> How to Use > 記憶媒体復旧 > 不良セクターのあるハードディスク用復元・修復ソフト

不良セクターのあるハードディスク用復元・修復ソフト

Bak

Bak

|カテゴリ:記憶媒体復旧| 2021年09月29日に更新

主な内容:

概要:

パソコンが故障した後、ほとんどのユーザはハードディスクをフォーマットするか、交換すると思いますが、論理的には不良セクターによるハードディスク障害は修復できます。また、修復後パソコンを正常に使用することもできます。次は、簡単な修復方法をご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

パソコンの各部品の中で、ハードディスクは最も脆いといわれます。パソコンを起動してから、ハードディスクは高速回転の状態が繰り返されます。加えて、今のソフトウェアはどんどん大きくなっているので、ハードディスクの読み書き操作もますます頻繁になってきています。こういうような高速回転の状態が繰り返す中、ハードディスクには不良セクターが発生し、パソコンの動作が重くなるから起動できないまでの症状を引き起こす可能性があります。

ディスクのセクターと不良セクター

セクターとは

磁気ディスクや光学ディスクなど、コンピュータの記憶装置に用いられる円盤(ディスク)状の記憶媒体(記録メディア)における最小の記録単位を「ディスクセクタ」と呼ばれています。一つのセクタあたりの記憶容量(セクタサイズ)は512バイトから2048バイト(2KB)までの場合は多いのです。だから、パソコンのディスクにデータを保存する場合は、連続の複数セクターを用いて保存することになります。

不要セクターとは

セクターはディスクの最小の記録単位ということが分かりました。ゆえに、不良セクターは壊れたセクターで、記録できない記録領域のことを指します。

ファイルをディスクに保存することは、複数のセクターを連続的に利用しているので、その中の1つのセクターが壊れるようになる場合、ファイルも破損になって開かないようになることも多いのです。

このような場合、ハードディスクをフォーマットするか、交換するユーザーは少なくないと思いますが、論理的な不良セクターによるハードディスク障害は実際に修復できます。修復後、パソコンを正常に使用することもできます。次は、簡単な修復方法をご紹介します。

ハードディスクで論理的不良セクターが発生した原因

論理的不良セクターはハードディスクにデータを書き込んでいる時、予期しない妨害を受けて、ECCエラーになった可能性が高いです。過程から言えば、ハードディスクにデータを書き込んでいるとき、ECCロジックでデータを改めて組み合わせることがあります。一般的に、オペレーティングシステムは余分に512バイト書き込みますが、実際ハードディスクは何十バイトをも余裕で書き込みます。すべてのバイトはECCによってコード化されますが、原バイトによって算出されたECC検査コードは読み取られたバイトによって算出されたECCと違っている場合、ECCエラーが起こります。これが主な不良セクターが発生する原因です。

ハードディスクの論理的不良セクターの修復方法

下記は、システム内蔵不良セクターの修復ツールで、不良セクターを検索して、修復することができます。

1.「コンピュータ」で不良セクターをチェックしたいドライブを選択して、右クリックします。

2.ポップアップウィンドウで「ツール」>エラーチェックで「チェック」をクリックします。

論理的不良セクターの修復方法

3.不良セクターがある場合、「ディスクのチェック」ウィンドウが表示されます。「チェックディスクのオプション」で、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクターをスキャンし、回復する」にチェックを入れて、「スタート」をクリックします。

4.システムが自動的に不良セクターをスキャンして、修復します。しばらくお待ちください。

システムはディスクのスキャンを行えない、或いはWindowsシステムに入れない場合、起動ディスクによってシステムを起動した後、「A:」などのドライブレターで「Scandisk *」(スキャンしたいドライブレター)を実行してください。「Enter」をクリックして、ドライブを修復することができます。

不良セクターのあるハードディスク用のデータ復元ソフト

一般的には、不良セクターに保存しているデータがアクセスできない場合は多いです。それに、不良セクターを修復後、データが破損したり、なくなったりするのもよくあるので、ここでは「EaseUS Data Recovery Wizard」をお勧めします。このデータ復旧ソフトは不良セクターのあるHDDの復元、SSDのデータ復旧、SDカードのデータ復元など、ほぼ全てのデバイスに対応しているので、様々なストレージデバイスに不良セクターが発生してもこのソフトによってデータの安全性を強く守れます。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで高復元率保証
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどを事前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.15

不良セクターのあるドライブから、紛失データを復元する手順

次は、EaseUS Data Recovery Wizardを使って、不良セクターのあるHDDからデータを復元する手順を紹介します。この復元ソフトはお試し版を提供しているので、まずお試し版を使って、データをスキャンしてください。上記のダウンロードボタンをクリックして、ソフトをPCにインストールすることが可能です。

ステップ1.ソフトの初期画面でHDDのドライブを選択した上、「スキャン」をクリックしてください。

 HDD復旧1

ステップ2.スキャンは実行されます。削除されたファイルを検出してから、ドライブ全体をスキャンします。また、途中でデータの検索とプレビューができます。

 HDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。データが再度破壊されないために、ほかの保存場所を選択してください。

HDD復旧3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ