> How to Use > 記憶媒体復旧 > データ復旧|CFDのSSDを復元する方法

データ復旧|CFDのSSDを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: 記憶媒体復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

様々な原因でCFDのSSDのデータがなくなる可能性があります。それでは、消えたデータをどうやってSSDから復元すればいいですか。この記事では、CFDのSSDを復元する方法を皆さんに紹介します。

 

CFDのSSDについて

CFD(シー・エフ・デー)販売は、オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーです。主に、ゲーム用の製品を販売しています。それゆえに、CFDのSSDも、ゲームプレシャーにとって最適とは言えます。書き込み速度にも読み込み速度にも優れていて、価格も他社の同じ規格の製品と比べて3/4に過ぎません。だから、kakaku.comのSSDの売れ筋でベスト1となりました。

価格のSSDの売れ筋

CFDのSSDのデータが予想せずに消えてしまった?

CFDのSSDのデータ紛失の原因といえば、フォーマットや削除のご操作は最も見られています。また、SSDにパソコンに接続して、ドライブアイコンがちゃんと表示されているが、アクセスできない問題もよくデータ紛失を起こさせます。さらに、「フォーマットする必要があります。」「フォーマットされていません。」といったSSDへのフォーマット操作を求めているエラーメッセージもSSDのデータ紛失の原因になりうると思います。

上記のように、SSDからデータが消えた原因は様々あるが、すべて論理障害なので、自宅で復元で着ると思います。論理障害は、上記の場合を含むが、これらに限りません。SSDの水没などの物理損傷以外はすべての場合も論理障害とも言えるでしょう。

それでは、ここで無料のデータ復旧ソフトで簡単にCFDのSSDのデータを復元する方法を紹介します。CFDのSSDへの誤操作や「論理障害」の場合、このソフトを使えば、自宅で無料で紛失データを復元することができます。

注:
SSDには、Trimコマンドというものがあります。SSDの性能が経年劣化するので、このTrimコマンドは、この性能、特に書き込み速度低下化を抑制する機能です。従来の削除操作(Trimがない)は、あくまでも論理的な消去なので、ファイルが隠されるだけ、まだストレージに残ってデータの復旧も理論的に言えば可能です。Trimコマンドは、あらかじめ物理消去してもよい論理アドレスをSSDに通知することで書き込み命令を受ける前に、効率よく物理消去を行なえる可能性が出てきます。結果として、消去を伴なう書き込みが減少して、書き込み速度の低下を抑えることができるようになりました。そこで、TrimがオンにされているSSDで削除操作は不可逆的な操作です。

それにもかかわらず、実際EaseUS Data Recovery Wizardを使ってCFDのSSDの復旧をテストしていた時に、Trim機能がオンにしても復元できた場合は多いです。CFDのSSDのデータが紛失した後、復元時期が早ければ早いほど復元できる可能性が高いです。

3ステップ復元:CFDのSSDのデータを復元する方法

それでは、上記のソフトを用いて、下記のステップに従ってCFDのSSDを復元してみましょう!

ステップ1.「EaseUS Data Recovery Wizard」を開き、復元したいSSDのドライブを選択します。そして、「スキャン」ボタンをクリックし始めます。

 SSD復旧1

ステップ2.スキャンは時間がかかりますので、完成までお待ちください。削除されたファイルを検出してから、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 SSD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。データが再度破壊されないために、ほかの保存場所を選択してください。

SSD復旧3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。