> How to Use > データ復旧 > Windows 11データ復元|Windows 11搭載のパソコンでデータを復元する方法

Windows 11データ復元|Windows 11搭載のパソコンでデータを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年07月12日に更新

概要:

Windows 11搭載のパソコンでデータがなくなった場合、どうしたらいいですか?本文では、Windows 11でデータを復元するために、利用可能な対処法をまとめて皆さんに紹介していきたいと思います。Windows 11で―たを復元したい方は、この記事を見逃しないでください。

 

Windows 11のデータ復元について

2021年6月25日に、Microsoft社は5年ぶりに、新しいオペレーティングシステムのWindows 11を正式に発表しました。UIデザインはこれまでのWindowsと完全に変わり、様々な新機能も追加されました。

現在、今までに使用してきたパソコンにWindows 11を導入するユーザーがかなり増えていますし、新しいWin11搭載のパソコンを買い止めたユーザーも少なくありません。Windows 11のユーザー数が伸びているとともに、Windows 11のデータ復元ということに注目する人もかなり増えています。

windows 11のデータ復元

以前のWindowsバージョンと同じ、様々な原因によって、データがなくなったことがよくありますが、Windows 11は最新のオペレーティングシステムとして、利用可能な復旧ツールはそんなに多く存在していません。それでは、Windows 11のパソコンでデータを復元するために、どうすればいいですか?次は、各対処法をまとめて紹介していきたいと思います。

Windows 11でデータが紛失した原因

Windows 11でも様々な原因によってデータの紛失を引き起こすことがあります。ここでまず主な原因をまとめてみたいと思います。

  • 削除・フォーマットの誤操作
  • OSやファームウェアのアップデートの失敗
  • ハードウェアの破損
  • 不良セクタの発生
  • 磁気ヘッドやメディアの損傷
  • 強制シャットダウンした結果
  • マシンがフリーズ
  • ......

だから、これらの原因を大きく分けると、人為的な誤操作、ハードウェアの損傷やハードウェアの障害といった3つの種類に割り当てることができます。この中で人為的な誤操作は一番高い割合を占めているのでしょう。

Windows 11のデータをなぜ復元できる?

Windows 11パソコンから削除したデータが完全に消去されておらず、見えない形でパソコンに存在します。削除操作は、あくまでも空き容量を増やすための操作です。

つまり、ファイルを削除することで、空き容量を増やし、新しいデータが保存できる状態にすることができます。そのため、もし新しいデータが保存されていない場合、削除データを完全に復元することができます。そのストレージデバイスに新しいデータを保存すると、一部の削除データが上書きされて、復元できなくなりますが、上書きされていないファイルをまだ復元することは可能です。

下記の画像を見て下さい。これは、Windows 11パソコンでデータを復元する原因を解説する画像です。

データ復元の原理

それでは、次の内容でWindows 11のデータを復元する方法を見に行きましょう。

Windows 11でデータを復元する方法

Windows 11でデータを復元する時に使われる方法もたくさんありますので、この部分では、最も有効な対策を皆さんに紹介します。

1.Windows 11のゴミ箱からデータを復元する

Windows 11のパソコンでデータを誤って削除してしまった場合、一番効率的な方法は、そのゴミ箱から復元するのです。ゴミ箱を空にしていない限り、削除データを全てゴミ箱で見つけて復元することができます。

ステップ1.Windows 11パソコンのデスクトップでゴミ箱のアイコンをダブルクリックして開きます。

ステップ2.復元したいファイルを右クリックして「元に戻す」を選択します。

ゴミ箱からデータを復元する

ここでWindows 11で削除したデータは元の保存場所に復元します。

2.バックアップから復元

ゴミ箱でデータが見つからず復元を進めることができない場合、バックアップからデータを復元するのは、いつも有効な復元対策です。Windows内蔵のファイル履歴など機能を使って失うと困るデータをバックアップすることもできますし、サードパーティーのバックアップソフトもたくさんあります。

ここでEaseUS Todo Backup Freeという無料で利用可能なバックアップソフトをおすすめします。このソフトは、特定のファイルやフォルダを選択して外付けHDDにバックアップすることもできますし、現在使用中のディスクを丸ごとバックアップすることもできます。また、このソフトはスケジュールによる自動バックアップすることもできるので、バックアップを取ることを忘れる時にも、自動的に実行してくれます。

3.Windows 11互換のデータ復元ソフトを使う

ゴミ箱で復元したいファイルも見つけなく、バックアップをしたこともない場合は、Windows 11互換のデータ復旧ソフトを使うのは、一番推奨の対処法です。ここでEaseUS Data Recovery Wizardという高機能のデータ復元ソフトを皆さんに紹介します。このソフトはWindows 11に完璧に互換しているので、Windows 11パソコンで何の問題もなく実行できます。

このソフトは、紛失データを検出するために、ハードディスクの領域をセクタずつに完全にスキャンしますので、このスキャン機能は非常に強いのです。また、対応可能なデバイスも非常に多様で、Windows 11パソコンに接続する外付けストレージを全部このソフトで復元することもできます。

ステップ1.まず、このデータ復旧ソフトを実行してください。ディスク情報を読込んだ後の初期画面でスキャンを行うディスクを選択してください。次に、スキャンに入ります。

データ復旧1

ステップ2.スキャンが終わると、「削除されたファイル」などから失ったデータをご確認ください。フィルターでデータ種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。

データ復旧2

ステップ3.検出されたデータをご確認の上、チェックして「リカバリー」ボタンを押すと、指定場所に保存することができます。

データ復旧3

ご注意:復旧できたデータが開けなくなる場合、「復元候補」からもう一度復旧してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。