> How to Use > データ復旧 > 対処法:PCがブラックスクリーンになってしまった

対処法:PCがブラックスクリーンになってしまった

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年01月22日に更新

概要:

PCを起動してただ真っ黒な画面になってしまった?PCにログインしたら、ブラックスクリーンになって何も表示されない?ご心配なく、この記事では、PCがブラックスクリーンになった時の対処法を皆さんにご紹介します。もしかして、データ紛失が発生するかもしれないと心配している場合、EaseUSのブータブルディスク付きのデータ復旧ソフトは役に立ちます。

 

助けて!パソコンがブラックスクリーンになってしまった!

今朝、PCを起動し、パスワードを入力してPCの中に入ろうと思っていた時、パソコンがブラックスクリーンのままで何も表示されていませんでした。マウスポインターは見えていましたが、何の操作もできませんでした。この場合、どうすればいいのでしょうか。何か有効な対処法がありますでしょうか。

下記は、PCがブラックスクリーンになった時のいくつかの対処法を皆さんにご紹介しますので、ぜひご参照ください。

パソコンがブラックスクリーンになった原因

パソコンのブラックスクリーンの問題は、特に一部の古いコンピュータや組み立てられたコンピュータでよく発生しています。 過熱、ディスプレイの損傷、マザーボードの損傷、ウイルスの隠蔽、グラフィックカードの損傷、システムのインストールの問題、電源など原因で、パソコンがブラックスクリーン障害になる可能性があります。

電源不良:PCの電源の不良により、パソコンの画面がブラックになる可能性があります。たとえば、新しい機器を使うときに、モニターが停電してしまった。

アクセサリの損傷:マザーボード、メモリ、およびグラフィックカードの問題により、画面が真っ黒になります。

マザーボードとアクセサリの接続不良:グラフィックカードなどとマザーボードが正しく接続されない原因です。

その他の理由:BIOS更新エラー、悪意ウイルス、ディスプレイアダプタードライバーの更新の問題などの理由により、ディスプレイが崩壊する可能性があります。

上記の点は、パソコンがブラックスクリーンになった原因です。ブラックスクリーンになったの特定な原因がわからない場合があるので、偶に複数のアプローチを試す必要があります。

方法1.セーフモードでブラックスクリーンを修復

1.Ctrl+Alt+Delキーを同時に押して、タスクマネージャーを開きます。ファイル新しいタスクの実行 をクリックしてexplorer.exeを入力してエンターキーを押します。そして、問題が解決されるかどうかを確認できます。

2.すべての外付けデバイスを取り外して再起動。

3.セーフモードに入って、Win + Cを同時に押して 設定コンピュータの設定を変更アップデートと復元Windows Updateをクリックしてください。 そして、アップデートをチェックして新たなバージョンをインストールしてください。

方法2.Windows10のインストールメディアでブラックスクリーンを修復

この部分では、Windows10のインストールメディアが必要となります。ダウンロードしてUSBメモリ/DVDに焼きこんで、そのメディアを問題PCと接続して、そこからPCを起動します。

そして、コンピュータの修復をクリックしてください。

トラブルシューティング詳細オプションスタートアップ修復の順にクリックしてPCを再起動してください。

パソコンが起動すると、いくつかのオプションが表示されます。 F5を押すことでセーフモードに入ってください。
それから、デフォルトのディスプレイをチェックしてそのドライバーをアンインストールして再インストールしてください。

後記:ブラックスクリーンのpcからデータを復元

どちらの方法でブラックスクリーンを修復しても、データ紛失に直面することを避けられません。

ここで、ブータブルディスク付きの高機能なデータ復旧ソフト―EaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにおススメします。このソフトを使うことで、起動できないパソコンからデータを復元するのは可能です。以下は詳細なチュートリアルを参照してみましょう。

ステップ1:EaseUS Data Recovery Wizard WinPEを実行します。

ステップ2:EaseUS Data Recovery Wizard WinPEは自動的にCD/DVDデバイス/USBドライブを認識し、IOSファイルを作成しエクスポートできます。

EaseUS Data Recovery Wizard WinPEでブータブルディスクを作成

ステップ3:CD/DVD/USBドライブを選んで、「Proceedを押してブータブルディスクを作成します。

WinPE ディスクからEaseUS Data Recovery Wizardを実行する

パソコンのブートシークエンスを変更します。「取り外し可能なデバイス」(ブータブルUSBディスク)あるいは「CD-ROM Drive」(ブータブルCD/DVD)をハードディスクの前に移動して、「F10」を押して、変更を保存してから終了します。

WinPEブータブルディスクからパソコンを再起動して、EaseUS Data Recovery Wizard実行します。このソフトを使ってデータを復元することが可能です。

まとめ

上記の方法では、pc画面が真っ黒になった対処法を紹介しました。ご参考になれば幸いです。また、PCがブラックスクリーンやブラックアウトなどの問題に直面したときに、 データを守るために起動しないのPCからデータを転送することも大事です。もしブラックスクリーンが修復してもデータが紛失された場合は、データ復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardをお薦めます。数クリックで簡単にデータを取り戻せます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。