> How to Use > データ復旧 > ファイル履歴のドライブが長時間にわたって切断されていました、ドライブを再接続する方法

ファイル履歴のドライブが長時間にわたって切断されていました、ドライブを再接続する方法

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年10月27日に更新

主な内容:

概要:

Windows 10エラー:ドライブの再接続、ファイル履歴のドライブが長時間にわたって切断されていました。ファイルのコピーの保存を続行するには、ドライブを再接続してからタップまたはクリックしてください。このエラーが発生する場合、本文で紹介する対策を参照して、トラブルシューティングを行いましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows 10のファイル履歴は、特定のフォルダーのデータを外付けHDD、USBフラッシュドライブ、またはネットワークドライブにバックアップして保護するユーティリティです。

しかし、ファイル履歴を使っている中、次のようなエラーが発生することがよくあります。

  • ドライブの再接続、ファイル履歴のドライブが長時間にわたって切断されていました。ファイルのコピーの保存を続行するには、ドライブを再接続してからタップまたはクリックしてください。
  • ファイル履歴のドライブは接続されていません。再度と接続して試してください。
  • ファイル履歴のドライブに再接続してバックアップを実行するまでの間、ファイルは一時的にハードドライブにコピーされます。

ファイル履歴のドライブの再接続のエラー1

このエラーが発生する原因といえば、主に次のようになっています。

  • USBフラッシュドライブ、外付けHDDが接続されていません。
  • ファイル履歴機能をオフにしています。
  • ファイル履歴のドライブのファイルシステムが破損になっています。
  • ファイル履歴のバックアップに失敗しました。

「ドライブを再接続してください」エラー

もし、同じようなエラーに遭っている場合、下記の効果的な対策を参照して、このエラーを修復してみましょう。

重要:ファイル履歴がバックアップに失敗した場合、削除データを復元する

ファイル履歴のドライブが非接続の場合、ファイル履歴はデータをバックアップすることができないので、データ紛失が発生します。バックアップからデータを復元しようとする場合は、データがつからない場合は、どうしたらいいですか?バックアップなしでもデータを復元することできませんか?

このような場合、EaseUS Data Recovery Wizardという有名なファイル復元・修復ソフトを使えば、簡単にデータを復元することができます。下記のダウンロードボタンからこのプログラムを無料で取得して、データ復元を行いましょう。

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 外付けHDD復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検出し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 外付けHDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックすることで復元できます。

注:外付けHDDでのパーテイション全体が紛失してしまった場合、スキャン中に「紛失パーテイション」という項目が表示され、「紛失パーティション」下でデータを探すのがお勧めいたします。

外付けHDD復旧3

データを復元した後、下記の方法を参照して、「ファイル履歴のドライブが長時間にわたって切断されていました。」エラーの修復に移ることができます。

方法1.ファイル履歴のドライブを再接続する

Windows 10でファイルを外付けHDD、USBフラッシュドライブにバックアップしたい場合は、それらのストレージデバイスを正確にパソコンに接続していることを確保してください。

ドライブをパソコンに正確に接続して、同じようなエラーが発生する場合、手動で当該ドライブをターゲットディスクに設定する必要があると思います。

ステップ1.Windows 10で設定を開き、「更新とセキュリティ」を選択します。

ファイル履歴のドライブを再接続するステップ1

ステップ2.左側メニューで「バックアップ」→「ドライブの追加」の順にクリックすれば、ドライブを検索して、バックアップを作成することができます。

ファイル履歴のドライブを再接続するステップ2

方法2.ファイル履歴機能がオンにしていることを確認する

「ファイル履歴のドライブが接続されていないので、再接続して試してください。」エラーは、ファイル履歴機能がオンにされていない時に発生することが多いのです。このような場合は、ファイル履歴を再度とオンにしたら、エラーを解決することができます。

ステップ1.「ここに入力して検索」ボックスで「ファイル履歴」を入力して「ファイル履歴でファイルを復元」を選択します。

ステップ2.もしここで「ファイルの履歴が見つかりませんでした」というメッセージが表示されたら、「ファイル履歴の設定を構成てください。」をクリックします。

ファイル履歴の設定を構成

ステップ3.「ファイル履歴はオフになっています」の下にある「オンにする」ボタンをクリックします。

ファイル履歴の設定をオンにする

方法3.破損のファイル履歴のドライブを修復する

通常、外付けHDD、USBフラッシュドライブをファイル履歴のドライブとして使われています。この外付けHDD、USBフラッシュドライブが破損になったら、ファイル履歴を開く時に、エラーが発生します。

このような場合は、CHKDSKコマンドで破損したディスクのファイルシステムをチェックして修復することが必要です。

ステップ1.検索ボックスで「cmd」を入力して、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

ステップ2.「chkdsk E: /f /r /x」を入力してドライブを修復します。(ここでEをファイル履歴のドライブのドライブ文字に置き換える必要があります。)

repair corrupted file history drive

方法4.ファイルを自動的にバックアップ可能なツールを利用する

上記の方法は全部役に立たない場合は、ファイル履歴よりもっと機能がいいツールでファイルのバックアップを行うことがおススメです。それは、大人気で信頼できるバックアップソフトのEaseUS Todo Backupです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

このツールは、ファイルのバックアップ、システムのバックアップ及びディスク/パーティションのバックアップに全部対応できます。OSを再インストールする必要なく、それを現在のhddからSSDに移行することもできます。

それでは、下記のステップを参照して、ファイルバックアップのスケジュールを立て、ファイルを自動的にバックアップしましょう。

Step 1.EaseUS Todo Backupを実行して、「ファイルバックアップ」をクリックします。そして、「ユーザー定義」或いは「ファイルの種類」によりファイルを選択します。

ユーザー定義:デフォルトで、ユーザはユーザー定義によりファイルを選択します。パソコンや記憶メディア上の単一または複数のファイルやフォルダをカテゴリにより選択することができるほか、ネットワークからもファイルを選択することが可能です。Windows 7では、ライブラリをバックアップ対象として選択することもできます。
ファイルの種類:ドキュメント、動画、画像、音楽、Eメールなどのファイルの種類の選択により、各ファイル種類の複数のファイル形式を選択できます。バックアップしたいファイルにチェックをつけてください。

「ユーザー定義」

「ファイルの種類」1

「ファイルの種類」2

「追加」をクリックして、ファイルの種類およびファイルの形式を追加することができます。

「追加」

ファイルの種類およびファイルの形式を追加する

Step 2.バックアップ設定を編集します。まずはバックアップファイルを保存するターゲットを指定して、プラン名と説明(必要であれば)を入力します。「ファイルバックアップ」ウィンドウの下で、「スケジュール設定」「バックアップオプション」「イメージの保存設定」と3つのオプションがあります。ここでバックアップの間隔(毎日、毎週、毎月、毎年)、圧縮率、パスワード、イメージの保存時間などを設定することができます。

「スケジュール設定」

Step 3.「実行」をクリックして、ファイルとフォルダのバックアップを実行します。

まとめ

ファイル履歴を使っている中、ドライブ上の問題が発生する場合、ここで完璧な対策を見つけることができます。結論からといえば、ファイル履歴のドライブに何か不具合が発生して、ファイル履歴でバックアップすることができない場合は、そのドライブを取り外して再接続するか、ファイル履歴を完璧に代替できるバックアップソフトを使うのは、一番効果的な対策だと思います。

また、ファイル履歴のエラーによってデータ紛失が発生する場合、データ復旧ソフトを使って、紛失データを取り戻すことも可能という結論に至りました。
 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ