー表示が出てくる場合は、Windows インストーラーを再インストールしなければいけないかもしれません。下記のステップに従ってWindows インストーラーを再インストールしましょう。

1.コマンドプロンプトを管理者として実行します。
2.コマンドプロンプトのウィンドウで下記のコマンドラインを一つずつ入力してエンターを押します。(一つのコマンドラインを入力するごとにエンターキーを一回押します。)

cd %windir%\system32
ren msi.dll msi.old
ren msiexec.exe msiexec.old
ren msihnd.dll msihnd.old

3.exitを入力してエンターを押すことでプロセスを終了します。
4.パソコンを再起動します。
5.Microsoftの公式サイトでWindows インストーラーの最新バージョンをダウンロードしてインストールします。
6.インストレーションが完了した後、パソコンを再起動すればこの「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」エラーが解決されるはずです。

追加ヒント:エラーの解決後、紛失データを復元

すべての対処法がデータ紛失を引き起こす可能性があるので、データを復元ソフトが役に立つと思います。それでは、本文は「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」エラーを解決した後のデータ復元の方法も一緒に皆さんに紹介していきたいと思います。

データ復元といえば、EaseUS Data Recovery Wizardというソフトが役立ちます。Windows 10/8/7のユーザーもこのソフトを使って紛失データを取り戻せます。

1.上述のデータ復旧ソフトをインストールして実行してください。紛失データがあったドライブを選択して「スキャン」をクリックしてください。
2.選択したドライブへのクイックスキャンとディープスキャンが始まります。
3.スキャンプロセスによってすべて復元可能なファイルが表示されますので、それらファイルの中から必要なファイルを選択して「リカバリー」をクリックすることで選択済みのファイルを復元することが可能です。(データが上書きされることを避けるため、元の保存先と異なるドライブを保存先として選択してください。

EaseUS Data Recovery Wizardのインタフェース

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。