> How to Use > 記憶媒体復旧 > 対処法:外付けHDDから消えたファイルがまだ容量を占めている

対処法:外付けHDDから消えたファイルがまだ容量を占めている

Tioka

Tioka |カテゴリ:記憶媒体復旧| 2021年12月03日に更新

主な内容:

概要:

外付けHDDからファイルフォルダが消えたのに、まだ容量を占めている場合、外付けHDD側に不具合があるかもしれません。この記事で紹介する対処法に従ってこのエラーを解決してみましょう。また、EaseUS Data Recovery Wizardでエラー解消中に発生するデータ紛失事故を防ぐことも可能です。

EaseUS Data Recovery Wizard

外付けHDDは、ポータブルストレージデバイスの一種として、USB、eSATA、ファイアワイア経由でパソコンに接続することができます。その容量は、普段のパソコンとタブレットの容量をも上回っていますので、大量のデータを保存するために、一番適切なストレージデバイスとも言われています。データが多くなると、常に古いデータを削除して、新しいデータを保存する必要があります。

しかし、ファイルを削除したとしても、多くのユーザが消えてしまったデータ/ファイルはまだ容量を占めていることに気づいていました。この問題を解決するため、ここで数個の簡単な対処法を皆さんにご紹介します。これら対処法を参照して大事なデータを損失することなくこの問題を解消しましょう。

外付けHDDから消失したデータを復元する方法

問題解決に移る前に、EaseUS Data Recovery Wizardでデータを復元しておくことをおすすめします。上記の対処法を試す過程でのデータ損失を防ぐために、あらかじめデータ復元ソフトで、データを保護しておきましょう。以下で詳しく、ソフトの紹介とその操作手順についてご紹介します。

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 外付けHDD復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検出し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 外付けHDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックすることで復元できます。

注:外付けHDDでのパーテイション全体が紛失してしまった場合、スキャン中に「紛失パーテイション」という項目が表示され、「紛失パーティション」下でデータを探すのがお勧めいたします。

外付けHDD復旧3

データの保護が完了したら、本格的に消えたファイルがまだ外付けHDDの容量を占める問題を解決するための対処法を皆さんに紹介します。

対処法:消えたデータがまだ外付けHDDの容量を占めている

外付けHDDの使用中に、外付けHDDからデータが何らかの原因によって消えてしまったとしても、依然として外付けHDDの容量を占めていることがよくあります。例えば、

  • ファイルが消えたのではなく、隠されています。
  • ファイルシステムが破損になりました。
  • 「CheckedValue」は変更されました。
  • mirrorイメージが破損になりました。
  • ウィルスアタックでファイルが消えました。

上記の原因によってファイルが消えた場合、外付けHDDの空き容量が全然増えません。それでは、このような問題を解決するには、どうしたらいいですか?次は、効果的な対処法を5つ皆さんに紹介します。

対処法1.Windows 10/8/7で隠しファイルを表示させる

隠しファイルとは、Windowsのシステムにかかわる重要なファイルなどに適用されているファイルのことです。この隠しファイル機能によって、ユーザが誤って重要なファイルの削除や変更などを簡単にできないようになっています。さらに、秘密のファイルを隠しておくのにも利用されています。

「コントロールパネル」の設定を変更することにより隠しファイルを表示させる

1.「スタート」ボタンをクリックします。
「コントロールパネル」から設定コントロールパネル > デスクトップのカスタマイズ > フォルダーオプション を順次にクリックしてください。
2.「表示」タブをクリックします。
3.「詳細設定」で「隠しファイル、 隠しフォルダ―、および隠しドライブを表示する」をクリックして、完成です。

コマンドプロンプトで隠しファイルを表示させる

1.Windowsの検索ボックスで「cmd」を入力して、コマンドプロントを管理者として実行します。

2.外付けHDDの隠しファイルを表示するために、下記のコマンドラインを入力して、エンターキーを押します。

attrib -s -h -r /s /d *.*(外付けHDDがDドライブの場合)

コマンドで隠しファイルを表示する

対処法2.ファイルシステムのエラーを修復

  •  ファイルエクスプローラーで外付けHDDを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
  • 「ツール」を選択して、「チェック」ボタンをクリックします。
  • 「ドライブのスキャン」をクリックします。
  • Windowsが自動的にハードドライブ診断プロセスを実行し、ディスクエラーをスキャンし始めます。
  • 修復プロセスが完了すれば、「OK」をクリックして、パソコンを再起動します。

外付けHDDのファイルシステムエラーを修復する

対処法3.レジストリの値を変更する

  • Windows + Rキーを同時に押して、ファイルを指定して実行のウィンドウを開きます。ここでRegeditを入力してレジストリエディタを開きます。
  • 下記のパスに移動します:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\Folder\Hidden\SHOWAL
  • CheckedValueという項目を見つけて、その値のデータは1であるかどうかを確認します。CheckedValueの値は1ではない場合は、この項目を削除して、DWORを新規に作成して、その値のデータを1に設定してください。

checkedvalueの値を変更する

対処法4.パソコンを再起動して外付けHDDを再接続

メモリ内のミラーイメージが破損していて、オペレーティングシステムがタイムリーな更新に応答しない場合、ファイルが外付けハードドライブから消える可能性があります。この場合、コンピュータを再起動して、外付けハードドライブをPCに再接続してみてください。次に、デバイスでファイルを表示できるかどうかを確認します。

対処法5.ウィルス対策ソフトで外付けHDDをスキャン

パソコン、または外付けHDDがウィルスに感染すると、ファイルが消失してしまって、それらのファイルが依然として外付けHDDの容量を占めていることがよくあります。だから、このような場合、信頼できるウィルス対策ソフトをインストールして、外付けHDDをスキャンして、ウィルスを検出して消去する必要があります。

ウィルスを消去したら、もう消えたデータは元に戻すことがありませんので、一番先に紹介したデータ復旧の対策を参照して、データを復元してください。

結論

外付けHDDから消えたファイルは依然として容量を占めている問題を皆さんに紹介しました。同じような問題を解決するために、上記の対処法を1つずつ参照してください。しかしながら、この問題を解決する対策のいずれも、そのデータを永久消失な状態に至るかもしれないので、事前にデータ復旧ソフトを使って、重要なデータを救うのはおススメです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ