> How to Use > データ復旧 > Chkdskがファイルを削除したことがある?

Chkdskがファイルを削除したことがある?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

コマンドプロンプトでChkdskコマンドラインを使うと、たまにパソコン上のデータを削除することはあります。こんな時、どうすればいいのでしょうか。ここで大いに役に立つCHKDSK削除復旧ソフトを皆さんにご紹介します。

 

「Chkdsk」がファイルを削除したことがある?

「Windows10で外付けHDDを開こうとする時、chkdskを実行する必要があるという提示が表示されました。このchkdskプロセスはデータを削除するかどうかがちょっと分からず、実行しませんでした。chkdskを実行する前に、何かデータを安全に守る方法がありますか。」

実際には、chkdskの実行によってデータが紛失されたケースは少なくありません。そこでChkdskがファイルを削除する可能性があるなどと言われているようですが、そう多く起こることではありません。

「Chkdsk」とは?

Chkdsk」(チェックディスク、CheckDiskの略) とは、コマンドプロンプトで実行可能なディスクのエラーのチェックツールです。chkdskには修復オプションもたくさんありますので、ディスクの修復ツールとして用いられることもよくあります。つまり、windows向けの不良セクタ修復ソフトのように、パーティションのエラーをチェックして不良セクターを修復できるシステムツールです。windows 98の頃はスキャンディスクと呼ばれていたこともあります。

chkdskの書き方

chkdskはコマンドプロンプトで実行するツールなので、既定のルールに従って正確に書かないと実行できません。だから、ここでchkdskの正確の書き方も皆さんに紹介していきたいと思います。

書き方:chkdsk [volume:][[Path] FileName] [/f] [/v] [/r] [/x] [/c] [/l[:size]]

コマンドプロンプトでchkdskを実行したい場合、基本的には上記のような書き方となります。上記の書き方のように、chkdskの後ろに、いろんなオプションが付いています。次はこれらのオプションの具体意味を解説しますので、自分のニーズによって、必要なオプションのみを残せばいいと思います。

chkdskのオプション解説

この部分では、chkdskの後ろの各オプションの意味を皆さんに紹介します。

  •  [volume:] 

chkdskを実行したいディスクを指定するための項目です。常にディスクの文字を入力します。

  • [[Path] FileName] 

チェックしたいファイル、またはファイル集合を指定するための項目です。

  • /f

ディスクのファイルシステムのエラーを検出して修復するためのオプションです。

  • /v

ディスクへのスキャンを行う時に、スキャンするファイルの名前を全て表示するためのオプションです。

  • /r

ディスクの不良セクターを検出するためのオプションです。不良セクターを検出すると、まだ読み込み可能なデータを回収します。

  • /x

NTFSのみで利用可能です。必要がある時にボリュームをまず強制マウント解除する権限を与えるオプションです。このオプションには/fが含まれています。

  • /i

NTFSのみで利用可能です。チェックの量が小さい時に、チェックに要する時間をなるべく短縮するためのオプションです。

  • /c

NTFSのみで利用可能です。フォルダー構造内の周期的なチェックをスキップするためのオプションです。

  • /l[:size]

NTFSのみで利用可能です。ログファイルのサイズを指定するためのオプションです。サイズを自分で入力しないと、ログファイルは現在の値で表示されます。

  • /? 

コマンドプロンプトでヘルプを表示させるためのオプションです。

  • /b

NTFSのみで利用可能です。Windows Vista以降に追加されたもので、ボリューム上の不良クラスターを再評価するためのオプションです、つまり、このオプションを指定すると、「/R」と「/F」も指定したことになります。

「Chkdsk」はデータ紛失を起こしますか?

多くの場合、Chkdskを使うのはリスクがなく、データを削除することもありません。とはいえ、Chkdskの修復作業となると、インデックスに上書きをする形で行われます。「上書き」……つまり、復元不可能になってしまうのです。そのため、万が一のデータ紛失を防ぐため、Chkdskを実行する前に、大事なデータのバックアップを取っておくべきでしょう。

最もの場合、ユーザーはchkdsk /f 若しくはchkdsk /r コマンドを使ってハードドライブのエラーを修復します。ハードドライブに不良セクターがある時、またはハードドライブのファイルシステムが破損した時に役に立ちます。それらの修復プロセスは、システムの情報を変更することで、データ紛失を起こすこともあり得ます。また、もし、ハードディスクが物理的に破損を起こしている場合は、スキャンを行わないほうがいいです。特に、修復はチェックに比べ、データ損失の可能性が高くなるので、注意が必要です。

「Chkdsk」の実行によって削除されたファイル/フォルダを復元する方法

多くのユーザーは、Chkdskを実行しようとする時に、Chkdskがファイルを削除されることをとても心配します。上記のように、データ紛失の危険をなくす方法として、事前にバックアップするのは、一番いい方法だと考えられます。しかし、うっかりバックアップをするのを忘れてchkdskを実行してしまった、また、バックアップが上手く取れていなかったなど、もしも、既にデータが消えてしまっている場合、ここでChkdskでのデータ紛失後の復旧ソフトを皆さんにご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizardという強力的なデータ復旧ソフトは、削除ファイルの復元、フォーマット復元などに完璧に対応しています。Chkdskが大事な個人データを削除してしまった場合、このソフトを使って復元するのは可能です。

ステップ1.ソフトを開き、chkdskが削除したファイルをスキャンを始めるのに、ソフトの初期画面でそのファイルの元の保存先を選択して、「スキャン」をクリックする必要があります。

chkdskが削除したファイル 復元1

ステップ2.選択したドライブへのスキャンは開始されます。ドライブの容量によってちょっと時間がかかる場合もありますので、落ち着いて待ってください。

chkdskが削除したファイル 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わると、そのドライブにあったファイルがすべて表示されます。その中からchkdskが削除したファイルを選択して「リカバリー」をクリックすればOKです。

chkdskが削除したファイル 復元3

ファイルを特定するには役に立つ機能

フィルダー:ファイル種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小する。

復元候補:破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

検索ボックス:検索ボックスで直接にファイル名を検索することが可能です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。