> How to Use > データ復旧 > 「Inaccessible Boot Device」エラーを修復する方法(停止エラーコード0x0000007b)

「Inaccessible Boot Device」エラーを修復する方法(停止エラーコード0x0000007b)

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年02月05日に更新

主な内容:

概要:

停止エラーコード0x0000007b「Inaccessible Boot Device」は、Windows 10パソコンで発生する最もみられているブルースクリーンエラーです。このページでは、「Inaccessible Boot Device」エラーを修復するを修復する方法を皆さんに紹介します。また、データ復旧用のWinPE ディスクを作成してデータを救出する方法を一緒に紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Inaccessible Boot Deviceとは

Inaccessible Boot Deviceエラー、または停止エラーコード0x0000007bについて、皆さんは詳しくないかもしれないが、ブルースクリーン問題(BSOD)について、皆さんも知っているのでしょう。

Inaccessible Boot Deviceを和訳すると、アクセス不可能のブートデバイスとなります。つまり、Inaccessible Boot Device問題は、ブルースクリーン問題の一種であります。時に、Windows 10をアップデートした後によく発生しています。この問題が発生すると、Windowsのブートパーティションが見つからないため、Windows 10が正常に起動することができなくなります。

inaccessible-boot-device-0x0000007b

一般的には、ブートデバイスには、SSD、CD/DVD、USBドライブなどが含まれています。SSDを使っているパソコンでは、このInaccessible Boot Device問題が発生する確率は比較的に高いんです。

それでは、どうやってこのInaccessible Boot Device問題を修復すればいいですか。このようなブルースクリーン問題を修復してパソコンを正常な状態に戻すには、下記の対処法を参照してみましょう。

Inaccessible Boot Deviceが発生する原因

それでは、Inaccessible Boot Device問題が発生する原因は何ですか?エラーメッセージが表示するように、最もみられる原因は、「オペレーティングシステムが見つからない」と「重要なプロセスが停止した」です。

Inaccessible Boot Deviceからデータを救出する方法

Inaccessible Boot Deviceが発生して、パソコンを起動することができない時に、一番先にすべきなのは、パソコンに保存されているデータを救出することです。それでは、パソコンが起動できないなら、どうやって修復すれ売いですか。 EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Mediaはこのようなときに役に立ちます。このツールを使って、WinPEディスクを作成して、起動不可能のパソコンからデータを救出することもできます。

EaseUS Data Recovery Wizardの起動ディスクを作成する方法

ステップ1.データ復旧用のWinPEブートディスクを作成する

準備すべきもの:

1.書き込み可能なUSBメモリ/DVD-R/CD-R。

2.EaseUS Data Recovery Wizard WinPE

3.EaseUS Data Recovery Wizard

起動ディスクを作成する操作手順:

1)USBメモリ/DVD-R/CD-Rををパソコンに挿入して、EaseUS Data Recovery Wizard WinPEを実行します。

2)EaseUS Data Recovery Wizard WinPEがUSBメモリまたはDVD-RまたはCD-Rを認識して、ISOファイルをエクスポートすることができます。

EaseUS Data Recovery Wizard WinPE

3)USBメモリまたはDVD-R/CD-Rを選択して、[Proceed]をクリックします。

ここまで、WinPE起動ディスクの作成が完了します。

ステップ2.EaseUS Data Recovery Wizardでデータを復旧する

1.パソコンのブートシーケンスを変更して、「Removable Devices」或いは「CD-ROM Drive」「Hard Drive」の前に移します。そして、「F10」をタップします。

2.パソコンを再起動して、EaseUS Data Recovery WizardをWinPEブータブルディスクで実行します。

3.紛失ファイルの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。

Windowsパソコンが起動できない時のデータ復旧ステップ3

4.クイックスキャンが完了されたら、ディープスキャンが自動的に行います。

Windowsパソコンが起動できない時のデータ復旧ステップ4

5.復元したいファイルをチェック入れて、「リカバリー」をクリックします。

Windowsパソコンが起動できない時のデータ復旧ステップ5

「EaseUS Data Recovery Wizard WinPE」のご購入は、こちらまでご検討ください。

Inaccessible Boot Device問題を修復する方法

上記の対処法に従って、データを救出して、安全な場所に保存してから、下記の対処法に従って、このInaccessible Boot Device問題を修復してパソコンを正常な状態に戻すことができます。

対処法1.最近にインストールしたパッケージをアンインストール

Inaccessible Boot Device問題が急に発生する場合、最近にインストールしたパッケージをアンインストールすると、この問題が解決される可能性があります。

コマンドプロンプトを起動して最近にインストールしたパッケージをアンインストールするには、設定更新とセキュリティ回復PCの起動をカスタマイズする今すぐ再起動の順にクリックしてください。

それから、パソコンが再起動すると、ブルースクリーンのメニューが表示されます。この画面でトラブルシューティング高度オプションコマンドプロンプト の順にクリックします。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトの画面が表示されマスト、下記のステップに従って、最近にインストールしたパッケージをアンインストールしましょう。

ステップ1.dir c: を入力してエンターキーを押します。 (Cドライブはシステムドライブと仮定します。)

ステップ2. コマンド:Dism /Image:c:\ /Get-Packagesを実行します。そうすると、すべてインストール済みのパッケージが表示されます。ここで最近にインストールしたパッケージを確認して、パッケージの名前を覚えます。

ステップ3. dism.exe /image:c:\ /remove-package /[パッケージの名前]を入力することで、指定のパッケージを削除することができます。

ステップ4. パソコンを再起動します。

対処法2.BIOSでACHIを有効にする

違うパソコンのモデルによってBIOSを起動する方法は違っています。一般的にはパソコンを起動するときに、F2キーを押しながら、パソコンのBIOSを起動することができます。そして、高度オプション(Advanced Option)メニューでACHIモードを有効にすることができます。

ahciモードの有効化

対処法3.ドライバーを更新する

もしドライバーが古いか、ほかの問題がある場合、Inaccessible Boot Device問題が発生する可能性もあります。それでは、下記のステップに従って、ドライバーを更新しましょう。

デバイスマネージャーでドライバーを更新をする:

ステップ1.パソコンのデスクトップでコンピューターアイコンを右クリックして「管理」を選択して、「コンピューターの管理」を開きます。

ステップ2.この画面で「デバイスマネージャー」を選択します。

ステップ3.IDE ATA/ATAMPOコントローラー」欄を展開して、項目を右クリックして「ドライバーの更新」をクリックすると、ドライバーが自動的に更新されます。

ドライバーを更新する

対処法4.ハードドライブの破損をチェックと修復

Inaccessible Boot Device問題が発生するもう1つの原因は、ハードドライブに破損があるからです。それでは、下記のステップに従って、コマンドプロンプトを使って、ハードドライブの破損を修復しましょう。

ステップ1.Windows + X キーを同時にクリックして、コマンドプロンプト(管理者)を選択します。
ステップ2.chkdsk /r C:を入力してエンターキーを押すことで、修復プロセスを始めます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ