> How to Use > データ復旧 > 「2018最新対策」Windows再起動後、データが全部なくなった

「2018最新対策」Windows再起動後、データが全部なくなった

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2019年05月28日に更新

概要:

Windows再起動後、データが全部なくなったらどうしたいいですか。この記事では、Windowsのクラッシュなどの原因で再起動後、データが全部なくなったエラーを修復できる2018最新対策を書いてきます。このようなエラーに遭遇した場合、この記事がきっと解決を導く助けになります。

 

Windows再起動後、大事なデータがなくなるエラーについて

Windowsで初期化、フォーマットなどの操作をしていないならば、データが全部消えてしまったのは、多分下記の3つの原因が考えられると思います。

  • ウイルスへの感染
  • 差し迫ったハードドライブの障害
  • 再起動時にハードクラッシュが発生するため、プロファイルをロードできない

対処法:Windows再起動後、データが全部なくなった

対処法1.ユーザーアカウントを切り替え

ユーザーアカウントが異なると、Windowsが正常にプロファイルをロードできませんので、再起動後、データが全部なくなったように表示されることがあります。ここで現時点のアカウントからログアウトして自分のアカウントやパスワードで再ログインにしてみましょう。

対処法2.老化したハードディスクからデータをエクスポート

老化したハードディスクにとっては、物理障害や論理障害が頻繁に発生しています。そこで、予想せぬ障害が発生する前に、そのハードディスクからデータをエクスポートし、データを堅く守っておきましょう。

もし、データがすでに消えてしまった場合、ハードドライブのデータ復旧ソフトが役に立ちます。データ復旧ソフトを使えば、消えてしまったデータを復元することが可能です。

また、ハードディスクがまだ正常な状態でしたら、予想せぬ障害出データ紛失を防ぐため、クローンソフトでそのディスクを事前にクローニングしておけば安心でしょう。

ハードディスクから消えたデータを復元する手順

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 ハードディスク 復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検索し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 ハードディスク 復旧2

ステップ3.スキャン結果の中で復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。

ハードディスク 復旧3

対処法3.システム回復を事項

再起動後に、データが全部なくなっているのを発見した場合、システム回復によって、予想せぬデータ障害を回避することが最優先です。

Warning
注:システム回復によってコンピューターを以前の状態に戻し、データを復元するのも有効な手であるとは言え、その後に編集/保存/作成したファイルがなくなりますので要注意!

システム回復(システムの復元ポイントから復元)の実行手順

コントロールパネル回復システムの復元を開く

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。