> How to Use > 記憶媒体復旧 > CMDでメモリカードから削除されたファイルを復旧する方法

CMDでメモリカードから削除されたファイルを復旧する方法

Bak | カテゴリ: 記憶媒体復旧 | 2019年09月27日に更新

概要:

この記事では、CMDでメモリカードから削除されたファイルを復旧する方法を皆さんに紹介します。

 

一般的には、大切なデータが何らかの原因によってなくなった場合、多くのユーザーはデータ復旧サービスを利用します。しかし、データ復旧サービスの料金が高くて、かなり時間がかかります。本文では、CMDでなくなったデータを復元する方法を皆さんに紹介します。また、CMDで復元できない、又は使い方にあまり詳しくない場合は、復旧サービスと比べてコスパが比較的に高いデータ復旧ソフトをおすすめします。

コマンドでメモリ上削除されたファイルを復旧できる?

CMD指令でメモリカードから削除されたファイルを復旧できるって本当ですか?実は先日メモリカードでの大事なファイルを削除してしまって、とても焦っています。助けてくれる方はいますか?」

コマンドプロンプト(CMD)で指令を実行することで、確かに誤削除による紛失されたファイルを復旧することが可能です。もしSDカードでのファイルを誤って削除したり、USBをフォーマットしたり、ゴミ箱を一新したりしたら、コマンドプロンプトを使ってデータ復旧を試しましょう。

  • 1. まずはメモリカードをパソコンに接続します。(以下はメモリカードのラベル名をG:と仮定して、例に取ります)
  • 2. ここに入力して検索」で「Cmd」を入力して、コマンドプロンプトを管理者として実行します。
  • 3. 指令:chkdsk G: /fをタイプしてエンターします。
  • 4. Y」をタイプして、指令を実行します。
  • 5. G:」をタイプして、初期画面に戻ります。
  • 6. 指令:「G:\>attrib -h -r -s /s /d *.*」をタイプして実行します。それで、このメモリカードから削除された全てのファイルが復旧されます。

メモリカード復元に対応する無料データ復旧ソフト

CMD指令以外、専門的な復元ソフトでファイルを取り戻すのはもっと効率的な復元方法です。CMD指令が効かない場合、またはもっと効率的にファイルを復元したい方は下記のガイドを参照してください。

ここで、メモリカードに対応する無料データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。メモリカードでのデータを間違って削除、或いはフォーマットしても、上書きされない限り、復旧することが可能です。ファイルを誤削除した方は是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.14

ステップ1.ソフトのインタフェースでメモリカードを選択した上、「スキャン」を実行します。

メモリカードデータ復元1

ステップ2.ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、メモリカードを全体的にスキャンします。スキャン途中でデータのプレビューと検索ができます。

メモリカードデータ復元2

ステップ3.スキャンが終わると、その結果の中から復元したいファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。上書きされないために、異なる保存場所を選択してください。

メモリカードデータ復元3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
SDカードを
復活する

強力なスキャン機能で、SDカードを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。