> How to Use > データ復旧 > Windows 11のサイズ:Windows 11にはどれくらいの容量が必要?

Windows 11のサイズ:Windows 11にはどれくらいの容量が必要?

Tioka

Tioka |カテゴリ:データ復旧| 2022年04月29日に更新

主な内容:

概要:

Windows 11のシステム要件は何ですか?Windows 11にはディスク上でどのくらいの容量が必要なのですか?このような質問を持っている場合、この記事では適切な回答を得ることができます。さらに、Windows 11のディスク領域を解放し、Windows 11で失われた/削除されたファイルを回復する方法など、非常に有用なヒントをも一緒に紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Microsoftは2021年10月5日にWindows11をリリースしました。それ以降、システム要件を満たすパソコンは、設定で簡単にWindows11にアップグレードすることができます。

Windows11に必要なものとWindows11をインストールするために必要なものは、2つの異なるものです。Windows11のストレージ要件はただ64GBです。足りない容量がなければ、Windows11をインストールする前に、次の警告メッセージが表示されます。

「更新プログラムをダウンロードするには、追加のストレージスペースが必要になる場合があります」。 

Windows 11はどのくらいの容量を占有しますか?

Windows 11のストレージ要件は64GBということは、Windows11のサイズが64GBであることを意味しますか?そうではないと、Windows 11の大きさはどれくらいですか?本文では、Windows11のもっと正確なサイズを探ります。

状況1.Windows11を直接インストールした(クリーンインストール)

クリーンインストールでは、デバイスにWindows 11のみがインストールされ、コンピューター上のすべてのファイル、設定、およびアプリが削除されます。したがって、Windows11が使用するドライブのディスク容量が最も正確です。Windows 11のサイズを確認するには:

ステップ1.スタートメニューで「設定」を開きます。

ステップ2.システム」→「記憶域」の順にクリックします。

windows 11のサイズをチェックするステップ1

ステップ3.システムと予約済み」という項目をクリックして、その詳細を表示します。

windows 11のサイズをチェックするステップ2

上記の画像は、システムと予約済みのサイズの詳細です。システムの復元は、後で設定したバックアップになりますので、不可欠なものではありません。それでは、Windows 11の真実のサイズは、次のようになります。

項目 サイズ
システムファイル 16.0GB
予約済み記憶域 8.38GB
仮想メモリ 3.76GB
休止ファイル 6.29GB

合算すると、Windows 11の真実のサイズは、約34GBになりますね。

ご案内:また、Windows 11をインストールする時に、各プログラムや必要な機能も一緒にインストールされています。もしこのプログラムのサイズを個別に確認したい場合、設定を開き、「アプリ」→「アプリと機能」の順にクリックして確認できます。

windows 11のサイズをチェックするステップ3

Windows 11でディスクの容量を解放する方法

もしWindows 11にアップグレードしたら、ディスクの容量が足りなくなる場合、この容量不足問題を解決するには、どうしたらいいですか?ディスク容量を解放することは、一番適切な対策になります。

関連記事:【超簡単】Windows11ドライブ容量を増やす方法五選

Windows11で失われた/削除されたファイルを回復する方法

削除、フォーマット、ウイルス攻撃、システムアップグレード、またはシステムクラッシュが原因でファイルを失った場合は、EaseUSデータ回復ソフトを使用してこれらのファイルを簡単に取り戻すことができます。これらのファイルが新しいデータで上書きされない限り、Windows11ハードディスクデータ回復ソフトウェアを使用してそれらを復元できます。

  • 簡単な手順でWindows11/10/8/7からデータを取り戻し
  • MP4 / MOVファイル、JPG / JPEG、PNG、BMP写真、およびWord/Excelドキュメントを回復して修復し
  • 外付け/内蔵ハードドライブ、SSD、USBフラッシュドライブ、SDカードなどからデータを復元

このデータ回復ソフトをダウンロードしてインストールし、Windows11から失われたデータを回復します。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復旧したいデータの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

データを復旧するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストで種類を選択してください。検出されたデータを一つずつ確認することができます。

データを復旧するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復旧したいデータを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたデータの保存場所を指定して復元が完了できます。データの上書きを避けるため、復旧されたデータを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

データを復旧するステップ3-ファイルの保存

 

結論

総じて言えば、Windows 11のダウンロードファイルのサイズは約3.5GBで、インストールすると、占用の容量がその10倍の35GBになります。また、少なくとも64GBの空き容量があることを確認する必要があります。さらに、Windows 11の動作が遅い場合は、スペースを解放して速度を上げることができます。プロセス中にデータ損失の問題が発生した場合は、EaseUSデータ回復ソフトを実行して、Windows11で完全に削除されたファイルを回復します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ